テニス クレーコート

シングルス

シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。

その要因は、ちょっと根深いかもしれません。

シングルスの試合で勝ちたいなら、もっとしっかり考えるべきこと。

それは、練習と試合との違い。

特に、雰囲気や景色は、ダブルス以上に違うのですから。

 

シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

 

1.普段はグループ練習、でも試合では?

きっと、アナタ自身も感じているでしょう。

大人数で練習している中で、いきなり1対1、での試合になる。

コートの中に、2人きり。

これは、かなり景色が違うことを覚悟しておかないといけない。

普段の練習は、テニススクール等では1面10人以上の練習も普通でしょう。

その中で、かなり雰囲気が違う・・・ことを、意識しておかないと。

とにかく、シングルスの試合って雰囲気がすごく独特。

アナタ自身、覚悟しておかないといけないですよ。

 

2.対戦しているのは、相手だけではない

アナタ自身、対戦相手以上に気になりませんか?

周りで見ている仲間、観客、相手の応援・・・。

シングルスの試合、それはアナタ一人で乗り越えていかないといけない。

対戦しているのは相手だけではなく、多くの人がいることを忘れてはいけないんですよね。

周りの人が見ている、というのは練習では無いですしね。

試合で急に、ここまで環境が変わる。

これは、シングルスの試合は特に顕著だと思います。

 

3.景色が違うから、メンタルが乱れていく

これが、現実です。

景色が違うからこそ、メンタルが崩れていく。

いつも通りに、と思っても、人間ですからね。

難しいことの方が多い。

試合の緊張感は、慣れても慣れても、難しいものと覚悟しましょう。

景色が違う、ということは怖い。

テニスだけじゃないと思います。

こういう違う景色、緊張感がある場面を、自分から求めていかないと厳しいでしょう。

 

4.試合が特別なもの、になっていると勝てない

試合が特別なもの、になってはいませんか?

確かに、大事な試合は特別なもの、です。

でも普段から、試合を特別なもの、にしてしまってはいないか。

これは、同じ環境で限られたメンバーだけで試合をしていると、ついそうなってしまうんです。

試合が特別、いつもと景色が違う・・・ようなことは、自分自身で創り出していること。

シングルスの試合、実はメンタルが強い人って、こういう「外の世界」への意識が強い人。

目の前の景色、を受け入れる。

全ては試合に勝つために、必要なことです。

 

でも、なかなか練習出来ないですよね、少人数での。

緊張感を作るのは、本当に難しい。

簡単に外の世界、シングルス練習、も出来ないと思います。

普段の練習の中で、まず何が出来るのか。

これをしっかり、日々考えておく必要があるでしょう。

試合と練習では、目の前の景色が違う。

今、何が出来るのか。

一緒に考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  2. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと
  2. テニス ストローク

    ストローク

    試合でストロークを置きにいってしまう人は、「打点をなるべく身体から離してみる」と…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注…
  5. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わ…
PAGE TOP