テニス 戦術

メンタル

自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない

皆さん、これだけは覚えておいて下さい。

どこかの学校、地域の代表でも無い。

あくまで個人で楽しんでいるテニスでも、アナタを応援している人は必ずいます。

それは、私が保証します。

その理由と、感じて欲しい理由について、改めて今日は書いてみたいと思います。

 

自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない

 

1.自分の一番の応援者は、自分自身

これは、強い選手ほど無意識のうちに考えて実践していること。

自分を自分で応援するのって、すごく勇気が要るんですよ。

勇気と言いますか、根拠、ですね。

みなさんは試合に入るとき、自分に対してどんな想いを抱いてますか?

「充分練習してきたし、大丈夫だ!」と思えるか、「最近サボってたしな・・・結果は厳しいかな・・・」と、思うのか。

この差って、やっぱり大きいんです。

自分で自分を、応援しながらコートに入れるかどうか。

「いやだってさ、練習なんて週に1回しか出来ないし」という方が、ほとんどだと思います。

ここは、発想を変えていきましょう。

 

2.週1回の練習で上達しないと、誰が決めた?

結局、自分で勝手に思い込んでいるだけ。

私も今は、週1回のテニススクール通いです。

でも、なかなかその週1回すら、行けていない。

でも試合に入る前に、何を考えるかと言えば・・・「毎日テニスついてしっかり考えているし、やるべきことはやっている」と考えてコートに入る。

もちろん、練習が出来ていない不安はありますよ。

でも、出来ていないことよりも続けていること、やってきたこと、事実に目を向ける。

そうすると、自分を応援したくなるんですよ。

自分自身が応援についてくれると、テニスの試合は大体勝てる。

すごくここの部分、大事にして欲しいんです。

 

3.そしてもう一人、忘れないでください

手前味噌ですが・・・それは私、です。

まだお会いしたことが無い方ばかりですが、少なくとも私は皆さんを本気で応援しています。

今回のアンケートでも、「何でそんなに、毎日記事を書けるんですか?」というご質問を頂きましたが、その答えは簡単です。

私自身、テニスを頑張って試合に勝ちたい、という方を本気で応援したいからです。

そして、その応援をすること自体が、楽しいからです。

何より私自身の成長や活力、になりますからね。

お力になれているかどうかは、分かりません。

力不足だと感じることも、多々あります・・・。

ですが、試合前に記事を読み返して頂いている方もいるようですので、声を大にして言いたいと思います。

テニスの試合にチャレンジする皆さんを、私は一人一人応援しています。

 

普段の記事は、まさに「読者のみなさん」をイメージしながら書いているつもりです。

アンケートで頂くご質問やお悩み、年齢層にプレー頻度・・・から、みなさんを想像してみる。

それがすごく、私は楽しいんですよね。

だからこそ、しっかり私も責任を持って応援したい。

まだまだ、力になれるように私も力を付けていきます!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  3. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策5つ

    毎日毎日、精神も身体も充実してテニスの練習が出来ている人。私は…

  4. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  5. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

    試合に負ける、ということ。私たちは大人になっても、この経験が出来る…

  6. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない

    試合に勝つテクニック。それはどこか、「姑息な手段」とも捉えられ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう
  3. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる
  4. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
PAGE TOP