テニス サーブ

練習メニュー

「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャンスです

面倒くさいと思うのか、チャンスだと思うのか。

学生の皆さんからすると、正直面倒、と感じる方が多いと思います。

私自身、そうでした。

交代で下級生に球出ししたり、初心者に教えたり・・・を、どこか軽く考えていたように思います。

今、30歳を超えて一番後悔しているのは、この部分です。

 

「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャンスです

 


 

1.人に何かを教えるときに、人は最高に成長出来る

その時は気づいていなくても、後から「あの経験が、自分を成長させたな・・・」という経験は、皆さんも少なからずあるはず。

テニスのようなスポーツも、人に教えているときが実は最高に自分が成長出来る場面。

避けたくなる気持ちもあるでしょうが、自分を成長させる為にぜひ、真剣に誰かにテニスを教えるという機会を大事にして欲しい。

真面目に、自分なりに考えて伝えることが出来れば、それが正解なのです。

 

2.「間違ったことは、教えられない」というのは、間違い

真面目な方ほど、人に何かを教えるのに億劫になる。

「間違ったことは、絶対に教えられないしな・・・」と考えると、そりゃ何も言えなくなりますよね。

ですがそれって、名コーチですら何が正解か分からない中、手探りでやっている部分。

ましてや素人で、少しだけテニス歴が長いだけの間でのアドバイスなんて、間違いだらけ・・・で良いんです。

なぜなら、「試す」場は少しでも多いほうが教えられた側の成長になる。

そして教えた側には、責任が生じるからです。

 

3.教えた側は、自分で実践する責務を負う

当たり前ですが、「自分で言ったことは、自分もやる」という感覚が、自然に生まれてくる。

テニスの練習は、自分自身でしっかり管理していかないと誰も注意してくれない。

先生や監督、コーチが怒鳴ってくれる練習なんて、せいぜい小学生まででしょう。

そこから先は、自分自身で自分をプッシュしていく。

この当たり前のことを実践していくには、誰かにテニスを教えて、自分に責任を課すことが一番効果的です。

 

テニスを言葉にすることは、自分にとって必ずプラスになる。

言葉にすることで具体性が生まれますし、作戦でも何でも整理出来る。

テニスを感覚でしかとらえられない、表現出来ないと・・・試合の現場で狂ってしまったら取り戻せない。

ぜひ、身近な人でテニスを始めた人がいたら、積極的にコミュニケーション取ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  2. 練習メニュー

    試合で使う打ち方って、何通り?

    テニスの試合で、実際に打つ「打ち方」について。これって、何通…

  3. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い

    言葉で書くと、挑み戦う。挑戦という言葉は、私はこの4月の時期に…

  5. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる

    部活やサークル、社会人チームやテニススクール。皆さんも色々な環…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス

    なかなか、練習の成果が出ない。結果につながらない・・・と、悩ん…

特集記事

  1. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
  5. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
PAGE TOP