テニス ボレー

戦術

試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ

試合のテンポを、遅くする。

もしかしたら、この技術、戦術があれば、アナタも勝てた試合があるかも知れない。

それくらい、試合のテンポって大事です。

特に、相手にリードされている時は、ですね。

焦っても、どんどん自分が苦しくなっていくだけ、ですから。

ちょっとした試合中のヒントに、どうでしょう。

 

試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ

 


 

1.ポイント間で時間を使う

ダブルスならパートナーと話す。

いや、大した話をしなくても良いんです。

出来るだけ、時間を使って間を空ける、ルールの範囲内で。

これだけで、相手は嫌だしじらされているような感じ、になるはずです。

シングルスの試合でも、同じですよ。

しっかりポイント間に自分と会話してみる。

それから、サーブやリターンの位置に入るくらい、で良いでしょう。

 

2.ボールの軌道を高くする

当たり前ですが、低い軌道のラリーはテンポが速い。

自分が劣勢なのに、どんどん低いボールで速いラリー、を挑んでも苦しいだけ。

出来るだけ、高い軌道のラリーにして1ポイントにかかる時間を長くする。

簡単には取られない、そんなポイントを増やしていく。

そうすると、試合の流れも変わって来ますよ。

1ポイントが短い、そんなポイントが続く時って、なかなか試合の流れは変わりませんからね。

 

3.スライスを使う

これも、非常に大事な要素ですね。

特にシングルスでは、アナタ自身が戻る時間を作ることが出来る。

滞空時間が長いので、ポジションを戻してしっかり相手が打つ前に構えること、が出来るはずです。

これが出来ていれば、強い相手でもそう簡単には攻められない。

アナタ自身が戻れていなくて、失点して流れが悪くなっていること、が多いはずです。

 

4.チェンジコートで、しっかり時間を使う

相手が先にコートに入っても、気にしない。

1分半、はしっかり使いましょう。

ベンチに座って、自分の時間を過ごす。

読み返すメモ、があればアナタ自身を助けてくれるかも知れません。

どんなに押されていても、2ゲームに1回はこのリセットの時間がテニスの試合にはある。

それを、しっかり利用することが大事です。

 

5.攻撃したい気持ちを、コントロールする

相手の流れで進んでいる時に、陥りがちなミス。

「攻めないと!」と、無理に焦ってしまうこと。

これが一番、試合のテンポを無駄に早くして負けてしまうこと、につながります。

攻撃したい気持ちを、抑えてコントロールする。

決して、攻めない方が良いという訳ではなく、焦って攻撃しないということ。

これだけで、かなり試合のテンポは落ちるはずですよ。

 

負けているなら、長い試合を覚悟する。

相手の流れでポンポン進んでいる試合、で負けることがほとんどだと思います。

1セットマッチの試合、テニスは一瞬で終わりますからね。

覚悟して、試合のテンポを落とす術、を身に付けておきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

    試合の主導権を握っていきたい。これは、誰しもが試合前から考える…

  2. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  3. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?

    少しでも、気にしたことはありますか?私は、結構気にしています…

  4. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う

    テニス選手として、自分のテニスを考えるとき。みなさんは、「自分…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

特集記事

  1. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
  3. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について
  4. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよ…
PAGE TOP