テニス サーブ

スマッシュ

ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

スマッシュを打つときに緊張したり、狙い過ぎてしてしまう方。

これ、必ずあるコツで直せます。

「そんなの無理だよ!」と思わず、気楽な感じで実践してみて下さい。

きっと、世界が変わるくらい、スマッシュが楽になると思いますよ。

 

ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

 


 

1.ロブが上がったら、すぐに目線を上げない!

まず、相手を見る。

つい、ロブを打たれたら「やばい!」と思って上を見る癖、あると思います。

でもそうじゃなくて、まず相手を見て、立ち位置を確認する。

そしてその後に、リラックスしながら上を見る。

もちろん、相手コートを見ながらもフットワークを使って、後ろに下がり始めておく。

この動作さえ出来ていれば、振り遅れることは無いでしょう。

下がる動作と、相手コートをパッと見て打つイメージを湧かせておく。

これが本当に、スマッシュ上手な人の考え方なんですよね。

 

2.緊張感がほぐれるし、自分が楽になれる

イメージしてみて下さい。

今までは、ロブが上がってすぐに上を見る、だから相手が見えない。

見えないから不安になる、だから情報を得ないといけない。

緊張感をほぐして、しっかり自分で楽になる。

慌てないそぶり、を最初はしているだけに思うかもしれませんが、行動を変えれば意識が変わる。

不思議と、本当に余裕が生まれてくるようになると思いますよ。

まずは自分で変えてみる、のが大事です。

 

3.狙いが定まると、迷いが消える

スマッシュミス、一番多いのは迷いが原因となっている部分。

とにかく、最後までコースが決まらない、打ちながらも気持ちが晴れていない人が多い。

こういう人にこそ、このコツは使えます。

ロブが上がったら、まず相手コートを見る、自分が打つコースを見定める。

後は、迷い無く振っていく。

下がりながらなら、絶対にコレが出来るはずです。

 

4.焦る必要は無いし、時間はある

ロブが上がって、落ちて来るまで。

焦る必要は全く無いと思いますよ。

しっかり下がって、決断して、打てる時間はアナタ自身にある。

そう考えて、目線の配り方を考えてみましょう。

自分で追い込んでしまう人、はスマッシュミスが多い。

焦る自分を変えるという意味でも、視界って大事ですよ。

ぜひ、練習からこの目線の順序、意識してみて下さい。

 

上手くなってからやる、のでは発想からしてダメ。

やるから上手くなるし、必死で喰らい付いていけるんです。

スマッシュをリラックス、して打ちたいなら目線を変える。

このコツ、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  2. テニス ポジショニング
  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

    スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。試合で、なかなか入…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い

    スマッシュ力の、強化。これは、みなさんにとって大きな課題じゃな…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  6. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプ…
  3. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ
  4. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
  5. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ
PAGE TOP