テニス メンタル

その他

人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる

テニスを続けていると、人に何かを教えること、伝えることも増えてくる。

テニススクールのコーチとして働いたり、自分の子供にテニスを教えたりする機会も、読者の皆さんの中にも経験された方は多いはずです。

人に何かを伝えようとして、なかなか難しいとき。

そんな時は、「言葉」を変えてみる必要があるでしょう。

 

人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる

 


 

■「響かない言葉」では、伝わらない

テニス、のようなスポーツは「感覚」を人に伝えないといけない。

これって、言葉にするのは本当に難しい・・・。

私も書いていて、この表現は伝わっているのか・・・?は、いつも疑問に思いながら、書いてます。

だからこそ、何度も同じような内容を、言葉のニュアンスを変えて書くようにしている。

経験上、言葉を変えれば「響く」可能性が高いから。

一つの言葉、表現に固執していると、それが響かなかったときには相手が応えてくれない。

ほとんどのコーチングは、ここでお手上げ状態、になるのです。

 

■教える人にとって、「身近な言葉」で伝えてみる

シンプルに、この考え方は大事です。

伝える相手の環境、知識、意識は全て異なる。

なるべく相手が身近に感じるような言葉で、自分が伝えたいことを表現してみるようにしてみましょう。

グリップについて伝えるにしても、主婦の方であれば「包丁」が例えになるし、中学生なら「スマートフォンの持ち方」から入ってみるのも良い。

教える側の知識や言葉だけ、で伝えようとするからおかしくなる、伝わらないのです。

身近で現実味のある言葉、ならきっと響いてくれるはずです。

 

■相手に対する「思いやり」があれば、言葉は選べる

人に何かを伝えたい、と本気で考えるなら「言葉」をたくさん持っておきたい。

アナタ自身が教える、ときにもそうですが、教わるときにもたくさんの言葉、表現を知っていた方が絶対に武器になります。

色々な考え、を持っている人がテニス界にはいます。

でも、言葉で上手く伝えられる人って、少ない。

そこでアナタ自身が感じる、察する、ことが出来れば、きっと大きな成長の源になるでしょう。

 

言葉について、特に学生の皆さんは豊かになって欲しい。

本を読む、人と話す、そのときにどんな言葉が、どんな意図で使われているのか。

つたない文章しか書けていない私が言っても説得力がありませんが、ぜひ意識してみて下さい。

きっと、アナタのテニスの強さに変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ

    秋深まり、本格的なテニスシーズンになりましたね。一般の草大会も…

  2. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?

    試合前に色々作戦を考えたり、ウォーミングアップしたりするけど、意外と基…

  3. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、とな…

  4. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  5. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう

    冬の寒い時期、みなさんの中にも怪我に苦しんでいる方、多いと思います。…

  6. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置について

    スポーツに怪我は付き物・・・。予防することも大事ですが、もし発…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のドロップボレーは、読めるようにならないと試合で勝てない
  2. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ
  3. テニス 部活

    練習メニュー

    高校からテニスを始めても「上達して強くなる」為に、必要な意識4つ
  4. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
  5. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
PAGE TOP