テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。

そんな方も、実際多いと思います。

ですが、私はある程度、ベテランやシニアの方でもシングルスの試合には出た方が良いというスタンスです。

シングルスの試合、に出るということ。

それだけでも、自分を知ることが出来ますからね。

 

シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

 


 

1.逆境こそ、自分を知ることが出来る

シングルスの試合、慣れていない人にとっては辛い。

コートを一人で守らないといけないし、サーブもリターンも打つ回数はダブルスの倍。

嫌でも、自分のテニスの全てが、試合で出てしまう。

ある意味、厳しい環境、逆境とも言えるのがシングルスの試合なら、そこで自分を知ることが出来る。

自分を知ること、つまりは健康診断のようなものなんです。

 

2.シングルスの試合では、誤魔化しが効かない

前後左右、全てをカバーする力。

それから、サーブやリターンをどういうコースに打つのか、というのを決めるもの、全て自分。

誤魔化しが効かないんですよね、実際。

シングルスの試合では、健康診断のつもりで、全部の技術を出すつもりで良い。

そこで病が見つかったら、それは逆にしめたもの。

本当に頑張りたい試合がダブルスなら、そこで必要な技術も鍛えていけますからね。

自分からシングルスの試合に出る、という意志がまず大事になって来ます。

 

3.自分を信用すること、が出来るようになる

シングルスの試合で経験を積めば、これが溜まっていく。

自分を客観視して、「あ、自分はこういうのは得意なんだな」というのに、気付けるようになる。

自分を信用出来るようになるのは、やっぱりシングルスの試合での経験が大事。

ダブルスなら、どんな時でも2人での仕事、になりますからね。

自分を信用することが出来る、そんな選手になりたいなら、シングルスの試合に出ること。

繰り返しますが、女子選手やベテラン選手にほど、必要な考え方だと思います。

 

4.実際にテニスには、「健康診断」も資格更新も無い

私たちがテニスをしていても、なかなかその実力は分からない。

TOEICのようなスコアも出ないし、人間ドックのような検査も無い。

だからこそ、曖昧になっていくんですよね。

曖昧だから、自分を信じられない。

だからこそ、自分で積極的に診断していかないと。

厳しい結果が出ても、シングルスの試合に出ていくこと。

これが出来る人は、テニス以外でも間違いなく、力強く生きていけると思いますよ。

 

シングルスの試合は、確かに厳しいですよ。

結果を一人で受け止めないといけない。

だからこそ、結果以外の部分で、価値も見出していきたい。

「自分の健康診断なんだ」と。

そう思ってプレー出来れば、ミスや敗退でもメンタルを維持出来る。

そうは思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返球セオリー

    シングルスで格上シード選手と対戦。粘りたいけど、どんどん打ち込…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  4. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  6. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です
  2. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  3. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
PAGE TOP