テニス ボレー

ボレー

ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?

これって、個人差があると思います。

でも、私はこう考えています。

高いと感じるかどうか、それはポジション次第。

上手く自分でメリハリ、を付けられるかどうかが大事です。

 

ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

 


 

1.ネットから離れれば、それは障害物になる

実際、テニスではネットは障害物。

これを超えて、相手のコートに入れないといけない。

もちろん、横から通過させるポール回し、のような技術もありますが、基本は上を通過させますよね。

この通過させる、というのがテニスではプレッシャーになる。

特に、ボレーを打つ場面ではみなさんどうでしょうか。

結構、細かいコントロールが求められると思いませんか?

ネットから離れれば、ボレーを打つときにもこの障害物のプレッシャーはすごい、のがテニスです。

 

2.ネットから近いと、それは逆に味方になる

自分の足元、を隠せますよね。

ネットにスレスレ、まで近づくことが出来れば、ネットは自分の味方のようなもの。

相手からのショット、から足元を守ってくれる。

自分はネットを超えてきたボール、をしっかり上からボレーすれば良いだけ。

こう考えると、ネットプレーも楽になる。

当然、ロブが怖いじゃないかという話になりますが、相手によってはロブが無いような場面、もありますから。

しっかり自分で、メリハリを付ける。

ネットのプレッシャーを感じないように前に詰める、その次はそのポイントを利用してロブを上げさせてスマッシュを打つ。

ネットとは上手く付き合う、ことがテニスでは大事です。

 

3.ネットを超えないといけない、というプレッシャーに負けないように

これも、実際試合では感じますよね。

特に、サーブ&ボレーのファーストボレーでしょうか。

しっかり打ちたいけど、まずネットを超えないといけない、それから伸び過ぎてアウトしないように、加減もしないと・・・というのが、テニスでは難しい。

これを克服するには、しっかりネットの上に目標を作ること。

それから、ボールに回転をかけたボレー、スライス回転を意識すること、が大事だと思います。

 

4.良いスライスボレーは、コートに収まってくれる

フラットなボレーって、アウトが多い。

でも、良いスライスはボールがしっかりと失速して、コートに収まってくれるんですよね。

ボレーで、スライス回転をかけてみる、ことは大事です。

つい、ネットを超えたいと思うとフラット気味の、置きにいくようなボレーになってしまいがちですよね。

こういうボレーは、緊張した場面ではコントロール出来ない、アウトしてしまう。

ネットを超えるプレッシャー、に打ち勝つには、良いスライス回転を上からかけること。

このコツをつかめるように、しっかり練習してみて下さい。

 

ネットを超えて、コートに収まるボレー。

それを回転をかけて、しっかり打つイメージ、をしっかり養って欲しい。

そして、ネットはいつでも自分の味方のイメージで。

超えないといけない、と自分を追い込み過ぎるのも、損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

    これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。もち…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

    ネットプレーの大敵は、ロブだけじゃない。強い相手は、確実にショ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    前衛同士のビビらせ合い、に負けないように
  2. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている
  3. 日々の雑記

    ご質問頂いた件につきまして
  4. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
PAGE TOP