テニス サーブ

練習メニュー

シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

シングルスの試合は、ストロークラリー中心。

なプレースタイルの方がほとんどだと思いますが、だからこそ実は効果的なのがサーブ&ボレーという作戦。

シングルス向けに、思い切った練習をしっかり行ってみましょう。

 

■人数:4~10人

■レベル:初中級~上級

■目的:シングルスの試合で有効なサーブ&ボレーを身に付けていく

 


 

【練習内容】

サーブ役、リターン役を作ってシングルスのポイント練習。

サーブ側は必ずサーブ&ボレーを実施、ファーストボレーを早めに止まってサービスライン後ろでボレー。

そのボレーを、必ず前に落とすドロップボレーで対応する。

積極的にオープンスペースに打って、相手を走らせてミスを誘うのが目的。

ボレーを無理に深く打とうとしてミスするより、シンプルに奇襲、で前のスペースを使うことを意識する。

 

【発展練習】

リターン側は相手が前に来る、と分かっているので、ロブを混ぜたり足元のショットを狙う。

サーブ側はそれに対抗したポジショニング、ドロップボレーでコースを突けるように。

しっかり前に出て、相手にプレッシャーをかけること。

慣れてくれば、リターン側もリターンダッシュを入れても面白い。

お互いがプレッシャーをかける中で、どういう守備、攻撃の選択肢が持てるかを確認すること。

 

【ポイント】

奇襲作戦としてのオプション活用、を意識する。

たまにサーブ&ボレーを入れることで、実際の試合は相手にプレッシャーがかかる。

キレイなサーブ&ボレーではなくとも、やっと届いてドロップボレー、でも立派なサーブ&ボレーの良い形。

大事なのは、前に出ることで相手がプレッシャーを感じる、ということを感じられるかどうか。

多少抜かれても気にしない、くらいで練習していきましょう!

 

シングルスの試合こそ、実はサーブ&ボレーが有効。

格上相手には、絶対にこういった奇襲作戦は有効です。

ドロップボレー、は難しい技術ですがこの機会にどんどんトライしましょう。

ハッキリ相手にも「前を狙っている」と思わせることが、大事です!

年配の方こそ、前に走るプレッシャーは必要。

ぜひ、普段のシングルス練習の中で組み込んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険

    テニスは練習で上手くなる。これは、ある意味危険な発想だと私は思…

  2. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  5. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

    テニスコート上での練習、テニスサークルやテニス部、テニススクールのクラ…

  6. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

    練習の後半、試合形式でのポイント練習。私は学生時代、すごくこれ…

特集記事

  1. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上…
  3. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくこ…
  4. テニス 戦術

    その他

    「上手くなりたい」って、簡単じゃない
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?
PAGE TOP