テニス ストローク

シングルス

アタック後のポジション、ボール方向へ

シングルスの攻撃の基本、改めて確認しておきましょう。

これは、当然ダブルスでも使える考え方です。

攻撃力を落とさない、その秘訣はポジショニングに有り。

テニスの試合で使うボールは、1つだけですからね。

 

アタック後のポジション、ボール方向へ

 


 

1.自分が打った方向、からしかボールは来ない

飛んで来るボールは1つ、相手も1人。

これがテニスのシングルスの試合です。

打って来る相手と場所は決まってる、だから実は何も慌てる必要は無いんですよね。

自分が打ったボールの方向に、動いていく。

攻撃しているなら、なおさらこの意識が大事です。

自分が打った方向にポジションを進めていくだけで、次に攻撃しやすくなる。

それがテニスという競技です。

 

2.アタックした後、が何より大事!

攻撃してもなかなか決まらない人は、アタックの後が甘い。

自分が打つボールの威力だけ、に頼っているから決め切れない、粘りを許してしまうんです。

打った後に、自分でポジションを変える。

攻撃しているなら前に出るし、厳しいなら下がる。

この「前に出る」って、何もネットに出るだけじゃないですよ。

自分のポジションを少し前にする、横にずらす、これだけでもかなり効果がある。

攻撃力を落とさない、つながっていくプレーを意識しましょう。

 

3.攻撃を続けていく・・・ということは?

シンプルに、相手との距離を詰めていくということ。

相手との距離を、少しずつ詰めていけば、それは相手へのプレッシャーになり良い攻撃、になります。

でも、ここでポジショニングを間違えてしまうと、あっさり抜かれてしまう。

自分がボールを打った方向に詰める、という基本を必ず覚えておくこと。

攻撃を続けていけば、相手が打ってから自分が打つまでの時間がどんどん短くなっていく。

少しの油断やポジショニングのミス、が命取りになりますから。

高い意識、で練習しておかないと試合では足下をすくわれます。

 

4.「よく分からないな・・・」という人は?

とにかく、ボールの方向へ詰める。

ダブルスでも使えるこの基本を、まずは実践してみましょう。

意外と、自分のポジションから動かない、何があっても変わらない人って多いじゃないですか。

そこをまず、離れてみる、卒業してみる。

これだけでも、だいぶ違うと思いますよ。

ボールを打った方向に詰めれば、攻撃は続けていけるんだと。

気付けるだけで、かなり試合では違うと思います。

 

ポジションって、どんどん変えて良い。

変えないと、攻撃の手は緩むし、守備は疎かになる。

テニスコートの上で、どこに立てば効果的なのか、もう一度考えてみて下さい。

試合で強い人って、結局こういうテクニックが上手いだけ。

技術的には、ほとんど差が無かったりしますからね。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  4. テニス ストローク
  5. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  3. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる
  4. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
PAGE TOP