テニス ボレー

メンタル

みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない

昨年くらいに、私の高校の後輩がテニス部を教えているので見に来て欲しい、と言われて行く機会がありました。

練習の後に、試合形式・・・のときに、「ん?」と思うことが。

みんな、すごく気合が入っていて声も出ている、でもそれは「闘志溢れる」プレーには見えない。

そう、私には見えないんですよね。

 

みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない

 

1.大声で相手を威圧しても、何になる?

ポイントが終わるごとに、大声で相手を威圧する。

最近は、ジュニアや学生の試合でも少し控えめになりつつありますが、変わらない光景が全国大会でもある。

ポイント間に大声で威圧しても、それって何になるでしょう?

闘志溢れる試合をしよう、とはまた違うと思うんですよね。

疲れるし、そもそも本当に強い相手にそんな雄たけび、効かないですからね。

 

2.闘志溢れる選手は、いつも「自分自身」と戦っている

もちろん、対戦相手はネットを挟んだ向こう側にいる。

観察もするし、しっかり研究するけど、その次の段階で戦うべきは自分です。

いかに、練習のように打てるのか。

最後までに自分をプッシュ出来るのか。

逃げ出しそうな自分を、凌駕出来るのか。

こういう気持ちで戦っている選手は、相手を大声で威圧したりはしない。

静かに自分と向き合い、ここぞというポイントを獲ったときには自分を褒めてあげるようなガッツポーズ、で表現する。

皆さんの周りの強い人も、こんな感じじゃないですか?

 

3.「やられたらやり返す」は、テニスのプレーで

でも、実際の試合だと、相手からやられると感情的になりますよね。

大声には、大声で応戦したくなる。

でも、そこは発想を変えましょう。

相手が一番悔しいのは、今このテニスの試合で負けること。

これを一番、アナタ自身意識してテニスのプレー、結果でやり返さないとダメ。

いつまで経っても感情の赴くまま、にプレーしているうちは選手としては未熟です。

やられたら、プレーでやり返す。

この意識、試合前からしっかり確認しておきましょうね。

 

闘志溢れるプレー、私も大好きですし試合で必要。

でもそういうプレーって、周りが観ていて「応援したくなる」プレーだと思います。

相手を威圧して、勝っていくような選手を応援したいと思いますか?

アナタ自身、自分の試合を思い出してみて欲しい。

変えるべきところ、に気付いたら変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

    今自分がいる環境、みなさんはどう捉えていますか?「環境は恵まれ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

    自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?…

  3. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

    どうにも、勝てない相手がいる・・・。それは、身内の仲間か、また…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

  5. テニス 練習
  6. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない

    試合に強い選手、それは「緊張した場面で、最高のプレーが引き出せる」よう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
  2. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人
  3. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる
  5. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました
PAGE TOP