テニス イベント

練習メニュー

「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。

ですが、アナタ自身テニスの練習をしている中で、この意識は常に頭の片隅に入れておいて欲しい。

楽しい、という言葉は、楽(らく)と同じ意味を持っている。

この危険性に気付いておくことが、大事です。

 

「毎日の練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

 


 

1.出来ることだけを練習して楽しいのは、うわべだけ

私も過去に、練習でたくさんの反省があります。

高校時代は、「出来ること」しか基本的に練習しなかった。

勉強で言えば、自分が出来るようになった簡単な公式、例題以外はやらないのと同じ。

これで、学力が向上する訳ありませんよね。

出来ることだけをやって楽しい、というのは、実はうわべだけ。

本当の楽しさって、何かを乗り越えて新しいことを身に付ける楽しさ、なはず。

 

2.練習はきつい、試合は楽、を基本ラインに設定しよう

試合に強い人は、もっと厳しい練習環境を設定している。

試合が厳しいのって、体力的なものより精神的なもの、じゃないですか。

普段の練習から、試合と同じくらいの緊張感で精神をすり減らしているかどうか、が現場で強さになる。

練習で楽しんでいる人ほど、試合では苦しんでいる。

厳しいようですが、この事実にまず目を向けるべきでしょう。

 

3.練習も勝負であり、記録を残すことが大事

私は社会人になり、練習時間が限られるようになってから、意識しているのはこれ。

練習の1つのラリーにしても、ネットを挟んだ相手との勝負だということ。

そして、テニスノートに試合結果、練習結果を記録していくこと。

何も残らないと思えば、楽しい・・・というか、気楽で良いですよね。

でも、実際の試合は結果として出るし、変えられない過去として残る。

せめてこのギャップを埋めていく動き、必要だと私は思います。

 

毎日頑張って練習している方、たくさんいると思います。

すごく立派なことですし、継続してもらいたいのですが、やはり試合に「勝てる」ようになる練習になっているかどうかは、常に意識して欲しい。

「ちょっと待て、練習を楽しんでないか?」という問いかけ、大事です。

部活にせよサークルにせよ、強い選手になるには必要な気付きでありステップです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 体力

    練習メニュー

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話

    私自身、テニス以外のスポーツも好きでしたが、音楽についてはからっきし興…

  2. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  4. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点

    練習環境には恵まれているのに、試合で勝てない。試合中に、自分の…

  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  6. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー

    ダブルスの並行陣、いざ試合で使おうと思うと・・・。結構相手前衛…

特集記事

  1. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識してい…
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする
  4. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー
PAGE TOP