テニス サーブ

サーブ

「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・・。

その一つは、ワイドへのサービスです。

「センターに打つのが基本!」と教えられている皆さん、間違いではありません。

でも強い人は、しっかりとワイドのサーブを得意にしています。

今回は、その背景に迫ります。

 

「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

 


 

1.相手をコートの端に動かし、オープンスペースを作ることができる

一番のメリットは、シンプルにこれです。

テニスでは、まずオープンスペースを作って相手を走らせ、後ろに下げさせることが重要。

サーブを安定してワイドのコースに打てれば、それだけ安定して片方のスペースは空き、相手はプレッシャーを受けます。

カバーしようと戻る動きを読んで、再度同じコースを狙っても決まりやすいです。

 

2.浅くなってもOK!相手が取り辛い「低い打点」にできる

スライスサーブは、浅くなってもそれが利点になります。

リターン側の打点を低くすることができれば、攻撃される可能性は低くなり、次に深いボールで効果的に攻撃していくことができます。

これはぜひ、ファーストサーブから狙っていって欲しい技術。

ミックスダブルスでもとても有効なサーブになります。

 

3.狙いやすいセンターへのサーブがより効果的になる

ワイドへの意識を相手に持たせるだけで、センターへのサーブもより効果的になります。

センターへのサーブはスピードを出しやすく、サーバーからの距離も近いので、元々エースになりやすいコースです。

しかしセンターばかりにサーブを集めると、相手も踏み込んで良いリターンで攻撃してくるでしょう。

その踏み込みを抑える為にも、ワイドへの牽制球が絶対に必要なのです。

 

4.ここぞという場面で、サービスエースを狙いやすい

ここぞという場面では、ワイドでエースを狙えるようになりましょう。

特に右利きの方であればデュースサイドで、しっかりスライスサーブを打てること。

フォアが得意、またはバックが苦手なプレイヤーは、フォア側を空けてリターンを待っていますよね。

少しスピードを落とすくらいで問題無いので、遠慮なくエースを狙いましょう。

打てないと、せっかくの機会を損失することになります。

 

5.ワイドへのスライスサーブは習得しやすい技術です

実際に、ワイドへのサーブは難しくありません。

まず、対角線上にあるのでサーブが入る距離が長く、深いサーブが打ちやすい。

さらにスライスサーブは打点を少し落としてでも打てるので、腕が上がりにくい年配の方でも打ちやすいはず。

細かい打ち方は色々ありますが、まずは「難しい」という先入観を捨てて取り組んでみましょう。

きっと有効な打ち方を、アナタ自身で開発できるはずです。

 

試合で強い人は、ここぞという場面で良いサーブが入ります。

その良いサーブ、の背景にはやはり「コースの打ち分け」がベースになってきます。

逆にどんなビックサーバーでも得意なコースが限られていては、相手は試合の後半では返球してきます。

ぜひ、アナタのテニスの中に「ワイドのコースを突いたサーブ」をオプションとして入れてみて下さい。

きっと、ライバルに勝てるようになります。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  3. サーブ

    ダブルスの試合は、後からサーブを打つ選手がしんどくなる件

    ダブルスの試合って、みなさんサーブは「先に打ちたい派」ですか?…

  4. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

    サーブをコントロール出来る自信が無い、というみなさんへ。私が過…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  2. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!
  3. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  4. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  5. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよ…
PAGE TOP