テニス メンタル

戦術

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたくさんある。

もちろんラケットの中心、でも上手く打てることはありますが、先端を使うという意識で結果的に上手く打てるショット、何があるでしょうか?

意外と、遅く、しっかり回転をかけるショットって、ラケットの先端を使うと上手く打てるはず。

女性やシニアの方にも、オススメなショットばかりですよ。

 

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

 

1.ショートクロス

私はいつも、ラケットの先でボールをひっかけるイメージで打っています。

大事なのは、打点をしっかり前にとって、少し遠くに設定すること。

そこにラケットを外側から入れて、振り抜くこと。

その際に、ラケットの先端を使うことをイメージするとちょうど良い。

不安だと、ボールに近付きたくなってしまいますからね。

ボールと離れる、その為には先端を使うくらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

2.トップスピンロブ

これも、しっかり振り抜きが大事なショット。

ボールをしっかりラケットの先端に引っ掛けて飛ばすと、振り切ってもアウトしない。

ラケットの芯でとらえると、ちょっと跳び過ぎてしまうことありませんか?

トップスピンロブも、回転量をかけて速度を落とし、飛びを抑える必要があるショット。

ラケットの先端を使うと、上手くいくはずです。

 

3.スマッシュ

これは、意識の問題。

スマッシュの一番の問題は、ラケットの振り出しのスタートが遅れること。

これを改善するには、ラケットの先端を使う、少しでも高い位置で打つ意識が大事。

この意識を持って、実はちょうどラケットの芯に当たる、くらいのタイミングになるでしょう。

実際には、先端を使わない。

でも、振り出しが遅れてラケットの根元に当たるのが一番嫌ですからね。

先端を使う意識、でスマッシュを振り出していきましょう。

 

4.セカンドサーブ

サーブで特に、しっかり回転をかけたい。

軌道を高く安定させていくには、セカンドサーブでラケットの先端を使うと良いでしょう。

ちょっと、勇気が要りますけどね。

でもラケットの先の方が、遠心力が使えるし打点も高い。

サーブを入れにいこうとすると、打点が落ちてラケットの根元で触りたくなるから注意が必要です。

しっかり振り切る、その為にはラケットの先端を意識してサーブも振っていきましょう!

 

「ラケットの先は、力が入らないんじゃない・・・?」と思う方も、多いでしょう。

確かに、止まった状態だとそうですね。

でもラケットをしっかり振り出せていると、しっかり力のあるボールが打てる。

何より身体から遠い場所で遠心力と使えるので、凄く効率的なショットになりますよ。

回転量を増やして、相手を崩していきたい・・・ときには、この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

  2. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

    テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。ゲー…

  3. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない

    ストロークが強い、上手い相手に、男性が陥り勝ちな罠。試合に勝て…

  4. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  5. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する

    これは、実に怖い病気です。テニスの試合って、実は「伝染病」がコ…

  6. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない

    試合を動かすショット、テニスだとどんなショットでしょうか?一つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで試合に勝ちたいのなら、「下からボールを持ち上げる」ストロークから脱却しな…
  4. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる
  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで
PAGE TOP