テニス 打点

日々の雑記

素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い

それにしても・・・みなさんのアンケートを読んで頂いていて感じたのですが・・・。

都心部、東京・神奈川・大阪のみなさんは、「テニスコートが取れない」ことでかなりお悩み、ですよね。

私自身もそうです。

 

正直、かなり都内のコートは私営も含め詳しい方ですが、まず土日はなかなか取れない。

1時間1万円、くらい出せばなんとなか取れることもありますが、それでもせいぜい2時間くらい、で人数を集めないと金額がどえらいことになる・・・。

最近では公営コートが取れないのが当たり前、に思えているので、感覚がマヒして来ました。

きっとみなさんも、練習場所の確保には苦労されている方も多いんじゃないでしょうか。

色々と事情はあると思いますが、これってすごく、日本のテニス界にとって危機的な状況だと思うんですよね。

 

全日本テニス選手権大会、今まさに有明で開催されています。

ご存知の通り、今年で有明テニスの森公園ではラストの開催。

オリンピックに向けて、改修工事が始まるので喜ばしい限り・・・でしょうか?

そんなことより、もっと草プレイヤーが使えるコート、増やして欲しいですよ、本当に。

 

私がこう考えるくらいですから、ちょっと仲間内でテニスがしたい、初心者だけどやってみたい・・・という方は、行き場が無いですよね。

いきなり打てる人たちと一緒にやるのは不安だし、かと言って自分たちで練習しようにも、場所が無い。

こういう初心者にとって高い障壁があるスポーツって、すごくダサいと思うんです。

テニスって、面白いと感じるまですごく時間のかかるスポーツ。

だからこそ、初心者の方ほど気軽に出来る場がないと、競技人口は絶対に増えない。

そして、試合に出ている人はもっと気軽に、自分と同じレベルの人と試合したり練習したり出来る場を増やさないと、続ける動機が持たない。

 

「仕方ないじゃん」となっている部分、ありますよね。

今年の楽天オープン、観客全然いませんでしたね。

錦織選手が出ないと、こうも違うのかと。

どうせ今年で壊される施設だし、ということだと思うんですが、全てが雑に思えて仕方ない・・・んですよ。

私が書いたところで何にもならないと思いますが、これだけは言えますよ。

日本テニス界って、すごくダサいし、恥ずかしい!

 

試合に出ている人たち、の方がよく考えているし先を見ている。

ファッションだってそうですよね。

ザ・テニスウェアを着ている人、ラケットバッグを持っている人も少なくなってきている。

読者のみなさん、プレイヤーのみなさんが先に進んでいるんですよ。

そこにサービスや大会、ソフトが遅れている。

 

少なくとも、このT-PRESSのサイトでは、みなさんに「先」の景色を見せていけるように。

私自身勉強して、邁進していきたいと思います。

現状維持、去年と同じは衰退でしかない。

そう心に決めて、みなさんに色々と厳しいことを書いている以上、私も頑張ります。

という宣言、でした。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. + POWER CUP について
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある

    私が住んでいる横浜、去年くらいからすごく感じることがあります。…

  2. テニス 陸上

    日々の雑記

    1つのことだけに集中する、だけが素晴らしいことじゃない

    少し前の話になりますが、先週末に行われた陸上の日本選手権。男子…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず

    日本シリーズ、ソフトバンクホークス強かったですね。第6戦は私も…

  4. 日々の雑記

    サンタの恰好をするテニスコーチ、に一言

    私は昔、苦手でした。この時期になると、みんなでサンタの恰好を…

  5. 日々の雑記

    「僕、ボレーしか出来ないんですよ」という人って、大抵すごくテニス上手い件

    これって、テニス界のあるある、だと思いませんか?私は大学生の後…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近はずっと、関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?
  2. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ
  3. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?
  4. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう
  5. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる
PAGE TOP