テニス メンタル

戦術

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたくさんある。

もちろんラケットの中心、でも上手く打てることはありますが、先端を使うという意識で結果的に上手く打てるショット、何があるでしょうか?

意外と、遅く、しっかり回転をかけるショットって、ラケットの先端を使うと上手く打てるはず。

女性やシニアの方にも、オススメなショットばかりですよ。

 

ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

 

1.ショートクロス

私はいつも、ラケットの先でボールをひっかけるイメージで打っています。

大事なのは、打点をしっかり前にとって、少し遠くに設定すること。

そこにラケットを外側から入れて、振り抜くこと。

その際に、ラケットの先端を使うことをイメージするとちょうど良い。

不安だと、ボールに近付きたくなってしまいますからね。

ボールと離れる、その為には先端を使うくらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

2.トップスピンロブ

これも、しっかり振り抜きが大事なショット。

ボールをしっかりラケットの先端に引っ掛けて飛ばすと、振り切ってもアウトしない。

ラケットの芯でとらえると、ちょっと跳び過ぎてしまうことありませんか?

トップスピンロブも、回転量をかけて速度を落とし、飛びを抑える必要があるショット。

ラケットの先端を使うと、上手くいくはずです。

 

3.スマッシュ

これは、意識の問題。

スマッシュの一番の問題は、ラケットの振り出しのスタートが遅れること。

これを改善するには、ラケットの先端を使う、少しでも高い位置で打つ意識が大事。

この意識を持って、実はちょうどラケットの芯に当たる、くらいのタイミングになるでしょう。

実際には、先端を使わない。

でも、振り出しが遅れてラケットの根元に当たるのが一番嫌ですからね。

先端を使う意識、でスマッシュを振り出していきましょう。

 

4.セカンドサーブ

サーブで特に、しっかり回転をかけたい。

軌道を高く安定させていくには、セカンドサーブでラケットの先端を使うと良いでしょう。

ちょっと、勇気が要りますけどね。

でもラケットの先の方が、遠心力が使えるし打点も高い。

サーブを入れにいこうとすると、打点が落ちてラケットの根元で触りたくなるから注意が必要です。

しっかり振り切る、その為にはラケットの先端を意識してサーブも振っていきましょう!

 

「ラケットの先は、力が入らないんじゃない・・・?」と思う方も、多いでしょう。

確かに、止まった状態だとそうですね。

でもラケットをしっかり振り出せていると、しっかり力のあるボールが打てる。

何より身体から遠い場所で遠心力と使えるので、凄く効率的なショットになりますよ。

回転量を増やして、相手を崩していきたい・・・ときには、この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

    試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?上手くポイン…

  2. テニス 準備

    戦術

    奇策を試みて、基本を知る

    テニスの試合では、奇策が必要。私自身、何度も奇策の必要性を書…

  3. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多く…

  4. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ

    この〇〇に、みなさんはどんな言葉をイメージしますか?もちろん…

  5. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること

    試合の中で、ネットに当たってポトリ・・・と落ちるようなコードボール、あ…

  6. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?

    ウィンブルドンも佳境に入って来ましたね。今夜は、男子シングル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても・・・
  2. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!
  3. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  4. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される
PAGE TOP