テニス メンタル

メンタル

テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。

そんな時期で悩んでいる方も、多いはず。

特に、この春は冬にじっくり取り組んできたことが身を結ぶ・・・と思って、期待しますよね。

これから大事な試合のシーズンですが、大事なのは焦らないこと、です。

 

テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

 

焦らない、というのはなぜ難しいのか

どうしても、人はすぐに結果を求めてしまう。

目に見えるもの、で周りに認められたい、納得させたいという気持ちが強い。

それはとても大事なことですが、焦らない自分、というのをしっかりコントロール出来るかどうか・・・は、アナタが強くなれるかどうかのカギを握っている。

なぜなら、ほとんどの人が「焦って結果を求めて、あと少しのところで諦める」ことが多いからです。

 

すぐに成果が出る、ようなことは少ない

何かを変えていく、チャレンジしていくときには焦らないこと。

自分では上手くいってる、つもりでも結果が伴わないことはあります。

むしろ、すぐに結果が出る方がおかしいし、怪しい。

それって、実はあまり変わることが出来ていない、今までの延長に近いんだと思います。

何かを変えるときは、しっかり実力がマイナスになるくらいの覚悟が大事。

そこから、徐々に手応えをつかんで、結果が出るのはそれから。

焦らず、じっくりテニスに取り組むことが大事です。

 

自分を客観視することが、出来ているだろうか

大事なのは、冷静に自分と向き合うこと。

取り組んでいること、を信じること。

アナタ自身が自分を冷静に客観視出来ていれば、手応えがあっても実績が付いて来ない、時期をしっかり受け止めることが出来るはず。

そういうときって、テニス以外の部分でも多く経験していくこと。

テニスが自分を、鍛えてくれている。

我慢出来る、その先に成果がある、ということを教えてくれている。

学生の皆さんは、ぜひこの視点で自分を向き合って欲しいと思います。

 

とはいえ・・・限られた時間の中で、「いつになったら成果が出るのか・・・」と不安になる人も多いでしょう。

その不安こそ、強くなった誰もが経験し、乗り越えてきた壁です。

今、感じているということは、アナタは強くなる一歩手前。

さぁ、焦らずいきましょう。

 

今回のまとめ

実力に結果が伴わない、その過程を経験出来れば本物の選手になれます

 

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

    昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を…

  2. メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  3. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、必ずしもメンタルが弱いことには結びつかないのがテニス

    メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。…

  5. メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」テニスだけでなくスポーツ全般に当てはまる上達のコツ…
  2. ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
  3. ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えてお…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識すると、利き腕をコントロール出来る
  5. テニス 調子

    その他

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執す…
PAGE TOP