テニス ダブルス

スマッシュ

ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。

それは間違いなく、コレでしょう。

ロブに対する動きで味方を騙してばかりの人、本当にペアを組んでもらえなくなりますよ。

 

ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

 


 

1.後衛は前衛を観て判断する、のがダブルス

後衛は前衛が見える。

前衛は後衛が見えない。

この差は、結構大きいんです。

後衛は、前衛が触ろうとしたら任せるし、逆にチェンジと分かったらすぐにカバーに走らないといけない。

そう、前衛が最初に取るアクション、で後衛はプレーを選択していることを、しっかり意識しないとダメです。

 

2.「やっぱやーめた」の後に、チェンジは出来ない

前衛がロブを触ろう、としてやっぱり止める。

それでも後衛はなんとか触って、返球は出来るでしょう。

でもそのときは、どんな陣形かイメージつきますか?

ダブルスなのに片方のサイドに寄って、半分ががら空きになっている状態。

これではもう、返球しても厳しく攻撃されるのは目に見えていますよね。

前衛の判断ミス、はそれだけで自分たちを追い込んでいくのです。

 

■信頼関係を根本から揺るがす問題の種、がコレです

真剣に考えてみれば、この問題は深刻。

だって、一度は自分で触ろうと思ったボールを、人に任せる訳ですから。

ダブルスは、前衛に優先権がある。

優先権があるということは、判断力が問われるということ。

例え、良いスマッシュが打てないにせよ、一度触る素振りを見せたら初志貫徹。

しっかりハイボレー、でも良いので触ることが大事。

こういうプレーが出来るのが、結果的にバランスを保てる、良いダブルスペアなのです。

 

前衛のプレー、迷いがあってはダメ。

失敗しても良いから、ハッキリ思い切った判断でプレーが出来るように。

ロブは、基本的に任せないで自分で打つ!

この基本を意識出来ていれば、きっと良い前衛になれるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 3月22日(金) T-PRESSセミナーを開催します
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ

    スマッシュって難しい。難しいけどちゃんと打てれば攻撃ショットと…

  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

特集記事

  1. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?
  2. その他

    希少種になること、は強くなるということ
  3. テニス メンタル

    その他

    「基本のストロークが出来て、ラリーがつながるようになったら次はボレー」みたいな順…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い
  5. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
PAGE TOP