テニス ボレー

リターン

試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?

一番苦戦したこと、何でしょう。

サーブが入らない?ことも、一大事でしたよね。

でも同時に、「リターンが入らない」ことも、苦労したポイントじゃないでしょうか。

特に、ミックスダブルスで男性のサーブが怖い女性の方は、多いと思います。

まず、試合に出て恥ずかしくないリターンに仕上げる、期間は1ヵ月と仮定してみましょう。

さぁ、何が出来るでしょうか?

 

試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

 

1.1ヶ月という期間を設けてみる

例えば、試合まであと1ヵ月。

試合に出るのは初めてだし、とにかく不安でいっぱい・・・ですよね。

練習は週に1回、あと4回出来ると考えてみましょう。

テニスは、サーブかリターンから始まる。

サーブはとにかく、ゆっくりでも入れるとしてリターンは・・・これは、相手のサービス力にも左右されますよね。

試合に出て、全くリターンが返球出来ないと、どうにも戦いようがない。

ここでしっかり、考えてみましょう。

テニスを始めて間もない、ほぼ初心者の方が恥ずかしくないリターン、に仕上げていくにはどうすれば良いのか?

焦ったり、不安になる必要は無いですよ。

 

2.まず、立つ位置をハッキリ変えてみよう

リターンのとき、つい忘れがちなのはポジショニング。

サーブと違って、コートの内側に立って待っても反則ではありません。

ここで考えたいのは、2つ。

速いファーストサーブは下がって受けて、浅くなる可能性の高いセカンドサーブは、はっきりとコートの内側に立って、リターンを触る。

相手のセカンドサーブって、結構浅くなり過ぎて触れない、打点が低くなってしまうケースが多いのが試合、です。

だから、まずファーストサーブとセカンドサーブ、で立つ位置を変える、ことをしっかり覚えて実践する。

これだけで、リターンを返球出来る可能性はグッと上がると思いますよ。

 

3.厳しいサーブはボレー感覚で、高いロブの返球でOK

シングルスでもダブルスでも、速いサーブはこれで返球しましょう。

ストローク、というよりもボレーに近い。

ラケットの持ち方、グリップを薄くして待つ。

コツン、と当てて、上方向に打つロブリターンでOK。

リターンが返球出来ないで試合で苦しくなるのって、「良いリターンを打って、ラリーを開始しないといけない」と思い込んでいるから。

慌てないで、まずは相手のコートに返球すること。

例え決められても大丈夫、リターンが返っていれば試合のリズムは生まれて来ます。

ボレーに近い感覚で、ストロークのような大振りをしない。

それでも返球出来なかったサーブは、気にしない。

だって、「サービス」っていうくらい、相手にサービスされた優位なポイント、がサーブですから。

そう思っておくこと、で必要以上に落ち込まないで済むでしょう。

これだけで、かなり結果は違うと思いますよ。

 

4.ダブルスで恥ずかしくないリターンは、相手後衛に触らせるリターン

ダブルスの試合で、恥ずかしくないリターンとは、何か?

私は、まず相手コートに返球すること、そして「前衛ではなく後衛」に触らせるリターンだと思います。

「あ、じゃあクロスに山なりに返球すれば良いのか」と思うかもしれません。

でも、実際の試合ではどうでしょう。

相手前衛が、アナタの弱い心を見透かしてポーチに動いて来るかも知れません。

だから、遅くても良いので「ストレート方向にコントロールする」リターンも大事になる。

これは、攻撃しているようで、実は相手の攻撃をかわしている。

ストレートに打つリターン、で相手をかわす。

これも、最低限出来るようにしておきたいポイント、ですね。

相手前衛がどんどんポーチに出てきているのに、クロスにしかリターンが返球出来ないと苦しい。

ゆっくりでも良いので、ストレートにリターン出来るようにしておくこと。

これが、試合で恥ずかしくないリターンの基本、です。

 

5.1ヶ月、4回の練習で出来ることは?

まず、しっかりロブのリターンを練習する。

速さは求めない、求めたいのは堅実性。

ストレート方向、そしてクロス方向。

速いサーブでもしっかり自分から足を動かして、サーブのバウンド地点に踏み込んでいく。

後ろで待っていると、腰が引けたようなリターンになってしまいますからね。

それから、先ほど書いたようにファースト用、セカンド用の立ち位置を前後で調整して自分で作っておく。

左右で言えばシングルスのサイドライン、に外側の足がかかる位がニュートラルな立ち位置、ですね。

浅いサーブはしっかりと攻撃していく、ことも恥ずかしくないリターンで必要なこと。

リターンを意識して1週間準備するだけで、かなり結果は変わってくると思いますよ。

 

当たり前だと思うこと、を再度確認しておきましょう。

試合の半分、はアナタやアナタのペアのリターンからラリーが始まります。

だからこそ、練習で意識して欲しい。

1ヵ月前から意識するだけで、初心者の方でも充分、試合に出て恥ずかしくないレベルにはもっていけるはずです。

準備しているだけで、自信にもなりますしね。

ぜひ初心者の方ほど、リターンの準備を仕込んで挑んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを活かせるかどうかは、アナタの決断力次第です

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

  5. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然と」…

  6. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  2. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?
  5. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと
PAGE TOP