テニス メンタル

テニススクール

良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

良い練習、が出来ているチームは強い。

でも、テニスにおける良い練習って、どんな練習でしょうか。

私は、しっかりと目的が持てていて、「良い台」の役割が出来ている選手が多いチームは、良い練習が出来ていると思いますよ。

この「台」というのが、肝なんです。

 

良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

 

1.練習における「台」とは何か?

簡単に言えば、練習台、ですね。

例えば「深いボレー」を打つ練習がしたいなら、ボレー対ストローク側でストローク側の選手が台になる。

しっかり相手に、深いボレーを打たせる、打たれたら頑張って返球する。

結構、簡単なようで難しいですよ。

練習テーマ、を相手にしっかり実践させてあげること、が練習の台となる人の役目。

台、を理解している人が少ないと、お互いにやりたいように、打ちたいように打って終わりですから。

 

2.ダラダラストロークラリー、無意味!

です、実際。

つい、私たちはこれをやってしまいますよね。

お互いに、どっちが何の練習をしているのか、全く分からない。

ウォーミングアップなら良いですけど、練習が始まったら何かを意識しないと意味が無い。

そして、なかなか両者お互いが、質の高い濃い練習って出来ないんですよ。

テーマを決めれば、そのテーマをしっかり実践出来る、練習出来る環境を作ってあげないと。

両方が好きなように打っていたら、そりゃ何も残らないですよね。

 

3.「台」こそ、最高の練習である

試合をイメージしてみて下さいよ。

実際に、台側の選手は相手に「こういうボールを、ここで打たせよう」と思って返球する。

これって、試合でのラリーと一緒じゃないですか。

実際に、台がしっかり出来る選手は、試合でも強い。

試合と練習が近い感じ、ですからね。

台が出来ない選手は、自分のプレーに幅が無いから調子の波も激しい、勝てる相手も少ない。

「自分は練習台ばっかりで、何だか損だな・・・」と思っている方。

もうその発想自体が、損ですよ。

 

4.練習に台側、テーマ側、を設けてみよう

ラリー練習、まずはここからですね。

お互いに、決めてみましょう。

どっちの側が、どんなテーマで練習するのか。

そして、その台になるには、どんな技術が必要なのか。

こういう練習って、見ていても気持ちが良いし、テンポも良い。

ラリー練習、ダラダラ続ける感じは無いですからね。

台の側、は良い意味でやられてあげる、ことも大事。

しっかり粘って、その後もナイスショットなら良い成功イメージを、相手に植え付けてあげる。

これも大事な、チームプレーですね。

 

練習を振り返ってみると、どうでしょう?

テニススクールでも、生徒同士のラリーって多いじゃないですか。

そこで、その日のテーマをしっかり実践出来るのか。

そして、台の側はどっちなのか?自分はどちら側に、今いるのか?を確認してみる。

それがテニスの練習、の基本です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 名著

    テニススクール

    強い人ほど素直にアドバイスを聞ける、だから差はどんどんひらいていく

    最近改めて、私自身が感じていること、です。昔アルバイトコーチを…

  2. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  3. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  4. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

  5. テニス メンタル
  6. テニス テニススクール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要
  3. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4…
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
PAGE TOP