テニス ストローク

戦術

本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

テニスで、色々な戦術を試してみること。

これは、自分で身に付ける以上に、実は良い効果を生みます。

自分でやってみることで、「やられて嫌なこと」が見えてくる。

そう、本気でやってみると相手にしたときに凄く楽になる。

意識してチャレンジして、損はないですよ。

 

本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

 

1.やってみないと、絶対に分からない

しかも、本気で・・・です。

並行陣相手に戦いが苦しいなら、自分も本気で並行陣をやってみる。

サーブ&ボレー、怖くても前に出てみる、本気で自分のものにしようと試行錯誤してみる。

そうすると、見えてくるんです。

「あ、これをやれば嫌だろうな」ということ。

ただただ、沈めれば嫌かと思っていたけど、それはロブあってのこと。

並行陣、前にいるときに一番嫌なのはコートを前後、に使われることでしょう。

これは、やってみないと気付かないもの、なんですよ。

 

2.目先の勝利だけ、に囚われてはいけない

みなさんが、本当に試合に強くなりたいなら。

私は、これをお勧めします。

もちろん、目の前の試合に勝つことは大事。

でもその為に、凝り固まった戦い方だけ、になってはいませんか?

それだと、自分と同じような相手にしか攻略法が浮かばない。

何となく、周りから言われたこと、しか対応策が無い。

相手が本当に嫌なところ、弱点の感覚が分からないはずなんですよね。

自分でやってみないと、気付かない。

それも本気で、です。

 

3.自分の可能性、自分で狭めないように

ベテランの方、シニアの方だってそうです。

自分のプレイスタイルはあって当然、でも、先入観は捨てましょう。

まだまだ、アナタが出来るテニスは無限に選択肢がある。

特に、「この相手やり辛かったな・・・」という相手の戦法は、まず真似してみる。

そうすることで、新しい発見が必ずあります。

これは、私が経験してきたから言えること、なんです。

 

4.アナタが嫌だった相手は、アナタの成長の原石

言われてみれば、当たり前かもしれないですが・・・。

アナタがやり辛い相手は、アナタに必要なことを教えてくれる相手、ですから。

私も以前は、本当にシコラーが苦手でした。

だからこそ、自分も「シコラーになってみるか」と思って、ひたすら粘るスタイル、に変えてみたところ・・・いっぱい発見、ありましたよ。

それからは、すごくシコラーが好きになりましたね。

彼らが考えていること、分かります。

それは、以前の自分に足りなかったこと、ですから。

戦法をたくさんこなしていくと、きっと自分の幅が広がってテニスがもっと楽しくなる。

私はそう思いますよ。

 

意外と、大胆に変えることって難しいですよね。

怖いし、何より試合に勝てなくなる可能性の方が高い。

でも、もっともっと、先を見据えていきましょうよ。

アナタ自身のテニスは、まだまだ無限に選択肢がある。

まずは、色々な対戦相手の戦法を真似てみる、ことからやってみましょう。

そう、本気で、です。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる

    そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

    1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります…

  3. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

    対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。がら空きの状態で「…

  4. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

    何かを変える、変える必要があると感じている方。間違いなく、テニ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「手堅いプレー」という餌を撒いて、試合の後半を迎えるのも良い作戦

    私は何度か、「試合の序盤に奇襲を入れる」ことの重要性を書いてきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?
  2. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に
  5. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがあ…
PAGE TOP