テニス メンタル

スマッシュ

高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

高いロブ・・・皆さん、どうですか?

一回落とせば良い、ようなときも多いですが、やっぱりスマッシュはノーバウンドが基本。

でも、これを上手く打てると自信を持って言える人が何人いるでしょうか?

今回は、そんなアナタの贈る、とっておきのコツと考え方をまとめてみます。

 

高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

 


 

1.まず、「簡単ではない」覚悟から

テニスを長くやっている人なら、絶対に分かるはず。

高いロブは、とにかく難しい、スマッシュを打つのが。

滞空時間が長いので、その間に色々と考えるし周囲の期待は高まる、独特の緊張感がありますよね。

この覚悟、しっかり試合前から持っておきましょう。

高いロブは、難しいし緊張する、でも勇気を持って、しっかり打ち切るんだ!という準備、大事です。

 

2.高いロブは、「半端ない加速度」で落下してくる!

一番難しいのは、ココ。

ロブは高ければ高いほど、自分の近くまで落ちて来たときの速度は速い。

これを毎回「同じ」タイミングで待っている人が多過ぎ、なんです。

速い速度で落下してくるから、普通に待っていたら絶対に差し込まれます。

だからこそ、速いタイミングでラケットを上に振り出す。

だいぶ高い打点、しかもラケットの先端、くらいで打つイメージでちょうど良い。

このタイミングの取り方さえ覚えれば、高い軌道のロブも怖く無いはずです。

 

3.高いロブをミスしたら、相手に「逃げ道」を与えてしまう

試合で高い軌道のロブをミスして、失うのは1ポイントじゃない。

きっとシチュエーション的には相手がかなり苦しい状況、から時間を稼ぐために高いロブを上げた場合が多いですよね。

そこを決め切れないと、相手からすると「助かった・・・これからは、コレで良いんだ」となってしまう。

アナタ自身も、せっかく取れたポイントを・・・とうなだれる。

でも、この「取れたポイント」という発想がそもそも間違い。

高いロブの準備、出来ていなかったことに気付いていない。

試合に勝てる選手は、気付いてますよ。

 

このたった一つの技術で、試合は大きく差がついてしまう。

決め切ることが出来ないと、相手は楽になり自分は苦しくなる。

それが、テニスのおける高ーいロブ、の正体です。

速めの振り出し、試合前の覚悟と準備。

当たり前のことですが、しっかりやっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ポーチ
  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  3. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習になっているから

    皆さん、練習の中でスマッシュ練習、どの程度時間を割けていますか?…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「速いサーブを後ろに下がってリターンしている人」は、一度バウンド…
  4. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと
  5. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある
PAGE TOP