テニス ボレー

ボレー

ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?

これって、個人差があると思います。

でも、私はこう考えています。

高いと感じるかどうか、それはポジション次第。

上手く自分でメリハリ、を付けられるかどうかが大事です。

 

ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

 

1.ネットから離れれば、それは障害物になる

実際、テニスではネットは障害物。

これを超えて、相手のコートに入れないといけない。

もちろん、横から通過させるポール回し、のような技術もありますが、基本は上を通過させますよね。

この通過させる、というのがテニスではプレッシャーになる。

特に、ボレーを打つ場面ではみなさんどうでしょうか。

結構、細かいコントロールが求められると思いませんか?

ネットから離れれば、ボレーを打つときにもこの障害物のプレッシャーはすごい、のがテニスです。

 

2.ネットから近いと、それは逆に味方になる

自分の足元、を隠せますよね。

ネットにスレスレ、まで近づくことが出来れば、ネットは自分の味方のようなもの。

相手からのショット、から足元を守ってくれる。

自分はネットを超えてきたボール、をしっかり上からボレーすれば良いだけ。

こう考えると、ネットプレーも楽になる。

当然、ロブが怖いじゃないかという話になりますが、相手によってはロブが無いような場面、もありますから。

しっかり自分で、メリハリを付ける。

ネットのプレッシャーを感じないように前に詰める、その次はそのポイントを利用してロブを上げさせてスマッシュを打つ。

ネットとは上手く付き合う、ことがテニスでは大事です。

 

3.ネットを超えないといけない、というプレッシャーに負けないように

これも、実際試合では感じますよね。

特に、サーブ&ボレーのファーストボレーでしょうか。

しっかり打ちたいけど、まずネットを超えないといけない、それから伸び過ぎてアウトしないように、加減もしないと・・・というのが、テニスでは難しい。

これを克服するには、しっかりネットの上に目標を作ること。

それから、ボールに回転をかけたボレー、スライス回転を意識すること、が大事だと思います。

 

4.良いスライスボレーは、コートに収まってくれる

フラットなボレーって、アウトが多い。

でも、良いスライスはボールがしっかりと失速して、コートに収まってくれるんですよね。

ボレーで、スライス回転をかけてみる、ことは大事です。

つい、ネットを超えたいと思うとフラット気味の、置きにいくようなボレーになってしまいがちですよね。

こういうボレーは、緊張した場面ではコントロール出来ない、アウトしてしまう。

ネットを超えるプレッシャー、に打ち勝つには、良いスライス回転を上からかけること。

このコツをつかめるように、しっかり練習してみて下さい。

 

ネットを超えて、コートに収まるボレー。

それを回転をかけて、しっかり打つイメージ、をしっかり養って欲しい。

そして、ネットはいつでも自分の味方のイメージで。

超えないといけない、と自分を追い込み過ぎるのも、損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  2. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

    ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、…

  6. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと

    ネットプレーがなかなか安定しない、ボレーが苦手・・・。そういう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス シングルス

    サーブ

    テニスの試合のサーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想だと思…
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ
  4. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・…
  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
PAGE TOP