テニススクール

1対n の教育では、強くなれない

目次

テニスの試合に強くなりたい。

指導してもらっているのに、なかなか成果が出ない・・・と悩んでいるみなさん。

私は最近特に思うんですが、この「指導」って難しい。

特に、私たちが経験してきたような形は、テニスの上達には難しいんじゃないかと。

先生がいて、生徒がいる。

そりゃ、生徒は楽ですよ。

 

1対n の教育では、強くなれない

 


 

1.テニススクールのレッスン、学校と一緒

中学、高校の授業に近い気がします。

先生がいて、生徒がいる。

これが当たり前になっているのが、すごく怖い気がします。

1人対多数、でその多数の人たちはほとんど何も言わないで、ただ先生が1人でしゃべっている。

何かを教える、という感じは当然形だけですからね。

私も中にいた身ですから分かりますが、テニススクールとしては生徒さんに継続してもらわないと成り立たない。

テニスの上達、試合で勝つ、ということは二の次三の次、になるのは当然です。

 

2.そこに疑問を、持てるかどうか

大事なことは、そのスクールの在り方じゃない。

そこに疑問を持てるかどうか、です。

試合に勝ちたいなら、自分の中で「何か違うんじゃないか」という視点を持つこと。

これが持てれば、アナタ自身、試合に強くなります。

もう、誰から教わらなくても強くなるでしょう。

でも、ほとんどの人は気付かない。

1対nの環境って、nは楽ですからね、とにかく。

テニススクールをどう活用するのかは自分次第、だからこそ、まずはここに視点を置くことが大事です。

 

3.だからこそ、私自身がやりたいこと

良い情報やアイデアを持っているのは、テニスコーチだけじゃない。

実は、みなさん自身なんです。

特に、社会人になってテニスを始めたような方は、視点も新しいし先入観も無い。

練習出来ない環境が当たり前、なのですごく熱心で意欲も高い、工夫に満ちている。

私は、そういう人たちのアイデアやヒントを、よりみんなで活かしていく道を考えていきたい。

と考えて、テスト的に実施しているのが「読者ミーティング」の企画です。

今まで2回、10名弱で実施させて頂いて来ましたが、私自身すごく勉強させて頂いています。

参加者のみなさんが持っているものは、他の参加者のみなさんにすごく有効なものばかり。

もっともっと、良い形に出来るように、これから試行錯誤していきたいと思います。

 



 

4.自分を表現すること、が強くなる道

そして読者ミーティングを実施して思ったのが、みなさん本当に「お話」がお上手だということ。

私なんかよりも、ずっとテーマについてしっかり考えて話してくれる。

この表現力って、テニスの成長においてもすごく大事なポイントなんです。

1対nの教育では、ほとんど必要とされない部分ですけどね。

自分の考えを、言葉にして人に伝える。

テニスだって一緒です。

自分の考えを、ボールに乗せて相手に伝える。

この表現力が高い人は、どんな技術も身に付けていく土壌が豊かということ。

私はこのサイトでも、1対nの教育や指導をするつもりは一切ありません。

これからも、どんどん工夫してみなさんの内側から、色々なものを引き出していきたいと考えています。

 

何だかよく分からない文章になってしまいましたが・・・少しでも、伝わっていれば嬉しいです。

恐らく、読者のみなさんは既にどこかで理解している、実践していることだと思います。

何か変わったことをやれば、表現すれば、苦しい想いをすることもあるでしょう。

ですが、そこからがスタートです。

確実にテニスは強くなる、そう信じて前に進むだけ、ですね。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス関連の記事は note へ

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

    テニスは誰かから、習うもの。もちろん、最初はそれで良いと思いま…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

    良い練習、が出来ているチームは強い。でも、テニスにおける良い練…

  3. テニス 部活
  4. テニススクール

    テニスを習う側が諦めている、という話

    テニススクールでのレッスンを見ていると、感じることがあります。…

  5. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう

    みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさ…

  6. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない
  2. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い…
  5. ストローク

    バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?
PAGE TOP