テニス 言葉

ダブルス

後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

私は何度も、前衛はなるべくロブを後衛に負かせないで、スマッシュを打つ方が良い、と書いて来ました。

もちろん、これが大前提ですが、やはりポーチに出たりチェンジしたり、で後ろを任せるような場面はありますよね。

この任せ方、に実は強いダブルスペアの秘密がある。

アナタ自身、ちょっとした仕草や動作、で強く変わっていけると思いますよ。

 

後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

 

1.対戦していて、脅威となるペアの雰囲気って?

みなさん、どうでしょうか?

今まで対戦してきて、強かったペア、どんな雰囲気がありましたか?

色々あると思いますが、まずは決断力、じゃないでしょうか。

相手の前衛の判断が早い、打つ、任せる、という部分を、もう自分が打った瞬間に下しているような感じ。

パッとロブを任せて自分はチェンジ、したと思ったら次は迷い無く下がってスマッシュを打たれる。

何かハッキリした作戦があって、それを迷い無く実行されているような感じなると、すごく嫌ですよね。

この前衛のメリハリの効いた動きって、なかなか出来ない人が多いと思います。

 

2.打とうと思ったけど打てない、の繰り返しが一番ダメ

弱いペアの前衛は、こればっかり。

スマッシュを打とうと思ったけど、「やっぱりお願い!」ばっかり繰り返す。

これでは味方の後衛もたまったもんじゃないですよね。

「いや、打たないといけないと思って・・・」という気持ちは分かります。

でも、それだったらやっぱり打たないと。

早めに下がり始めてでも、しっかりスマッシュを打ち切る、ことが何より大事。

このあたり、ペアでしっかり話しておかないからこうなるんです。

「このポイントは、ロブが多いから縦割りでいこう」と、決めておけば迷い無くいける。

後衛も、安易にカバーに走る必要は無いですからね。

 

3.任せる時には、打つ素振りすらしないで良い

前衛が後衛に、上を任せる。

ポーチに出たり、チェンジするような時ですね。

これはもう、パッと任せていきましょう。

打つ素振りすらしない、してしまうと、相手の乗せてしまいますから。

上手く相手にかわされた、と思っても自分にはやるべきことがある。

後衛がカバーに走って、自分は次の返球に備えないといけないですよね。

ハッキリした作戦でパッと動く、その姿勢を相手に見せることが大事なんです。

 

4.落ち込まない、未練を残さない

ラリー中に、前衛がやってはいけないことです。

触れなかった、ロブで抜かれた、こういうことをいちいち気にしていたらきりがない。

結構ロブを打てないで、未練を残しながらプレーしている人が多いのがすごく気になります。

打ちたいなら、しっかりその作戦で挑まないと。

アナタのメンタルって、実は表に出ていると思った方が良い。

落ち込みやすい前衛って、戦っていて実に楽ですよ。

 

雰囲気作りって、大事です。

アナタ自身が、相手にどう見られているのか。

戦いやすい前衛だと思われないために、迷いを断って決断を早くする。

迷い無いプレーの相手、テニスでは本当に嫌ですから。

ダブルスペアで、どう戦うのかを再度、考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると試合に勝てる!

    何だか難しそうなタイトル・・・と思った方、すみません。私の書き方が…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

    ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  6. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?
  4. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?
  5. テニス 練習

    その他

    「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しい…
PAGE TOP