テニス メンタル

テニススクール

良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

良い練習、が出来ているチームは強い。

でも、テニスにおける良い練習って、どんな練習でしょうか。

私は、しっかりと目的が持てていて、「良い台」の役割が出来ている選手が多いチームは、良い練習が出来ていると思いますよ。

この「台」というのが、肝なんです。

 

良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

 

1.練習における「台」とは何か?

簡単に言えば、練習台、ですね。

例えば「深いボレー」を打つ練習がしたいなら、ボレー対ストローク側でストローク側の選手が台になる。

しっかり相手に、深いボレーを打たせる、打たれたら頑張って返球する。

結構、簡単なようで難しいですよ。

練習テーマ、を相手にしっかり実践させてあげること、が練習の台となる人の役目。

台、を理解している人が少ないと、お互いにやりたいように、打ちたいように打って終わりですから。

 

2.ダラダラストロークラリー、無意味!

です、実際。

つい、私たちはこれをやってしまいますよね。

お互いに、どっちが何の練習をしているのか、全く分からない。

ウォーミングアップなら良いですけど、練習が始まったら何かを意識しないと意味が無い。

そして、なかなか両者お互いが、質の高い濃い練習って出来ないんですよ。

テーマを決めれば、そのテーマをしっかり実践出来る、練習出来る環境を作ってあげないと。

両方が好きなように打っていたら、そりゃ何も残らないですよね。

 

3.「台」こそ、最高の練習である

試合をイメージしてみて下さいよ。

実際に、台側の選手は相手に「こういうボールを、ここで打たせよう」と思って返球する。

これって、試合でのラリーと一緒じゃないですか。

実際に、台がしっかり出来る選手は、試合でも強い。

試合と練習が近い感じ、ですからね。

台が出来ない選手は、自分のプレーに幅が無いから調子の波も激しい、勝てる相手も少ない。

「自分は練習台ばっかりで、何だか損だな・・・」と思っている方。

もうその発想自体が、損ですよ。

 

4.練習に台側、テーマ側、を設けてみよう

ラリー練習、まずはここからですね。

お互いに、決めてみましょう。

どっちの側が、どんなテーマで練習するのか。

そして、その台になるには、どんな技術が必要なのか。

こういう練習って、見ていても気持ちが良いし、テンポも良い。

ラリー練習、ダラダラ続ける感じは無いですからね。

台の側、は良い意味でやられてあげる、ことも大事。

しっかり粘って、その後もナイスショットなら良い成功イメージを、相手に植え付けてあげる。

これも大事な、チームプレーですね。

 

練習を振り返ってみると、どうでしょう?

テニススクールでも、生徒同士のラリーって多いじゃないですか。

そこで、その日のテーマをしっかり実践出来るのか。

そして、台の側はどっちなのか?自分はどちら側に、今いるのか?を確認してみる。

それがテニスの練習、の基本です。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  2. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  3. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  4. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと

    たくさんの学生の方から、「将来テニスコーチになりたいです!」という言葉…

  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

  6. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ
  2. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?
  4. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう
  5. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?
PAGE TOP