テニス ダブルス

リターン

「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるのがミックスダブルス。

慣れないと男性が女性に対してどれくらいの力で打てば良いのか、分からない・・・といった声もよく聞きます。

しかし、そこは真剣勝負の試合の場。

女性に対してもしっかり攻めていく必要がありますが、力ではなく「技」で攻めることでこちら側もリスクを減らすことができます。

今回は、女性サーブをリターンから効果的に崩していく一手を紹介させて頂きます。

 

「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

 


 

1.基本的には「女性のサーブ」が狙い目

テニスのミックスダブルスでは、女性のサービスゲームは狙い目です。

サーブよりもリターンが得意という女性プレイヤーが多いので、セカンドサーブになればリターン側が優位に立てますので、積極的に攻撃していきましょう。

それでも厄介なのは、前衛にいる男性プレイヤー。

ミックスダブルスに慣れている男性は、確実に女性狙いの配球をケアしてきますので、早めにロブやストレートも混ぜながら、「足止め」しておくことがポイントです。

試合の序盤は、あえてリターンからの男性方向のストレートアタックを混ぜていきましょう。

 

2.女性の前のスペースで「前衛の男子が触れない場所」にボールを送る

前衛の男性をある程度足止めしたら、女性の前のスペースを積極的に狙いましょう。

サーブ&ボレーは自信が無いから、仕方なく雁行陣・・・という女性は、この前のスペースが決定的な弱点になります。

あくまで前に出して触らせるのが目的ですので、ドロップショットとしてのエースは必要ありません。

逆に浅過ぎると男性に触られる可能性もありますので、サービスライン少し手前にバウンドするショートクロスでちょうど良いでしょう。

 

3.浅いリターンが打てれば、「同じ構えからの深いリターン」がより活きてくる

とはいえ、ずっと浅いボールを繰り返していては男性もヘルプに来ますし、女性もサーブから前に走るようにケアしてきます。

そこで有効なのは、同じ構えからの深いリターン。

上手くいけば、相手はデッドゾーンで足元のボールを処理する必要性にさらされますので、かなり有効です。

ポイントは、同じ構えからこの浅い、深い、の2種類のショットを打てるかどうかです。

しっかり練習しましょう。

 

4.「スライスのリターン」だと、前衛の男子がポーチにでにくい

その浅い、深いを同じ構えからコントロールするには、スライスでのリターンが一番有効です。

試合経験が豊富な方はお気付きかと思いますが、スライスのリターンは非常にコースが読み辛く、前衛はロブをケアしてしまいがち。

このストレートへの展開を試合の序盤で見せられると、男性と言えどもあまりポーチに出ることができなくなってしまうのです。

ですのでミックスダブルスでリターンからの展開を優位に進めたいときには、スライスの技術は必須と考えて下さい。

女性のサービスは配球で優位に立ち、男性のサーブはブロックリターンで対応できる。

まさに万能な技術、お勧めです。

 

スライスのリターンは、その価値があまり認められていないテニスの技術の一つだと思っています。

このリターンはシングルスでもとても有効で、特にバリバリのストローカータイプの相手には、リズムを崩して苦手のネットプレーに強引に持ちこむきっかけにもできます。

テニスでは、いつでも「相手を後ろから前に」は移動することができるスポーツです。

遠慮なく、相手を動かしてスペースを作り、ミックスダブルスでも主導権を握っていきましょう!

■ミックスダブルスに使えるアイデア、が豊富な名著です↓

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

    リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。良いサーブ…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  6. テニス ロブ

特集記事

  1. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です
  3. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人が、やりがちなミス5つ
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
PAGE TOP