テニス メンタル

テニススクール

スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

それが、普通だと思ってしまう。

これが、一番私は危険なことだと思います。

ただ、身体を動かして汗をかければ良い、という人ならOK。

でも、試合に勝ちたいと考えているみなさんなら、考えないと。

日本のテニススクール、それは非常に怖い場所だと私は思っています。

 

スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

 


 

1.スクールとは、学ぶ場所

わざわざ、高いお金を払って仕事の後、土日に行く訳です。

せっかくだから、実りある学びの場にしないといけない。

最初は、生徒のみなさんもすごく意欲があり、レッスンも頑張る。

でも、徐々に慣れて、ある程度上達していくと、不思議と「考えない」ことが当たり前になってしまうんです。

なぜなら、テニススクールって考えないでも済む、そういう場所ですから。

試合の現場では戦えない「温室トマト」に育てられていくだけ、になってしまうんです。

 

2.並んで球出し、ローテーションでラリー、ゲーム形式

ほとんどのテニススクールが、この流れだと思います。

その日その日、にテーマはコーチが決めてくれる。

待っていれば、ボールが出て来るし打ち合う相手がいる。

本当に何も考えなくても、90分のレッスンはあっという間に終わりますからね。

多少のアドバイス、コーチとの会話はあるでしょうが、果たして実のあるものになっているのかどうか。

それは、全てアナタ次第です。

 

3.先週のアドバイス、思い出せますか?

これを、まずはアナタ自身の問いたい。

先週もらったアドバイス、課題、テーマ、全て思い出せますか?

私でも、ちょっと考えてしまう。

だから、毎回テニスノートに記して忘れないように記録はしていますが、どうでしょう。

ほとんどの方が、思い出せないんじゃないでしょうか?

なぜなら、自分で考えていないから。

自分の意志の無いところに、アドバイスなんて無意味ですよ。

テニススクールという名がついているだけで、学校の機能なんて何もない。

それが、日本のテニススクールです。

良い悪い、の話ではなく、こういうものだ考えておくこと、が大事なんだと思います。

 

4.正解をひねり出す必要は、全くない

「考えないといけないのは分かるけど、何をどう考えたら良いのか・・・」と、悩んでいる方も多いと思います。

何も、そんなに構えなくても大丈夫。

ちょっとしたことに疑問を持ち、自分なりに工夫すること、よく周りを観察すること、から始めてみて下さい。

受け身の姿勢、を変えるのが第一。

「なぜ、この練習は必要なんだろう」

「なぜ、テニスにはセオリーがあるんだろう」

正解をひねり出さなくても、大丈夫です。

アナタ自身が考えること、を始めていけば、全ての景色は変わっていく。

それこそ、本当のテニススクール生、だと思いますよ。

 

毎日の当たり前、を疑ってみる。

そこに、アナタ自身の成長の大きなヒントがあるはずです。

当たり前のように打っているショットほど、実は変えれば強くなれる。

それだけ打つ回数が多いショット、ですからね。

自分で気付き、学ぶこと。

それが本来の学校であり、スクールの姿、ですから。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

    テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。ちょっとだけ持って欲…

  2. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

    キツイタイトルで、すみません。でも、私自身そうだったから。…

  3. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  4. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

    誰かに指導される、テニスレッスン。テニススクールでもそうだと思…

  5. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  6. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと

    たくさんの学生の方から、「将来テニスコーチになりたいです!」という言葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に…
  3. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  4. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある
  5. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について
PAGE TOP