テニス サーブ

サーブ

「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。

それはお馴染み、「サーブのスピードガンコンテスト」。

私ももちろん、経験があります。

速いことこそ、美学だと思うのは、誰でも一度は経験あるんじゃないでしょうか。

でも実際に試合で打てるかというと・・・やっぱり怪しいですよね。

 

「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

 


 

■速いサーブは、「痛める・疲れる・負けてしまう」の三拍子

人によって「速い」と思う速度に差はあると思います。

男子高校生でしたら、170kmくらいでしょうか、誰が見てもまずまず速いサーブは。

これがコンスタントに打てて、7割くらいの確率で入るなら試合で苦労はしない。

インターハイ2回戦進出、くらいは確定でしょう。

ですがもちろん、そんなに甘いもんじゃないですよね。

速いだけのサーブは、肩を痛めやすいし、すぐに疲れる、そして結果的に入らないから試合にも勝てない。

強い選手ほど、それが分かっているから試合で使い分けている。

ジョコビッチ選手なんかが、良い例でしょう。

 

■強い選手は、本当はもっと速いサーブが打てる

ジョコビッチ選手、その他世界のトッププロは良い意味で加減している。

本当はもっと速いサーブを打てるけど、打たない。

なぜなら温存、バランスという意味もありますが、ここぞという場面に取っておく余裕があるから。

速いサーブに躍起になっている人って、とにかく余裕が無い。

サーブを打つことが目的になっているから、ラリーになったらもうてんてこ舞。

スピードガンコンテストは、試合でやっても見苦しいだけです。

 

■4-5、30-40 相手のマッチポイントで、どんなサーブが打てる?

ちょっと、イメージしてみましょう。

大事な試合で、アナタはピンチな状態、相手のマッチポイント。

ゲームカウントが4-5、30-40のカウントで、アナタはどんなサーブが打てますか?

ファーストを思い切っていくか、それとも確実に入れてラリー勝負、サーブ&ボレー?

どれも正解はありませんが、この場面で打てるサーブこそ、アナタの真のサーブだと思って下さい。

緊張した場面でこそ、どんなサーブが打てるか・・・で、アナタの自力が分かります。

 

サーブは楽しい、と思えることが大事。

速いサーブが打てるようになったら、楽しいのは分かります。

ですがその楽しさ・・・ちょっと視点を変えましょう。

試合では少しペースを落として、相手の逆を取ったりラリー、ボレーにつなげていくともっと楽しい。

そしてリードしたポイントでは、徐々にサーブスピードも上げていく。

そんな戦い方のほうが・・・カッコイイ、と思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ

    テニスの試合でダブルフォルトが多い人の特徴として、「差」があり過ぎる人…

  2. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  3. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップ、ボールは斜めに持つのが基本

    サーブのトスアップ、色々とコツはありますが・・・以前にも書いたことのあ…

  6. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  2. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人
  3. テニス 準備

    日々の雑記

    成長していける人は、自分の通過点を確認出来ている
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識でフットワークは、大きく変わります
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らか
PAGE TOP