戦術

悔しいけど、型を覚えないと

私は昔から、将棋が大好きでして。

だから何だという話なんですが、もともと将棋の対局を見ることが好きだったんです。

自分で指すことはほとんどしたことが無かったんですが、このコロナ禍で自分でもやってみたくなり、まずはオンラインで対戦できるアプリで遊んでみることに。

これが…本当に色々な発見がありました。

そこで感じたのは、「テニスに似てるな」ということ。

今回はその感想について、まとめてみたいと思います。

なぜ、テニスに似ているのか?

将棋が、なぜテニスに似ているのか。

それは、相手と1手ずつ、順番に刺していくという点。

自分が2回連続で刺すこと、駒を動かすことはできないし、味方にパスをするようなことも出来ない。

ただひたすらに、相手の次は自分、次は相手、と続いていく。

こういうリズムの中で、自分の攻撃の準備をしないといけないし、守備の陣形を整えないといけない。

そしてもう1つ、大事な共通点は「セオリーをしっかり学ぶことがポイント」という点です。

守備は型を覚えないと勝てない

最初は何となくでも、勝ててしまうんです。

でも相手のレベルが上がってくると、思うように勝てない。

自分が攻めていても、どこかのタイミングで守勢になるとあっという間に崩されてしまう。

「何でだろう…まぁ、良いか」と思って次の試合をやると、また負けてしまう。

その繰り返しの中で、改めて気づいたんです。

「守りの型が無いから、負けるんだ」と。

これってテニスも一緒だと思います。

攻撃はある程度感覚でも何とかなりますが、守備はそうはいかない。

セオリー、将棋で言えば「囲い方」を覚えないと戦えないんです。

でもなかなか、これをしっかり学ぼうとは思えないんですよね、面倒ですし。

面倒だからこそ、価値がある

私も、本当面倒でした。

将棋の守備のセオリー、囲い型はそれこそ何種類もあって、相手に応じて変えないといけない。

そんなの面倒でやってられない、このまま感覚で良いやとおもいたくなるじゃないですか。

でも、ここが面倒だからこそ、チャンスなんですよね。

テニスもそうじゃ無いですか。

T-PRESSでも色々と発信してきましたが、それでもちゃんと学ぼう、本気でやろうと思う人はかなり少数派。

「まぁそうだよね、大事だよね」と読んだふり、見たふり、学んだふり、で終わってしまうのが普通なんです。

私は将棋の囲い方を学んで、初めて感じましたよ。

テニスでも、守り方って大事だな…本気で学ぶって、価値のあることなんだなと。

そしてもっと、みなさんにしっかり強くなってもらうにはどうすれば良いのか。

将棋を通じても、貪欲に学んでいきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる

    テニスのスコアの数え方って面白い。スーパーショットでポイント取…

  2. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

    テニスの試合って、引き訳が無い。究極、勝ちか負け、しかありませ…

  3. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

    アナタが出場する試合。そこで考えないといけないのは、「いかに強…

  4. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

  5. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

    よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。…

  6. 戦術

    アナタ自身の武器、が生まれる瞬間とは?

    「あの人みたいな、武器が欲しい」そう思う方、みなさんの周りに…

コメント

    • 田中
    • 2021年 6月 29日

    刺す
    ではなく
    指す
    です。

      • tomita
      • 2021年 7月 05日

      ご指摘ありがとうございます。
      大変失礼いたしました。
      お詫びして訂正させて頂きます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  4. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
PAGE TOP