テニス コントロール

その他

「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない

テニスの練習、試合、なかなか上手くいかない。

これに、ある意味慣れてしまってはいないか?と、考えて欲しい。

出来ないなら、なぜ出来ないのか。

自分で当たり前になってしまっている、「難しいことは出来ない」ということ。

本気で考えてみる時期、かも知れません。

 

「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない

 

1.出来ないことを、何かのせいにしていない?

私は、昔からいつもこうでした。

上手くいかないと、周りのせい。

最悪ですよね・・・本当に。

テニスの技術でも、苦手なものって練習でもなかなか打つ機会が少なくなる。

自然と逃げる姿勢、が身についてしまう。

ましてや、社会人になったら自分の好きな練習、環境を選べますからね。

苦手なこと、出来ないことは増えていく。

これが自然、だと思っておいた方が良いでしょう。

 

2.「上達しない」自分に、危機感はあるか?

まぁ、言ってしまえば私たちはテニスの賞金で生活している訳ではない。

でも、試合で勝ちたいと強く願っている。

この差、やっぱり大きいと私は思いますよ。

失敗しても試合で負けても、何か直接困るようなこと、は無いですからね。

だから「出来ないこと」についても、どこか真剣に考えないような気がしてしまう。

私自身、すごく最近になって思うんです。

昔、学生時代に、もっと出来ない理由をしっかり突き詰めて考えておけば良かったな・・・と。

でも、遅くはありません。

みなさん自身、もっと真剣に一緒に考えていきましょう。

「出来ないこと」に対して、真剣になれないのはなぜでしょうか。

 

3.「なぜ、出来ないのか?」を、簡単な理由で着地させない

例えば、「なぜ、サーブが安定しないのか?」について。

これを突き詰めて考えていくと、どうでしょう。

そもそも、「出来る」というレベルが分からない、曖昧本人次第。

他にも、「ドロップボレーは、どう打って良いのか全く分からない」という問題もあるかも知れません。

これも、そもそも試合で使っているのかどうか。

どう打つのか?が出来る、出来ないの基準?ですか?

ポイントに上手くつなげていけるのかどうか、その逆算が大事だと私は思いますよ。

つまり、「なぜ、出来ないのか?」という部分に関しては、「自分でゴールが設定出来ていない」に尽きると思います。

自分が、まずどうなりたいのか。

半年後、一年後、三年後。

自分のテニスをどう作っていきたいのか、を考えていない人が「なぜ、出来ない?」を考えられないのは当たり前。

もっと具体的に、自分の身近なゴールを設定しないことには始まらないんです。

 

4.「なぜ、出来ないのか?」と自分を責め過ぎないように

でも、こういう記事を書くと、すごく真面目な方は自分を追い詰めてしまう。

自分は出来ない、テニスに向いていないと思い詰めてしまう方も多いんですよね・・・そうじゃない。

出来ていく過程、をしっかり自分で把握する。

極端な話ですが、今日の練習で上手くなったところを、自分で探すことも大事。

その小さい一歩が、自分の目指しているイメージと合致しているのかどうか。

この確認をしていけば、「なぜ、出来ない?それは、きっとこれが原因だ」ということに、気付けるはずなんですよね。

社会人、ベテランやシニアの方は、練習時間も限られています。

自分自身で、しっかり成長を確認出来る工夫をしていかないと、試合に勝てるようにはなれない。

自分を責め過ぎないように、でもしっかり、自分に厳しく、自分を律して。

これからもテニス頑張っていきたいですね。

 

「なぜ、出来ないのか?」の理由を、しっかり明確にする。

すごく辛い作業ですが、やはり必要だと私は思いますよ。

「いやー、そもそも練習不足で」という方も多いでしょうが、そういう方は練習が増えても絶対に上達しない。

もっと自分で、自分を見つめ直していかないと。

それが大人のテニスの醍醐味、でもありますからね。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由について

    「そんなにテニスを頑張って、これからプロでも目指すんですか?」…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  3. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

  4. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

  5. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

  6. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも必要!

    高校生の頃、学校のコートを使って練習をしていた。たまに父親に他…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い
  2. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも
  3. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコ…
  5. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい
PAGE TOP