その他

〇〇しないといけない、という考え方

目次

セカンドサーブは、入れないといけない。

リターンはクロスに打たないといけない。

前衛は、ポーチに出ないといけない…。

こういう、〇〇しないといけない、というような基本やセオリー、テニスではたくさん聞きますよね。

でも、それを実際に試合でやろうと思うと、どうですか?

頭の中はそれでいっぱいになって、プレッシャーにつぶされそうになる。

結果的に、〇〇が出来たとしても、精度が悪くミスになったり、ポイントが取れないで落ち込んでいく。

もう、こんな試合は止めませんか?

目の前の相手、を見よう

〇〇しないといけない、本当にそう?

例えば、相手のリターンがすごく調子が良い、タイミングが合っているなら。

ただ入れるだけのセカンドサーブ、になった時点でもう厳しい。

「いや、セカンドサーブは入れないといけないんだ」と思うかも知れませんが、こういう相手ならミスしても深くサーブを打つ、という選択が必要かもしれない。

どんどんストレートに打って来る相手には、ポーチに出るという選択よりも違う作戦が求められるかもしれない。

目の前の相手、で自分のテニスはどんどん変わっていく。

それが試合、という場ですから。

〇〇をすれば、相手はどう感じるのか?

自分がしないといけないこと、それは全て相手次第。

相手がどう感じるのか、反応するのか、プレッシャーに感じるのか。

ここを考えてテニスが出来ると、試合では結果が出やすいです。

みなさん、つい試合だと自分のことばかり、になってはいませんか?

〇〇しないといけない、というのは自分本位の考え方。

それで勝てれば良いのかも知れませんが、恐らく上の選手には難しいでしょう。

自分の選択肢を自分で狭めてしまっているような相手は、やりやすいんですよ。

ショットに必死になっている、ことに気付こう

これに気付けば、変わります。

試合で、良いショットを打つ、〇〇しないといけないというところに、必死になっている自分に気付くことが大事。

良いショットを打てば相手を追い込める?

そんな甘い世界ではありません、テニスの試合って。

アナタ自身が最高の精度で〇〇のショットを繰り出したとしても、相手がそれを上回ることはある。

大事なのは、そういう場面で客観性を持てるかどうか、です。

元凶は、アナタ自身の練習にある

例えば、テニススクール

だと、どうでしょう?

練習から、あらゆる縛りがありますよね。

打つコース、打つ内容、テーマ、これに沿ってみんなで練習するのがテニススクールの基本です。

レールを外れることが出来ない、これが正しいことと教えられる。

大勢の人数で1コートで練習をする、その為に何かが失われていることに気付かないと。

〇〇しないといけない、その縛りとプレッシャーは日々養われているもの、ですからね。

客観性を持てば、強くなれる

良く考えてみると、相手もそうかもしれません。

〇〇をやること、に必死になっている。

「リターンはクロスに返すものだ!」と信じているような相手は、すごくポーチに出やすいじゃないですか。

きっと相手も、「やられたけど、今の自分のプレーは良いプレーだった」と、どこかで感じている可能性が高い。

こういうところに、気付けるかどうかなんです。

「今日の試合の相手は、やりやすいな」と感じられるようになる。

どうでしょう、みなさんもそんな経験ありませんか?

昔の自分、と戦って勝つのが3回戦まで

私の感覚だと、これが強いです。

昔の自分、○○しないといけない、と自分を縛っていた頃の自分と試合をする。

3回戦までは、そんな感じで楽に進んでいける…のが、理想ですよね。

自分が通って来た道だから、気持ちはよく分かるんですよ。

あまり大胆なこと、セオリーから外れて自分本位なことが出来ない、だから試合が単調になる。

昔の自分、という感覚を相手に持てれば強いはず。

ぜひ、ちょっとした視点として意識してみて下さい。

どんな武器を持ち込んでも良い

それが試合、です。

みなさんは、どんな武器を持ち込んでも良い。

〇〇しないといけない、〇〇で戦わないといけない、ということは無いんです。

そうやって自分を縛るのも、正直新しい考え方や自分で決断するのが怖いから、じゃないですか?

もっともっと、私たちのテニスは無限の可能性がある。

やって良いこと、出来ることは増やしていける。

ぜひ、視点を変えてテニスに取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 初開催!3/28(木) 土居コーチ男子シングルスレッスン&ゲーム会 i…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる

    連休中は縁あって、有明テニスの森公園にいる日が多かった。そこで…

  2. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない

    テニスは体力が必要。でも、体力を必要とするテニスをするためには…

  3. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける

    中学、高校、大学とたくさんテニスの大会はあるけど、公式戦って意外と少な…

  4. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  5. テニス 部活

    その他

    アナタのテニスを強くするヒントは、「実は対戦相手が持っている」ことに早く気付こう

    自分のテニスの課題が見えて来ない人。何となくしか分からない人は…

  6. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい目標設定の方法

    一年の計は新春にあり。皆さんもそれぞれ、テニスの目標を立てて今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
  2. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく
  4. テニス グッズ

    テニス知識

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選
  5. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか
PAGE TOP