テニス メンタル

テニススクール

良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

良い練習、が出来ているチームは強い。

でも、テニスにおける良い練習って、どんな練習でしょうか。

私は、しっかりと目的が持てていて、「良い台」の役割が出来ている選手が多いチームは、良い練習が出来ていると思いますよ。

この「台」というのが、肝なんです。

 

良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

 

1.練習における「台」とは何か?

簡単に言えば、練習台、ですね。

例えば「深いボレー」を打つ練習がしたいなら、ボレー対ストローク側でストローク側の選手が台になる。

しっかり相手に、深いボレーを打たせる、打たれたら頑張って返球する。

結構、簡単なようで難しいですよ。

練習テーマ、を相手にしっかり実践させてあげること、が練習の台となる人の役目。

台、を理解している人が少ないと、お互いにやりたいように、打ちたいように打って終わりですから。

 

2.ダラダラストロークラリー、無意味!

です、実際。

つい、私たちはこれをやってしまいますよね。

お互いに、どっちが何の練習をしているのか、全く分からない。

ウォーミングアップなら良いですけど、練習が始まったら何かを意識しないと意味が無い。

そして、なかなか両者お互いが、質の高い濃い練習って出来ないんですよ。

テーマを決めれば、そのテーマをしっかり実践出来る、練習出来る環境を作ってあげないと。

両方が好きなように打っていたら、そりゃ何も残らないですよね。

 

3.「台」こそ、最高の練習である

試合をイメージしてみて下さいよ。

実際に、台側の選手は相手に「こういうボールを、ここで打たせよう」と思って返球する。

これって、試合でのラリーと一緒じゃないですか。

実際に、台がしっかり出来る選手は、試合でも強い。

試合と練習が近い感じ、ですからね。

台が出来ない選手は、自分のプレーに幅が無いから調子の波も激しい、勝てる相手も少ない。

「自分は練習台ばっかりで、何だか損だな・・・」と思っている方。

もうその発想自体が、損ですよ。

 

4.練習に台側、テーマ側、を設けてみよう

ラリー練習、まずはここからですね。

お互いに、決めてみましょう。

どっちの側が、どんなテーマで練習するのか。

そして、その台になるには、どんな技術が必要なのか。

こういう練習って、見ていても気持ちが良いし、テンポも良い。

ラリー練習、ダラダラ続ける感じは無いですからね。

台の側、は良い意味でやられてあげる、ことも大事。

しっかり粘って、その後もナイスショットなら良い成功イメージを、相手に植え付けてあげる。

これも大事な、チームプレーですね。

 

練習を振り返ってみると、どうでしょう?

テニススクールでも、生徒同士のラリーって多いじゃないですか。

そこで、その日のテーマをしっかり実践出来るのか。

そして、台の側はどっちなのか?自分はどちら側に、今いるのか?を確認してみる。

それがテニスの練習、の基本です。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっ…

  2. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  3. テニス テニススクール
  4. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  5. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由

    ダブルスの試合で、特に必要なセンターケア。2人の間を守る、のは…

  6. テニス ボレー

    テニススクール

    知っておいて損は無い、私が考える「良いテニススクールの選び方」について

    社会人になって、テニススクールに通ってテニスを続けている方、多いですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
  3. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
PAGE TOP