テニス ダブルス

テニススクール

テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ

テニススクールで、私が仕事をしていて感じたこと。

テニスの実力に関わらず、これが出来るとカッコイイ!と思えることは、たくさんありました。

こういう仕草が出来ている人って、自然と周りに人と情報が集まるし、テニスも強くなっていく。

だからこそ、必要なのは「意識して、実践していく」ことだと思いますよ。

最初は勇気が要りますが、習慣化してしまえば良いんです、何事も。

 

テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ

 


 

1.近くのボールを避けてあげる

これ、意外と出来ない人多いんですよね。

自分のことだけで、視野が狭い。

気付いて避けてあげることが出来ると、担当コーチとしてはとても助かります。

プレーを止めてどける、というのは本人にとってもストレスですし、時間がもったいない。

近くにいる人が、その近くでプレーしている人の足下をケアしてあげる。

これが自然と出来る人って、間違いなく試合でも視野が広いし、コートを広く使えるテニスが出来る人ですね。

 

2.振替の人を大切にする

レギュラークラスの人とだけ仲良くして、振替に冷たい人っていませんか?

こういう人は、内輪の中だけでテニスがしたい人、ですのできっと試合にも興味が無い人でしょう。

振替で来る人、こそ実は新しいテニスを持っているし、ラリーするだけでいつもの倍練習になる。

出来るだけ積極的に絡んでいく方が、アナタ自身のテニスの上達にもつながっていく。

外との接点を積極的に持とうとする人は、いつでも上達も早いし素敵です。

 

3.球出しで先頭に並ぶ

特にコーチから指定が無い限り、球出しは先頭に並ぶ。

なかなか、出来ないですよね。

最初はみんな、様子を見たいですから。

先頭の球出しって、リズムがつかみにくいし失敗しやすい。

それでも、積極的な姿勢を見せてくれる人はコーチにとってすごく助かります。

クラス全体、も良い雰囲気になりますからね。

ぜひ、アナタ自身意識してみて下さい。

 

4.質問はレッスン後に、手短に

色々な質問事項、コーチも大歓迎。

でも出来れば、長くなりそうならレッスン後がベターでしょう。

レッスンのコーチとのラリー後に、あまり長く質問しているとレッスン全体の流れを止めてしまいがち。

レッスン後に、手短に自分の意見を添えて相談してみる。

あくまで、主役は自分というスタンスが大事です。

その方が、コーチもアドバイスしやすいと思いますよ。

 

5.レッスンテーマに沿って、コントロール勝負

これが、私が一番やって欲しいこと、です。

レッスンの大きなテーマ、をラリー練習の中でみんなで実践していく。

それも、コントロール重視で、しっかりと台になる生徒の意識が大事。

自分がやりたいテニス、をやるだけならテニススクールである必要なんて無いですから。

ローボレーがテーマなら、ストローク側の台の生徒は必死で出来るだけ、ローボレーを打たそうと頑張る。

その頑張りこそ、試合での安定感にもつながるはずです。

 

「何でお金払って行ってるのに、そこまで気を遣わないといけないの?」と思う方も多いでしょう。

確かに、生徒はお客さんかも知れませんが、それではもったいない。

試合に勝ちたいなら、テニススクールでは「素敵な生徒」になる必要があると思います。

私の経験値では、こういう生徒さんはまず、試合でも成果を出していく。

多少上手くても試合で勝てない人は、やっぱりレッスンでも気が利かない、自分本位の生徒さんなんですよね。

結果的に、試合に勝ちたいなら。

考えて行動を興すこと、が大事です。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  2. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

  3. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  4. テニス ストローク
  5. テニス センス

    テニススクール

    省かれた言葉を、見つけ出せ

    何となく、アドバイスの理解が遅い…。もし、ご自身でそう感じて…

  6. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖く…
  2. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由
  3. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る
  5. ストローク

    トップスピンストロークの基本は、グリップをラケットヘッドが追い越していくフォロー…
PAGE TOP