テニス メンタル

戦術

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたくさんある。

もちろんラケットの中心、でも上手く打てることはありますが、先端を使うという意識で結果的に上手く打てるショット、何があるでしょうか?

意外と、遅く、しっかり回転をかけるショットって、ラケットの先端を使うと上手く打てるはず。

女性やシニアの方にも、オススメなショットばかりですよ。

 

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

 

1.ショートクロス

私はいつも、ラケットの先でボールをひっかけるイメージで打っています。

大事なのは、打点をしっかり前にとって、少し遠くに設定すること。

そこにラケットを外側から入れて、振り抜くこと。

その際に、ラケットの先端を使うことをイメージするとちょうど良い。

不安だと、ボールに近付きたくなってしまいますからね。

ボールと離れる、その為には先端を使うくらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

2.トップスピンロブ

これも、しっかり振り抜きが大事なショット。

ボールをしっかりラケットの先端に引っ掛けて飛ばすと、振り切ってもアウトしない。

ラケットの芯でとらえると、ちょっと跳び過ぎてしまうことありませんか?

トップスピンロブも、回転量をかけて速度を落とし、飛びを抑える必要があるショット。

ラケットの先端を使うと、上手くいくはずです。

 

3.スマッシュ

これは、意識の問題。

スマッシュの一番の問題は、ラケットの振り出しのスタートが遅れること。

これを改善するには、ラケットの先端を使う、少しでも高い位置で打つ意識が大事。

この意識を持って、実はちょうどラケットの芯に当たる、くらいのタイミングになるでしょう。

実際には、先端を使わない。

でも、振り出しが遅れてラケットの根元に当たるのが一番嫌ですからね。

先端を使う意識、でスマッシュを振り出していきましょう。

 

4.セカンドサーブ

サーブで特に、しっかり回転をかけたい。

軌道を高く安定させていくには、セカンドサーブでラケットの先端を使うと良いでしょう。

ちょっと、勇気が要りますけどね。

でもラケットの先の方が、遠心力が使えるし打点も高い。

サーブを入れにいこうとすると、打点が落ちてラケットの根元で触りたくなるから注意が必要です。

しっかり振り切る、その為にはラケットの先端を意識してサーブも振っていきましょう!

 

「ラケットの先は、力が入らないんじゃない・・・?」と思う方も、多いでしょう。

確かに、止まった状態だとそうですね。

でもラケットをしっかり振り出せていると、しっかり力のあるボールが打てる。

何より身体から遠い場所で遠心力と使えるので、凄く効率的なショットになりますよ。

回転量を増やして、相手を崩していきたい・・・ときには、この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. 戦術

    窮地の中に、未来はある

    昨日の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。前日ま…

  2. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃してい…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう

    試合に勝ちたい気持ち、みなさん強いですよね。でも、これが強すぎ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  5. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない

    何となく、試合で強い人、練習よりも試合で強さを発揮する人、皆さんの周り…

  6. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて
  2. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    錦織選手のように「厚いグリップからコンパクトに振り抜くフォアハンド」を身に付けて…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか
PAGE TOP