練習メニュー

上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

テニスの上達において、本当に必要なものは何なのか。

極論を言えば、それは「自分自身で、上達していく力を付ける」ことだと思います。

ですが残念なことに、日本ではスポーツは「教えられるもの、習うもの」という習慣や考え方が強い。

確かに基本は大事ですが、その先に進めるかどうかは、自分自身で問題を解決していけるかどうかが大事。

その為に必要なのは、「本質を見極める力」です。

 

上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

 


 

■「教えられている」うちは、いつまで経っても枠を超えられない

テニスを習う、教わるという姿勢はとても大切。

ですがどんなに優秀な先生、コーチであっても、それはその人の一意見である、という感覚は大事だと私は思います。

アナタ自身の抱えている課題、問題を解決する為の提案ではあっても、それが最良の選択肢とは限らない。

それに、下手すると狭いテニス観の中に自分を閉じ込めてしまうリスクだってある。

テニスを教わっているうちは、その枠を超えていくことが難しいのです。

 

■自分で考える環境は、自分で創り出さないといけない

気が付けば、もしかしたら僕らはすごく恵まれた環境にいるのかも知れない。

テニスが出来る環境、仲間や先生、コーチもいて試合も出来る。

でも「整った環境」では、「自分で何かを創り出す」という文化が生まれ辛い。

考えて工夫しようと思っても、まぁ今で充分かと思ってしまう。

このことに気付けるかどうかは、特に学生の皆さんにとっては大きい。

「満たされない」という気持ちこそ、物事の本質を見極めるうえで大事な要素になります。

 

■「問題の本質を見極める力」とは何か?

たくさんある課題、問題の本質を見極める。

つまりは、色々発生してくる問題の根源を見つけるということ。

自分の中で、とことん「なぜ?」を繰り返してみて下さい。

「バックハンドが安定しないのはなぜだろう?」

「練習で得意なフォアハンドばっかり使ってしまっている、のはなぜだろう?」

「失敗をしたくない自分がいる、どうすれば変えられるだろう?」

「チャレンジしていく大切さを、理解出来ていないのではないか?」

「そういえば昔、チャレンジして失敗して痛い目に遭ったから、それがトラウマかも・・・」

こういった根源を見つけていく、というのもアナタ自身の力です。

誰も手助けは出来ませんので、アナタ自身でやるしかないのです。

 

自分には必ず、「ルーツ」があると思って下さい。

今アナタが実践しているテニス、細かい技術や戦術、考え方にも必ず何かの理由と背景がある。

そう考えると、行動のベースになっている部分が、問題の本質かも知れませんね。

一度立ち止まって、テニスを始める前の自分についても考えてみる。

「あ、自分ってこんなことあったよな・・・」と思い出すこと、大事だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. その練習を、疑おう
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

    普段の部活や練習の中で、「ポイント練習」をする機会も多いと思います。…

  2. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

  4. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー

    ダブルスの試合、レベルが上がってくると4人全員がネットに出る、4アップ…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

特集記事

  1. テニス ハードコート

    ボレー

    オムニコートで滑るボレー、次に対応出来ますか?
  2. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合中にメンタルの乱れを防ぐ、「考えろ・・・」という指示出しのポーズを自分で作っ…
  4. メンタル

    相手の前衛にビビらない、そんな自分イメージ出来る?
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう
PAGE TOP