テニス 言葉

ダブルス

後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

私は何度も、前衛はなるべくロブを後衛に負かせないで、スマッシュを打つ方が良い、と書いて来ました。

もちろん、これが大前提ですが、やはりポーチに出たりチェンジしたり、で後ろを任せるような場面はありますよね。

この任せ方、に実は強いダブルスペアの秘密がある。

アナタ自身、ちょっとした仕草や動作、で強く変わっていけると思いますよ。

 

後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

 

1.対戦していて、脅威となるペアの雰囲気って?

みなさん、どうでしょうか?

今まで対戦してきて、強かったペア、どんな雰囲気がありましたか?

色々あると思いますが、まずは決断力、じゃないでしょうか。

相手の前衛の判断が早い、打つ、任せる、という部分を、もう自分が打った瞬間に下しているような感じ。

パッとロブを任せて自分はチェンジ、したと思ったら次は迷い無く下がってスマッシュを打たれる。

何かハッキリした作戦があって、それを迷い無く実行されているような感じなると、すごく嫌ですよね。

この前衛のメリハリの効いた動きって、なかなか出来ない人が多いと思います。

 

2.打とうと思ったけど打てない、の繰り返しが一番ダメ

弱いペアの前衛は、こればっかり。

スマッシュを打とうと思ったけど、「やっぱりお願い!」ばっかり繰り返す。

これでは味方の後衛もたまったもんじゃないですよね。

「いや、打たないといけないと思って・・・」という気持ちは分かります。

でも、それだったらやっぱり打たないと。

早めに下がり始めてでも、しっかりスマッシュを打ち切る、ことが何より大事。

このあたり、ペアでしっかり話しておかないからこうなるんです。

「このポイントは、ロブが多いから縦割りでいこう」と、決めておけば迷い無くいける。

後衛も、安易にカバーに走る必要は無いですからね。

 

3.任せる時には、打つ素振りすらしないで良い

前衛が後衛に、上を任せる。

ポーチに出たり、チェンジするような時ですね。

これはもう、パッと任せていきましょう。

打つ素振りすらしない、してしまうと、相手の乗せてしまいますから。

上手く相手にかわされた、と思っても自分にはやるべきことがある。

後衛がカバーに走って、自分は次の返球に備えないといけないですよね。

ハッキリした作戦でパッと動く、その姿勢を相手に見せることが大事なんです。

 

4.落ち込まない、未練を残さない

ラリー中に、前衛がやってはいけないことです。

触れなかった、ロブで抜かれた、こういうことをいちいち気にしていたらきりがない。

結構ロブを打てないで、未練を残しながらプレーしている人が多いのがすごく気になります。

打ちたいなら、しっかりその作戦で挑まないと。

アナタのメンタルって、実は表に出ていると思った方が良い。

落ち込みやすい前衛って、戦っていて実に楽ですよ。

 

雰囲気作りって、大事です。

アナタ自身が、相手にどう見られているのか。

戦いやすい前衛だと思われないために、迷いを断って決断を早くする。

迷い無いプレーの相手、テニスでは本当に嫌ですから。

ダブルスペアで、どう戦うのかを再度、考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう

    ダブルスの試合、前衛の仕事は相手にプレシャーをかけること。では…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    2人で前の並行陣を相手にしたら、慌てずに真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!

    ダブルスの試合、「並行陣」を相手が繰り出してきたときに、どうするのか。…

  4. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?を考えてみる

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

  5. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー…
  2. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?
  3. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう
  5. その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう
PAGE TOP