テニス サーブ

練習メニュー

シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

シングルスの試合は、ストロークラリー中心。

なプレースタイルの方がほとんどだと思いますが、だからこそ実は効果的なのがサーブ&ボレーという作戦。

シングルス向けに、思い切った練習をしっかり行ってみましょう。

 

■人数:4~10人

■レベル:初中級~上級

■目的:シングルスの試合で有効なサーブ&ボレーを身に付けていく

 


 

【練習内容】

サーブ役、リターン役を作ってシングルスのポイント練習。

サーブ側は必ずサーブ&ボレーを実施、ファーストボレーを早めに止まってサービスライン後ろでボレー。

そのボレーを、必ず前に落とすドロップボレーで対応する。

積極的にオープンスペースに打って、相手を走らせてミスを誘うのが目的。

ボレーを無理に深く打とうとしてミスするより、シンプルに奇襲、で前のスペースを使うことを意識する。

 

【発展練習】

リターン側は相手が前に来る、と分かっているので、ロブを混ぜたり足元のショットを狙う。

サーブ側はそれに対抗したポジショニング、ドロップボレーでコースを突けるように。

しっかり前に出て、相手にプレッシャーをかけること。

慣れてくれば、リターン側もリターンダッシュを入れても面白い。

お互いがプレッシャーをかける中で、どういう守備、攻撃の選択肢が持てるかを確認すること。

 

【ポイント】

奇襲作戦としてのオプション活用、を意識する。

たまにサーブ&ボレーを入れることで、実際の試合は相手にプレッシャーがかかる。

キレイなサーブ&ボレーではなくとも、やっと届いてドロップボレー、でも立派なサーブ&ボレーの良い形。

大事なのは、前に出ることで相手がプレッシャーを感じる、ということを感じられるかどうか。

多少抜かれても気にしない、くらいで練習していきましょう!

 

シングルスの試合こそ、実はサーブ&ボレーが有効。

格上相手には、絶対にこういった奇襲作戦は有効です。

ドロップボレー、は難しい技術ですがこの機会にどんどんトライしましょう。

ハッキリ相手にも「前を狙っている」と思わせることが、大事です!

年配の方こそ、前に走るプレッシャーは必要。

ぜひ、普段のシングルス練習の中で組み込んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスター…

  2. 練習メニュー

    プロ選手の練習会で、気付かされた練習の本質

    先日取材させて頂いた、プロ選手の練習会。そこでの練習を見て、…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

    シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

  5. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?

    テニススクールでよく観る光景ですが、練習と試合が全く別になってしまう。…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

特集記事

  1. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない
  2. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!…
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークに、スランプや調子の波は無い
PAGE TOP