テニス メンタル

戦術

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたくさんある。

もちろんラケットの中心、でも上手く打てることはありますが、先端を使うという意識で結果的に上手く打てるショット、何があるでしょうか?

意外と、遅く、しっかり回転をかけるショットって、ラケットの先端を使うと上手く打てるはず。

女性やシニアの方にも、オススメなショットばかりですよ。

 

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

 

1.ショートクロス

私はいつも、ラケットの先でボールをひっかけるイメージで打っています。

大事なのは、打点をしっかり前にとって、少し遠くに設定すること。

そこにラケットを外側から入れて、振り抜くこと。

その際に、ラケットの先端を使うことをイメージするとちょうど良い。

不安だと、ボールに近付きたくなってしまいますからね。

ボールと離れる、その為には先端を使うくらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

2.トップスピンロブ

これも、しっかり振り抜きが大事なショット。

ボールをしっかりラケットの先端に引っ掛けて飛ばすと、振り切ってもアウトしない。

ラケットの芯でとらえると、ちょっと跳び過ぎてしまうことありませんか?

トップスピンロブも、回転量をかけて速度を落とし、飛びを抑える必要があるショット。

ラケットの先端を使うと、上手くいくはずです。

 

3.スマッシュ

これは、意識の問題。

スマッシュの一番の問題は、ラケットの振り出しのスタートが遅れること。

これを改善するには、ラケットの先端を使う、少しでも高い位置で打つ意識が大事。

この意識を持って、実はちょうどラケットの芯に当たる、くらいのタイミングになるでしょう。

実際には、先端を使わない。

でも、振り出しが遅れてラケットの根元に当たるのが一番嫌ですからね。

先端を使う意識、でスマッシュを振り出していきましょう。

 

4.セカンドサーブ

サーブで特に、しっかり回転をかけたい。

軌道を高く安定させていくには、セカンドサーブでラケットの先端を使うと良いでしょう。

ちょっと、勇気が要りますけどね。

でもラケットの先の方が、遠心力が使えるし打点も高い。

サーブを入れにいこうとすると、打点が落ちてラケットの根元で触りたくなるから注意が必要です。

しっかり振り切る、その為にはラケットの先端を意識してサーブも振っていきましょう!

 

「ラケットの先は、力が入らないんじゃない・・・?」と思う方も、多いでしょう。

確かに、止まった状態だとそうですね。

でもラケットをしっかり振り出せていると、しっかり力のあるボールが打てる。

何より身体から遠い場所で遠心力と使えるので、凄く効率的なショットになりますよ。

回転量を増やして、相手を崩していきたい・・・ときには、この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?

    試合の中で、デュースが何回も続くこと。たまにありますよね・・・そし…

  2. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

  3. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  4. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

    上手くなりたいのに、具体的に目標が見えて来ない方に。どんなチー…

  5. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ

    「調子が上がらないで、負けた・・・」という試合、多くないですか?…

  6. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

    どうも最近、自分の成長が止まっている気がする。今いるカテゴリ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って
  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    強くなるとは、知るということ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで
PAGE TOP