テニス 上達

戦術

アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる

試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。

それは、対戦相手によって変わってくる部分が大きい。

自分のテニスに固執しないで、少し楽に構えておく位でちょうど良い。

試合に勝てる選手は、自分を苦しめるような考え方はしないのが基本です。

 

アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる

 


 

1.自分で考える強み、弱みって・・・?

色々ありますよね。

ストロークが得意、ボレーが苦手、サーブが入らない、体力勝負には自信がある・・・などなど。

でもそれって、相手によって変わってくると思いませんか?

体力に自信があっても、相手がそれ以上だったら武器にならない。

ボレーが苦手でも、相手がドロップ系のショットを打って来なければずっと後ろでストロークを打つことも出来る。

自分で強みや弱みを決めつける、ことってテニスでは危険だし損な話です。

 

2.相手の強さを抑えて、弱みを引き出すために

相手ありきで考えると、まず強みを抑える。

ストロークが得意なら戦う場を変えるし、サーブが強力なら下がってまずは山なりのリターンで返球してみる、のが有効でしょう。

弱みを引き出すには、何が出来ますか?

まずは「弱い部分」を探る為に、一通りのショットを相手に打たせないと始まらない。

だからこそ、アナタには「オールラウンドなテニス」が求められるんです。

相手からエースを奪うショット、ではなく動かすショット。

ポイントを獲る、よりも相手に色々とやってもらうようなテニスが出来ると、自然と弱い部分も露呈してくるでしょう。

 

3.強みは弱みにもなり、弱みは強みにもなる

強みと弱みは、いつでも表裏一体です。

アナタが自分で弱い、と思っている部分はいつでも強みに代わる。

私はサーブがずっと苦手で、ダブルフォルトが怖い時期がありました。

そんな時期にはゆっくりでも良いからとにかくファーストサーブを入れる、ことに徹していた。

結果的にそれがダブルスでも前衛を活かすことになり、サーブはとにかく「入る」自信は付いたので、楽にラリー戦を戦えるようになった。

弱いと思っていた部分をカバーする、変えることで、それが強みになることはよくあります。

アナタ自身、このことは覚えておいて欲しいポイントです。

 

試合の中で、対戦相手とどう向き合うのか。

試合の序盤で、自分の強み、弱みが変わっていくことを受け入れる。

それが出来れば、本当の意味でテニスに粘りが生まれます。

柔軟に、しっかり観察して対応してくる相手って、嫌じゃないですか。

オールラウンドなテニスで、それを目指しませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. 戦術

    先を読むのは難しくない、行動することが難しい

    たくさんの記事を読んで来て、みなさんも感じていることじゃないでしょうか…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  3. 戦術

    自己効力感と、自己主体感

    みなさんは日々、これを感じることは出来てますか?テニスでも、…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう

    「○○の弱点、どうしても直したいんです」というような相談、たくさん頂き…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

  6. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事

    この反応一つで、絶対に変わる。試合の中で、1回あるかないか、の…

特集記事

  1. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策
  2. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を…
  3. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  5. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です
PAGE TOP