テニス サーブ

戦術

「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い

良いボールを打っているのに、負けてしまう。

押しているのに、ポイントを落としてしまう。

こういう時に、これに気付けるかどうかが大事です。

誰だって、自分の得意な形、で勝負したいと考えますよね。

ですが、試合の後半にはもう、それって相手にバレてしまっていると思った方が良いです。

 

「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い

 


 

1.気付けば、いつも同じパターンに

なってはいませんか?

試合の中で、自分の攻撃パターン、展開パターン、どの程度あるでしょうか?

自分がよく使うショット、球種って、実はそんなに多くないのかも知れない。

こういう客観的な視点、は大事です。

気が付けば、いつも同じパターンのような展開になっている。

これでは、どんなに良いボールを打っていたとしても、自己満足でしかない。

だって、相手はもうとっくに慣れている訳ですからね。

 

2.得意なボールを打つことで、安心してしまう

私自身も、試合でそうです。

自分が安心したいから、つい得意な形が続いてしまう。

失点しても、「うん、良い形だぞ・・・」と、自分を慰めてしまう。

これでは、試合で勝てるはずもないですよね。

相手からすると、実にやりやすい感じになっているでしょう。

得意なボールを打つこと、は自分の為?

いや、大事なのはそのボールを使って、試合に勝つことです。

 

3.勝負するなら、あえて得意技を外すのも有り

実は、テニスの試合ではこれが効きます。

もちろん、自分の得意なショットで勝負するのも有り、です。

ですが、試合の終盤には、結構バレてます。

「相手は、絶対これで勝負してくるな・・・」と、相手に山を張られているはず。

だったら、その逆で挑む方が私は良いと思いますよ。

ダブルスの場合、私は並行陣が得意ですが、試合の後半ではあえて雁行陣でも勝負に出る。

大事なポイントで、相手が並行陣を警戒して沈めるようなリターン、で来るときに・・・実は、後ろにステイしている。

並行陣だったらナイスなリターンも、雁行陣ならただのアプローチチャンス、ですから。

こうやって駆け引きをしていく道具、に使えると、得意なショットはもっと価値を上げていけるでしょう。

 

4.「打ちたい」気持ちを、コントロールすることが大事

とにかく、これです。

サーブが好き、得意な人は、打つ前に本当に必要なのかを考える。

「打ちたいから、打つ」では、試合に勝てない。

「ここで必要だから、打つ」であれば、主導権を握れる。

私自身、前に出るのが好きなので、どうしても出たい気持ちを抑えられないことはあります。

でも、そういう時ってやはり失点していることが多い。

どこか「考えることを放棄して、得意技に走る」ような感じ、ですからね。

プレーの精度も、低かった。

みなさんも、ここを少し冷静になって見直すだけで、勝てる試合は増えるはずですよ。

 

今、自分はどんなプレーをしたら良いのか。

打ちたいショットは、本当に必要なのか。

この問いかけばかりです、試合中って。

得意あボールで勝負するのは、確かにやりたいこと。

でも、それが打ちのめされるのも、試合では怖いですから。

しっかり冷静に、客観的に、試合では選択していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

  2. テニス ボレー

    戦術

    試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る

    「頼む!出てくれ・・・」と思いながら、相手のボールをスルーして・・・。…

  3. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ

    これから梅雨の時期。テニスの試合会場では、必ず雨で待機・・・と…

  4. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

    試合で「遅いボール」を混ぜること。勇気要りますよね・・・でも、…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い

    試合に勝つために準備していざ試合!となっても、リードを奪ってからの試合…

  6. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

    恐らく、アナタ自身は損している。試合の中で、相手に押されている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  2. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい
  3. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!
PAGE TOP