ストローク

不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

緊張する試合で、ショットが入らなくなる。

これで不安になって、勝てる相手にも負けてしまうことって、結構ありますよね。

不安になったら、どうするべきか。

私はいつも、シンプルにこの改善策を用意しています。

 

不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

 


 

1.まずサーブ、何をもってもこれが大事

とにかく、試合はサーブ。

サーブさえ調子が良ければ、まず簡単には負けない。

調子が普通でも良い、とにかく「何をやっても入らない・・・」という不安になるのが、一番怖いですよね。

サーブが入らなくなってくると、試合全てに影響が出ます。

不安になって、打ちたくなくなってきたらどうするのか。

良いんです、フォルトしても振り切れば。

とにかく、ラケットをしっかり振り切ってみて、そこから少しずつ修正していけば良いんです。

 

2.振り切るとは、フィニッシュの形までもっていくということ

振り切る、と一言で言っても、その感覚は人それぞれでしょう。

大事なのは、「フィニッシュの形まで、しっかりラケットを移動させる」ということ。

サーブなら、しっかりラケットが最高到達点までいく、伸び上がっている状態までしっかり振る、ということです。

当然、ここに力は要りません。

むしろ脱力することで、振り切るためにラケットが動く。

不安になったら脱力して、ラケットを出来るだけ遠くまでほおり投げるような感じ、でサーブを打つこと。

これで、かなり感覚は戻ると思いますよ。

 

3.もう一つ、フォアハンドも要注意

これも、試合で振れなくなるショットの典型例ですね。

フォアハンドのストロークは自由に打てる分、形が定まりにくいので安定しない。

結果的に探りながら不安になって、試合で打てなくなるケースも多いでしょう。

フォアハンドも、サーブと一緒です。

どういう打ち終わりの形、を作るのかを確認しておくこと。

私なら、肘が顔の前、ラケットの先が軽く背中に触るくらい、までしっかり振る。

これで振ってアウトなら、どの程度アウトかで調整出来る。

小さく、ちまちま調整していこうとするから、不安になって試合で負けてしまうんです。

 

4.打点を前で、振り切ろう!

でも、相手が強いとなかなか振り切れない。

ボールの力に押されてしまいますからね。

ますます不安になってしまう、それを防ぐには、早い準備で打点を前、しかありません。

打点が前であれば、そこから振り切ればテニスでは大抵のショットは入る

サーブならトスアップをネット寄りに、相手方向に向かって上げて、それを打ちにいく。

この基本、調子が悪いときほど大事ですよ。

 

振り切れば、迷いも消えます。

1ポイントは捨てる、くらいの意識で良いでしょう。

調子は、試合の中で必ず戻る、不安も消える。

そういう風な流れを作るのは、アナタ自身です。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 「第1回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

    最近スライスショットをよく使うようになった。理由は簡単。…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう

    「戦術的な話ばっかりで、つまらないテニスはしたくない」というよ…

  4. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い?

    試合の中で、調子が悪いと感じるのはどんな時か?きっとコントロー…

  5. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

    テニスの試合で、強い選手と対戦する。学生や社会人の皆さんも、強…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  3. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!
  4. ダブルス

    ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない
  5. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ
PAGE TOP