テニス サーブ

スマッシュ

ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

スマッシュを打つときに緊張したり、狙い過ぎてしてしまう方。

これ、必ずあるコツで直せます。

「そんなの無理だよ!」と思わず、気楽な感じで実践してみて下さい。

きっと、世界が変わるくらい、スマッシュが楽になると思いますよ。

 

ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

 


 

1.ロブが上がったら、すぐに目線を上げない!

まず、相手を見る。

つい、ロブを打たれたら「やばい!」と思って上を見る癖、あると思います。

でもそうじゃなくて、まず相手を見て、立ち位置を確認する。

そしてその後に、リラックスしながら上を見る。

もちろん、相手コートを見ながらもフットワークを使って、後ろに下がり始めておく。

この動作さえ出来ていれば、振り遅れることは無いでしょう。

下がる動作と、相手コートをパッと見て打つイメージを湧かせておく。

これが本当に、スマッシュ上手な人の考え方なんですよね。

 

2.緊張感がほぐれるし、自分が楽になれる

イメージしてみて下さい。

今までは、ロブが上がってすぐに上を見る、だから相手が見えない。

見えないから不安になる、だから情報を得ないといけない。

緊張感をほぐして、しっかり自分で楽になる。

慌てないそぶり、を最初はしているだけに思うかもしれませんが、行動を変えれば意識が変わる。

不思議と、本当に余裕が生まれてくるようになると思いますよ。

まずは自分で変えてみる、のが大事です。

 

3.狙いが定まると、迷いが消える

スマッシュミス、一番多いのは迷いが原因となっている部分。

とにかく、最後までコースが決まらない、打ちながらも気持ちが晴れていない人が多い。

こういう人にこそ、このコツは使えます。

ロブが上がったら、まず相手コートを見る、自分が打つコースを見定める。

後は、迷い無く振っていく。

下がりながらなら、絶対にコレが出来るはずです。

 

4.焦る必要は無いし、時間はある

ロブが上がって、落ちて来るまで。

焦る必要は全く無いと思いますよ。

しっかり下がって、決断して、打てる時間はアナタ自身にある。

そう考えて、目線の配り方を考えてみましょう。

自分で追い込んでしまう人、はスマッシュミスが多い。

焦る自分を変えるという意味でも、視界って大事ですよ。

ぜひ、練習からこの目線の順序、意識してみて下さい。

 

上手くなってからやる、のでは発想からしてダメ。

やるから上手くなるし、必死で喰らい付いていけるんです。

スマッシュをリラックス、して打ちたいなら目線を変える。

このコツ、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を意識しよう!

    スマッシュのときの動作、ほとんどの人が「大き過ぎ」る気がします。…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

    明らかにチャンス、なスマッシュの場面。こういうときって、逆に打…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  6. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  2. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく
  5. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事
PAGE TOP