テニス メンタル

戦術

「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

テニス選手としての頭の良さ。

これって、皆さんはどんなところに感じることがありますか?

私は、こんなときに感じます・・・というのを、改めてまとめてみました。

こういう相手には、皆さん要注意です。

 

「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

 


 

1.序盤に自分から崩れない

試合の序盤、の大切さを強い選手はよく知っている。

頭が良い選手は、このあたりの戦い方はよく分かっている。

対戦していて、序盤にミスが少ない選手は戦い辛い。

戦い辛い、というメッセージを相手に送ることは、最大のプレッシャーになるはずです。

 

2.同じやられ方をしない

試合は短期決戦。

同じやられ方をしていると、あっという間に勝負はついてしまいます。

相手に同じやられ方をしてしまう、ことに危機感を持っている選手は強い。

頭が良い、というのはつまり客観的ということ。

同じやられ方をしない、効かない相手とは長い戦いを覚悟しましょう。

 

3.プレーに根拠がある

何を考えているか分からない相手も嫌ですが、しっかり意志がある相手も戦い辛い。

プレーに根拠がある選手は、いつの間にか自分もプレッシャーに感じてしまう。

「ここを狙われているな・・・」と感じると、ついケアしてしまって逆が空く。

頭の良い選手は、相手が考えていることもしっかり把握出来る。

相手に全てを悟られているような経験、皆さんも経験ありませんか?

 

4.ポイント毎にプレーを分けて実行出来る

テニスは全て、ポイントシチュエーションがある。

0-40と40-0、当然戦い方は違いますよね。

このあたり、しっかり使い分けて攻撃と守備が出来る人、は頭が良い。

というより・・・粘り強いんですよね。

0-40で負けていても、しぶとく挽回出来るプレーを持っている、のですから。

 

5.感情でプレーしない

全ては、客観的に。

情報を整理して、しっかり実行出来る。

もちろん勝ちたい気持ちはあるでしょうけど、しっかり自分をコントロール出来る。

だからこそ、強いんですよね。

頭が良い選手は、優先順位をしっかり付けている。

感情でプレーして、良いことは無いと知っているのです。

 

頭が良い選手、は技術よりも大事なことを知っている。

そしてそれは、誰にでも出来る「可能性」はあるということ。

いや、実際は・・・実行することが難しいことばかり、だと思いますけどね。

頭が良い選手って、どこか低く見られがちじゃないですか?

強烈なサーブやストロークは無いし、体格も小さい・・・からこそ。

みんなその選手に、やられていくのです。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

  2. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

    テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット…

  3. 戦術

    相手の走力と、走る意欲を確認しよう

    相手によって、一番違うもの。それは、私は走力だと思います。…

  4. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?

    テニスで有効な攻撃。これが出来る場所、に自分がしっかり立ててい…

  5. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。…

  6. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です

    テニスの試合、ついチャンスを決め急いでしまう人。どこか、ラリー…

コメント

    • 一ノ瀬さん
    • 2019年 4月 17日

    とてもテニスの勉強になりました。
    まだまだいろんな記事書き続けてください。

      • tomita
      • 2019年 4月 18日

      ありがとう御座います。これからも記事更新、頑張ります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる
  3. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「女性に強く打てない…」と感じている男性がいれば、それ…
PAGE TOP