サーブ

今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について

身長が低い女性の方でも、威力のあるサーブを打つ選手はいます。

しっかりと身体を使う意識、それからラケットの性能を活かせる打点で打つ意識、が大事でしょう。

今のアナタが、すぐにサーブの威力をアップさせる方法。

ちょっとした意識とコツで、サーブはすぐに良くなります。

 

今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について

 


 

1.ラケットの先端を使う意識で

打ってみましょう。

ラケットの先、先端の方を使ってボールを打つ。

これ、なかなか試合では出来ていないと思いますよ。

サーブが苦手な人のほとんどは、グリップに近い根元の部分にボールが当たっていることが多い。

打点も低くなるし、自分のトスに差し込まれているような感じ、になってるんですよね。

一度、自分のサーブを動画に撮って見てみると良いでしょう。

意外と窮屈な感じで、打点が低いと感じるはずです。

 

2.ラケットの先を使う意識で打つと・・・?

何が変わるでしょうか。

まず、しっかり打点を高く確保しよう、と思うようになるはず。

それに、しっかりと自分からトスを打ちにいけるようになるんですよね。

落ちて来るのを待たない、自分から打ちにいく。

トスに合わせるようなサーブの打ち方だと、ずっと不安定なままですし、試合の緊張感に堪えられない。

ラケットの先を使う意識で、実はちょうど良い。

実際には先端で打つようなつもり、で打っても真ん中くらいに当たるでしょう。

それでも良いんです。

ずっとラケットの根元で打っているより、断然伸びのあるようなサーブになるでしょう。

 

3.ラケットは先を使うから性能が活かされる

これも、意外と意識出来ていない人が多い気がします。

ラケットは、しっかり真ん中から少し先、の辺りでボールを捕らえると、性能が活かせる。

ガットの性能と重なって、良いボールが打てるんです。

ラケット自体の遠心力も使えるし、少しの力で楽にボールを飛ばすことが出来る。

特にサーブは、この力を使いたい。

ですから、ラケットの先でボールを打つ為には、どうすれば良いのか。

トスアップ、スウィングはどんな感じだと打てるのか、を真剣に考えてみましょう。

きっと、サーブの威力は目に見えて変わるでしょう。

 

4.最初は入らなくてOK!

当然、最初は入らない。

でも良いんです、とにかく今までの自分のサーブよりも「伸びがあるかどうか」を確認しましょう。

ラケットの先端を使って、打点を高くしてしっかり下半身を使って打つ。

大きくフォルトするつもり、で打って良い。

最初から入れようとすると、結局こじんまりしたサーブに終わってしまいますから。

まずはサーブの伸び、威力を優先してみる。

フラット気味で打って、そこから回転をかけるように練習していけば良い。

最初から入れよう、フォルトしなように打つこと、は成長を妨げるだけです。

 

力が無いジュニア、女性、シニアの方こそ、この打ち方を意識して欲しい。

ラケットの先端を使うようなサーブ、でしっかり相手を追い込んでいくこと。

もちろん試合では入れないといけない、のがサーブですが、最初からそれを考え過ぎないようにしましょう。

「自分のサーブは、こんなもの」と思っている方ほど、試して欲しいコツです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないとダメ

    今回は、忘れられがちだけど、当たり前の話を少し。テニスの試合、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか…

  3. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

  4. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけになってはいないか?

    体育会、サークル、に関わらず、団体戦でよくこんな言葉、耳にしませんか?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

    試合に出ている人は、気付いているはず。「自分のサーブ」を改良し…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

    試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  4. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう
  5. テニス サーブ

    戦術

    連続ポイント、は意図的に
PAGE TOP