テニス メンタル

テニススクール

スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

それが、普通だと思ってしまう。

これが、一番私は危険なことだと思います。

ただ、身体を動かして汗をかければ良い、という人ならOK。

でも、試合に勝ちたいと考えているみなさんなら、考えないと。

日本のテニススクール、それは非常に怖い場所だと私は思っています。

 

スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

 


 

1.スクールとは、学ぶ場所

わざわざ、高いお金を払って仕事の後、土日に行く訳です。

せっかくだから、実りある学びの場にしないといけない。

最初は、生徒のみなさんもすごく意欲があり、レッスンも頑張る。

でも、徐々に慣れて、ある程度上達していくと、不思議と「考えない」ことが当たり前になってしまうんです。

なぜなら、テニススクールって考えないでも済む、そういう場所ですから。

試合の現場では戦えない「温室トマト」に育てられていくだけ、になってしまうんです。

 

2.並んで球出し、ローテーションでラリー、ゲーム形式

ほとんどのテニススクールが、この流れだと思います。

その日その日、にテーマはコーチが決めてくれる。

待っていれば、ボールが出て来るし打ち合う相手がいる。

本当に何も考えなくても、90分のレッスンはあっという間に終わりますからね。

多少のアドバイス、コーチとの会話はあるでしょうが、果たして実のあるものになっているのかどうか。

それは、全てアナタ次第です。

 

3.先週のアドバイス、思い出せますか?

これを、まずはアナタ自身の問いたい。

先週もらったアドバイス、課題、テーマ、全て思い出せますか?

私でも、ちょっと考えてしまう。

だから、毎回テニスノートに記して忘れないように記録はしていますが、どうでしょう。

ほとんどの方が、思い出せないんじゃないでしょうか?

なぜなら、自分で考えていないから。

自分の意志の無いところに、アドバイスなんて無意味ですよ。

テニススクールという名がついているだけで、学校の機能なんて何もない。

それが、日本のテニススクールです。

良い悪い、の話ではなく、こういうものだ考えておくこと、が大事なんだと思います。

 

4.正解をひねり出す必要は、全くない

「考えないといけないのは分かるけど、何をどう考えたら良いのか・・・」と、悩んでいる方も多いと思います。

何も、そんなに構えなくても大丈夫。

ちょっとしたことに疑問を持ち、自分なりに工夫すること、よく周りを観察すること、から始めてみて下さい。

受け身の姿勢、を変えるのが第一。

「なぜ、この練習は必要なんだろう」

「なぜ、テニスにはセオリーがあるんだろう」

正解をひねり出さなくても、大丈夫です。

アナタ自身が考えること、を始めていけば、全ての景色は変わっていく。

それこそ、本当のテニススクール生、だと思いますよ。

 

毎日の当たり前、を疑ってみる。

そこに、アナタ自身の成長の大きなヒントがあるはずです。

当たり前のように打っているショットほど、実は変えれば強くなれる。

それだけ打つ回数が多いショット、ですからね。

自分で気付き、学ぶこと。

それが本来の学校であり、スクールの姿、ですから。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

    テニスは誰かから、習うもの。もちろん、最初はそれで良いと思いま…

  2. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、とい…

  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

    最近私もテニススクールに通っていて、改めて思うことがあります。…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  6. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  2. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・…
  3. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合に勝つ為に必要な、「67%の確率で入るファーストサーブ」に仕上げてい…
PAGE TOP