テニス ボレー

ボレー

ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?

これって、個人差があると思います。

でも、私はこう考えています。

高いと感じるかどうか、それはポジション次第。

上手く自分でメリハリ、を付けられるかどうかが大事です。

 

ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

 


 

1.ネットから離れれば、それは障害物になる

実際、テニスではネットは障害物。

これを超えて、相手のコートに入れないといけない。

もちろん、横から通過させるポール回し、のような技術もありますが、基本は上を通過させますよね。

この通過させる、というのがテニスではプレッシャーになる。

特に、ボレーを打つ場面ではみなさんどうでしょうか。

結構、細かいコントロールが求められると思いませんか?

ネットから離れれば、ボレーを打つときにもこの障害物のプレッシャーはすごい、のがテニスです。

 

2.ネットから近いと、それは逆に味方になる

自分の足元、を隠せますよね。

ネットにスレスレ、まで近づくことが出来れば、ネットは自分の味方のようなもの。

相手からのショット、から足元を守ってくれる。

自分はネットを超えてきたボール、をしっかり上からボレーすれば良いだけ。

こう考えると、ネットプレーも楽になる。

当然、ロブが怖いじゃないかという話になりますが、相手によってはロブが無いような場面、もありますから。

しっかり自分で、メリハリを付ける。

ネットのプレッシャーを感じないように前に詰める、その次はそのポイントを利用してロブを上げさせてスマッシュを打つ。

ネットとは上手く付き合う、ことがテニスでは大事です。

 

3.ネットを超えないといけない、というプレッシャーに負けないように

これも、実際試合では感じますよね。

特に、サーブ&ボレーのファーストボレーでしょうか。

しっかり打ちたいけど、まずネットを超えないといけない、それから伸び過ぎてアウトしないように、加減もしないと・・・というのが、テニスでは難しい。

これを克服するには、しっかりネットの上に目標を作ること。

それから、ボールに回転をかけたボレー、スライス回転を意識すること、が大事だと思います。

 

4.良いスライスボレーは、コートに収まってくれる

フラットなボレーって、アウトが多い。

でも、良いスライスはボールがしっかりと失速して、コートに収まってくれるんですよね。

ボレーで、スライス回転をかけてみる、ことは大事です。

つい、ネットを超えたいと思うとフラット気味の、置きにいくようなボレーになってしまいがちですよね。

こういうボレーは、緊張した場面ではコントロール出来ない、アウトしてしまう。

ネットを超えるプレッシャー、に打ち勝つには、良いスライス回転を上からかけること。

このコツをつかめるように、しっかり練習してみて下さい。

 

ネットを超えて、コートに収まるボレー。

それを回転をかけて、しっかり打つイメージ、をしっかり養って欲しい。

そして、ネットはいつでも自分の味方のイメージで。

超えないといけない、と自分を追い込み過ぎるのも、損ですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察…
  2. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ
  3. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイン…
  4. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
  5. 練習メニュー

    練習で成果を出すには、何が必要?
PAGE TOP