その他

「小事」が「大事」を生む

これは、元プロ野球監督の野村克也さんの言葉です。

私自身、この言葉の重みをテニスを通じて、すごく感じています。

自分のテニスでもそうですし、このT-PRESSの運営でもそうです。

小さいことの、それこそ誰も見ていないようなことの、繰り返し。

小さいこと、誰でも出来るようなことを、誰も出来ないくらいに信じる、続けていく。

それでしか、大きなことは生み出せないなと。

もちろん、テニスで小さいことを続けていくのは、簡単じゃない。

だからこそ、挑戦しがいがあるんです。

誰だって、見返りが欲しい

練習したら、そりゃ勝ちたい

テニスでも、そう思いますよね。

私生活でも、仕事でもそうだと思います。

やったからには、それなりに対価が欲しい。

練習を頑張ったなら、試合に勝ちたい。

誰だって、そう思います。

でも、当然そうはいかないのがテニスであり、世の中です。

見返りが欲しい、でもなかなか手に入らない。

普通はここで、色々なことを諦めてしまうんですよね。

T-PRESSも、昔は酷かった…

すごく、見返りを求めてました。

ブログを書いたなら、見てもらいたい。

広告を貼ったなら、収益が欲しい。

もう、小さいことを積み重ねる前に、大きなことを求めている。

これでは、何も上手くいく訳なかったんです。

全然、読者の方を向いていなかったですからね。

小さいことを、しっかりと続けていく、読者の方をイメージしながら常に自分自身がチャレンジしていく。

そう決めた時から、T-PRESSも良い感じのサイトになってきたように思います。

もちろん、まだまだですけどね。

必ず、見ている人はいる

小さいことの積み重ねが、大きなことにつながる。

私は最近、本当にこれを感じます。

ブログにしても、YouTubeにしても、小さいことを続けてきた結果、色々な大きなことにつながって来ました。

感じるのは、「あぁ、見てくれている人は、いるんだな」ということ。

それが実際の人なのか、神様なのか、は分かりませんが、すごく実感します。

そしてまた、新しい小さなことを積み重ねていくんだな、と。

この歩みを止めないように、すぐに見返りを求めないように。

「小事」が「大事」を生む。

少し早いですが今年一年を振り返るなら、まさにこの言葉に集約されているように思います。

北山選手との、出会い

最初の印象は…

とにかく、すごく真っすぐだな、と。

眼が澄んでいて、でもその奥にしっかり野心というか、自分のアイデンティティーのようなものを秘めている。

それも、強い秘め方をしているな、という印象でした。

何より、実績が無いところから自分でアクションを起こし、アルバイトをして海外に留学、日本の大会からグランドスラムを目指す。

こういう姿勢に、惚れました。

以前も書きましたが、日本のテニス界って派閥社会、階級社会です。

いつまでも身内で競って、小さいプライドの塊みたいな人が多い。

そこに一緒に、一石を投じていきたいなと。

そう感じてこの度、YouTubeを一緒に運営していくことになりました。

北山選手こそ、みなさん自身です

私は、この北山選手のチャンネルを通じて、みなさんに伝えたいことがあります。

このチャンネルでは、T-PRESSのように細かい技術や解説をするつもりはありません。

北山選手の素顔であり、姿勢、そして秘めた野心とその行動力、これを生々しくお届けしたいと考えています。

つまりは、それはテニスの試合にチャレンジしていく、みなさん自身そのものです。

北山選手の動画を観て、感じて、みなさん自身が勇気付けられるかどうか。

テニスが、行動が、生活が変わるかどうか。

私は、これが今からすごく楽しみです。

これからに、ぜひご期待下さい

とにかく、人間臭いチャンネルを目指します。

視聴者の方の心を震わせることが出来るような、チャレンジングな企画やドキュメンタリー、これを創り出したい。

ぜひ、チャンネル登録してみて下さい。

まだまだ、選手としてもチャンネルとしても不完全です。

だからこそ、みなさんと一緒に成長したい。

私自身も、もっと編集力やプロデュースの面で力を付けていかないと…と感じています。

改めて、北山選手のYouTubeチャンネルはコチラです。

運営・更新頑張りますので、登録宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

  2. テニス メンタル

    その他

    みなさんのストリングについて、教えて下さい

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います。今回、…

  3. テニス 観察

    その他

    「ダブルス、ごめんね。」プロテニス選手の大会参加事情

    基本的にシングルをメインに、プロテニス選手は活動している。最初…

  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  6. その他

    YouTubeでテニス、変わりましたか?

    私たちT-PRESSが最初にYouTubeに動画を投稿したのが約3年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる
  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
  3. その他

    テニスにおいて、遠慮は保身
  4. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に…
  5. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
PAGE TOP