テニス メンタル

戦術

「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

テニス選手としての頭の良さ。

これって、皆さんはどんなところに感じることがありますか?

私は、こんなときに感じます・・・というのを、改めてまとめてみました。

こういう相手には、皆さん要注意です。

 

「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

 


 

1.序盤に自分から崩れない

試合の序盤、の大切さを強い選手はよく知っている。

頭が良い選手は、このあたりの戦い方はよく分かっている。

対戦していて、序盤にミスが少ない選手は戦い辛い。

戦い辛い、というメッセージを相手に送ることは、最大のプレッシャーになるはずです。

 

2.同じやられ方をしない

試合は短期決戦。

同じやられ方をしていると、あっという間に勝負はついてしまいます。

相手に同じやられ方をしてしまう、ことに危機感を持っている選手は強い。

頭が良い、というのはつまり客観的ということ。

同じやられ方をしない、効かない相手とは長い戦いを覚悟しましょう。

 

3.プレーに根拠がある

何を考えているか分からない相手も嫌ですが、しっかり意志がある相手も戦い辛い。

プレーに根拠がある選手は、いつの間にか自分もプレッシャーに感じてしまう。

「ここを狙われているな・・・」と感じると、ついケアしてしまって逆が空く。

頭の良い選手は、相手が考えていることもしっかり把握出来る。

相手に全てを悟られているような経験、皆さんも経験ありませんか?

 

4.ポイント毎にプレーを分けて実行出来る

テニスは全て、ポイントシチュエーションがある。

0-40と40-0、当然戦い方は違いますよね。

このあたり、しっかり使い分けて攻撃と守備が出来る人、は頭が良い。

というより・・・粘り強いんですよね。

0-40で負けていても、しぶとく挽回出来るプレーを持っている、のですから。

 

5.感情でプレーしない

全ては、客観的に。

情報を整理して、しっかり実行出来る。

もちろん勝ちたい気持ちはあるでしょうけど、しっかり自分をコントロール出来る。

だからこそ、強いんですよね。

頭が良い選手は、優先順位をしっかり付けている。

感情でプレーして、良いことは無いと知っているのです。

 

頭が良い選手、は技術よりも大事なことを知っている。

そしてそれは、誰にでも出来る「可能性」はあるということ。

いや、実際は・・・実行することが難しいことばかり、だと思いますけどね。

頭が良い選手って、どこか低く見られがちじゃないですか?

強烈なサーブやストロークは無いし、体格も小さい・・・からこそ。

みんなその選手に、やられていくのです。

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

    試合の中で、苦しい場面。みなさんは、それはどんな時だと思います…

  2. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう

    試合の中で、アナタ自身が苦しい時。追い詰められている時って、こ…

  4. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

  5. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?

    「え?そんなとこまで、見るの?」と思う方も、多いでしょう。私は…

  6. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう

    テニスの試合の中で、必要な考え方。特に「自分はチャンスに弱い・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・…
  2. テニス 雨

    メンタル

    雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ
  3. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
  4. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています
PAGE TOP