スマッシュ

スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ

人って、気付かないうちに狙うところ、が決まっていく。

習慣や癖、のようなものって、なかなか気付かないことが多いんですよね。

テニスにおいても、そういうのは多い。

ミス、が多い人は自分の狙い所がおかしいだけ、かも知れない。

と気付くことが、全ての始まりです。

スマッシュ、なんてまさにその要素が大きいと思いますよ。

 

スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ

 


 

1.知らず知らずのうちに・・・

スマッシュは、決めたい、確実にポイントにしたい。

そう考えているうちに、視野が狭くなってしまう人は多いでしょう。

例えばダブルスで、いつもスマッシュをネットミスしてしまう人は「相手の前衛を狙う癖」が付いていることが多い。

何となく、前にいる相手を狙った方が決まりやすそう、な感じしますからね。

でも、これってかなり危険だと思います。

前衛を狙うということは、下方向にスマッシュを打つということ。

入る可能性が低いですし、実際に入ったとしても・・・カウンターが怖いと思いませんか?

それに、なんだかぶつけるのも申し訳ない、顔面に当たったらどうしよう、という迷いも拭いきれない。

 

2.前衛は、守備に専念している

スマッシュを相手の前衛に打って、でも、まさかの返球が返って来る。

こういう経験、試合で一度や二度じゃないはずです。

相手前衛は、スマッシュを打たれる瞬間は守備に徹してますからね。

ラケットを出せば、それに当たって返球されるかもしれない。

こっちはスマッシュを打っている、態勢がかなり崩れているところにカウンターを喰らうような感じのポイントになる恐れもある。

こう考えると、前衛を狙うのって怖いですよ。

入る可能性も低いし、入ってもカウンターが怖い。

なので狙うべきは、後衛やセンター、ですね。

 

3.やはりセンターにスマッシュ、が手堅い作戦

私もいつも、基本はこれです。

ダブルスなら、相手がどんな陣形でいようが、2人の真ん中を狙う。

気持ち的にも楽ですし、多少ずれてもコートには入る。

どちらかの選手が触って返して来ても、センターからですからそう厳しいロブやパッシングショットは来ないでしょうから。

センターにスマッシュ、深めで良い。

コントロール重視で、いきましょうよ。

それが、スマッシュミスを減らす一番のコツです。

 



 

4.後衛を走らせるスマッシュ、もGOOD

もう一つ、スライス回転をかけて後衛を走らせるスマッシュもお勧めです。

難しいと感じるかもしれませんが、スライスサーブのようなものだと思えれば楽に打てます。

サーブよりも、インになるスペースは広いですからね。

遅いスマッシュでも、バウンドしてから滑ってくれるので、相手は拾いにくいはず。

前衛を狙ってネットミス、が怖いなら後衛を走らせるスマッシュでいきましょう。

その方が、より実戦的ですよ。

 

5.お勧めの練習法

2対2、のダブルスの形式でいきましょう。

あるペアは2人で並行陣、2人共前のポジションで、その相手は2人ともにベースライン。

2バックの後ろ並行陣を作って、この相手をスマッシュでどう崩していくのか、を練習してみましょう。

当然、1発のスマッシュではなかなか決まりません。

でも、この2バックの陣形からスマッシュでポイントが取れるようになると、無理に前衛を狙う必要は無くなるんですよね。

じっくり、相手のセンターを突く、走らせる、を繰り返しながらジワジワ追い詰めていきましょう。

スマッシュ側の安定感、粘る練習になるように、2バックの側は深いロブをひたすら上げる、浅くなったら反撃する。

上のレベルのダブルスペアでもよくやる練習ですので、ぜひトライしてみて下さいね。

 

スマッシュのコース、これは本当に難しい。

でも、焦って決めようとした時には、大抵ネットミスになっているはず。

後衛を狙うくらい、の余裕を持ちましょうよ。

スマッシュで相手に優位性を渡さなければ、それで良い。

ぜひ、意識して取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

    テニスのショットは、パワーよりもコースで勝負。特に学生の皆さん…

  3. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

    この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。テニスのショット…

  5. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  2. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  5. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう
PAGE TOP