その他

「小事」が「大事」を生む

目次

これは、元プロ野球監督の野村克也さんの言葉です。

私自身、この言葉の重みをテニスを通じて、すごく感じています。

自分のテニスでもそうですし、このT-PRESSの運営でもそうです。

小さいことの、それこそ誰も見ていないようなことの、繰り返し。

小さいこと、誰でも出来るようなことを、誰も出来ないくらいに信じる、続けていく。

それでしか、大きなことは生み出せないなと。

もちろん、テニスで小さいことを続けていくのは、簡単じゃない。

だからこそ、挑戦しがいがあるんです。

誰だって、見返りが欲しい

練習したら、そりゃ勝ちたい

テニスでも、そう思いますよね。

私生活でも、仕事でもそうだと思います。

やったからには、それなりに対価が欲しい。

練習を頑張ったなら、試合に勝ちたい。

誰だって、そう思います。

でも、当然そうはいかないのがテニスであり、世の中です。

見返りが欲しい、でもなかなか手に入らない。

普通はここで、色々なことを諦めてしまうんですよね。

T-PRESSも、昔は酷かった…

すごく、見返りを求めてました。

ブログを書いたなら、見てもらいたい。

広告を貼ったなら、収益が欲しい。

もう、小さいことを積み重ねる前に、大きなことを求めている。

これでは、何も上手くいく訳なかったんです。

全然、読者の方を向いていなかったですからね。

小さいことを、しっかりと続けていく、読者の方をイメージしながら常に自分自身がチャレンジしていく。

そう決めた時から、T-PRESSも良い感じのサイトになってきたように思います。

もちろん、まだまだですけどね。

必ず、見ている人はいる

小さいことの積み重ねが、大きなことにつながる。

私は最近、本当にこれを感じます。

ブログにしても、YouTubeにしても、小さいことを続けてきた結果、色々な大きなことにつながって来ました。

感じるのは、「あぁ、見てくれている人は、いるんだな」ということ。

それが実際の人なのか、神様なのか、は分かりませんが、すごく実感します。

そしてまた、新しい小さなことを積み重ねていくんだな、と。

この歩みを止めないように、すぐに見返りを求めないように。

「小事」が「大事」を生む。

少し早いですが今年一年を振り返るなら、まさにこの言葉に集約されているように思います。

北山選手との、出会い

最初の印象は…

とにかく、すごく真っすぐだな、と。

眼が澄んでいて、でもその奥にしっかり野心というか、自分のアイデンティティーのようなものを秘めている。

それも、強い秘め方をしているな、という印象でした。

何より、実績が無いところから自分でアクションを起こし、アルバイトをして海外に留学、日本の大会からグランドスラムを目指す。

こういう姿勢に、惚れました。

以前も書きましたが、日本のテニス界って派閥社会、階級社会です。

いつまでも身内で競って、小さいプライドの塊みたいな人が多い。

そこに一緒に、一石を投じていきたいなと。

そう感じてこの度、YouTubeを一緒に運営していくことになりました。

北山選手こそ、みなさん自身です

私は、この北山選手のチャンネルを通じて、みなさんに伝えたいことがあります。

このチャンネルでは、T-PRESSのように細かい技術や解説をするつもりはありません。

北山選手の素顔であり、姿勢、そして秘めた野心とその行動力、これを生々しくお届けしたいと考えています。

つまりは、それはテニスの試合にチャレンジしていく、みなさん自身そのものです。

北山選手の動画を観て、感じて、みなさん自身が勇気付けられるかどうか。

テニスが、行動が、生活が変わるかどうか。

私は、これが今からすごく楽しみです。

これからに、ぜひご期待下さい

とにかく、人間臭いチャンネルを目指します。

視聴者の方の心を震わせることが出来るような、チャレンジングな企画やドキュメンタリー、これを創り出したい。

ぜひ、チャンネル登録してみて下さい。

まだまだ、選手としてもチャンネルとしても不完全です。

だからこそ、みなさんと一緒に成長したい。

私自身も、もっと編集力やプロデュースの面で力を付けていかないと…と感じています。

改めて、北山選手のYouTubeチャンネルはコチラです。

運営・更新頑張りますので、登録宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  2. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いしない」ことを意識しま…

    悪気は無いんだけど、相手の印象を悪くするマナー違反、のようなことがテニ…

  3. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じておこう

    サイトをご覧になっている方の中には、今中学生、高校生の方も多いと思いま…

  4. テニス ミーティング
  5. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実につ…
  2. ダブルス

    相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ
  4. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる
  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ
PAGE TOP