テニス メンタル

戦術

「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

テニス選手としての頭の良さ。

これって、皆さんはどんなところに感じることがありますか?

私は、こんなときに感じます・・・というのを、改めてまとめてみました。

こういう相手には、皆さん要注意です。

 

「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

 


 

1.序盤に自分から崩れない

試合の序盤、の大切さを強い選手はよく知っている。

頭が良い選手は、このあたりの戦い方はよく分かっている。

対戦していて、序盤にミスが少ない選手は戦い辛い。

戦い辛い、というメッセージを相手に送ることは、最大のプレッシャーになるはずです。

 

2.同じやられ方をしない

試合は短期決戦。

同じやられ方をしていると、あっという間に勝負はついてしまいます。

相手に同じやられ方をしてしまう、ことに危機感を持っている選手は強い。

頭が良い、というのはつまり客観的ということ。

同じやられ方をしない、効かない相手とは長い戦いを覚悟しましょう。

 

3.プレーに根拠がある

何を考えているか分からない相手も嫌ですが、しっかり意志がある相手も戦い辛い。

プレーに根拠がある選手は、いつの間にか自分もプレッシャーに感じてしまう。

「ここを狙われているな・・・」と感じると、ついケアしてしまって逆が空く。

頭の良い選手は、相手が考えていることもしっかり把握出来る。

相手に全てを悟られているような経験、皆さんも経験ありませんか?

 

4.ポイント毎にプレーを分けて実行出来る

テニスは全て、ポイントシチュエーションがある。

0-40と40-0、当然戦い方は違いますよね。

このあたり、しっかり使い分けて攻撃と守備が出来る人、は頭が良い。

というより・・・粘り強いんですよね。

0-40で負けていても、しぶとく挽回出来るプレーを持っている、のですから。

 

5.感情でプレーしない

全ては、客観的に。

情報を整理して、しっかり実行出来る。

もちろん勝ちたい気持ちはあるでしょうけど、しっかり自分をコントロール出来る。

だからこそ、強いんですよね。

頭が良い選手は、優先順位をしっかり付けている。

感情でプレーして、良いことは無いと知っているのです。

 

頭が良い選手、は技術よりも大事なことを知っている。

そしてそれは、誰にでも出来る「可能性」はあるということ。

いや、実際は・・・実行することが難しいことばかり、だと思いますけどね。

頭が良い選手って、どこか低く見られがちじゃないですか?

強烈なサーブやストロークは無いし、体格も小さい・・・からこそ。

みんなその選手に、やられていくのです。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です

    皆の普段の練習メニューはどんな感じだろう。ボール出し練習も入れ…

  2. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  3. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる

    みなさんも、上のレベルの試合になると痛感しているはずです。失点…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

  6. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本
  2. テニス知識

    何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない
  4. その他

    何の代償も無く、強くはなれない
  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません…
PAGE TOP