テニス ストローク

戦術

本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

テニスで、色々な戦術を試してみること。

これは、自分で身に付ける以上に、実は良い効果を生みます。

自分でやってみることで、「やられて嫌なこと」が見えてくる。

そう、本気でやってみると相手にしたときに凄く楽になる。

意識してチャレンジして、損はないですよ。

 

本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

 

1.やってみないと、絶対に分からない

しかも、本気で・・・です。

並行陣相手に戦いが苦しいなら、自分も本気で並行陣をやってみる。

サーブ&ボレー、怖くても前に出てみる、本気で自分のものにしようと試行錯誤してみる。

そうすると、見えてくるんです。

「あ、これをやれば嫌だろうな」ということ。

ただただ、沈めれば嫌かと思っていたけど、それはロブあってのこと。

並行陣、前にいるときに一番嫌なのはコートを前後、に使われることでしょう。

これは、やってみないと気付かないもの、なんですよ。

 

2.目先の勝利だけ、に囚われてはいけない

みなさんが、本当に試合に強くなりたいなら。

私は、これをお勧めします。

もちろん、目の前の試合に勝つことは大事。

でもその為に、凝り固まった戦い方だけ、になってはいませんか?

それだと、自分と同じような相手にしか攻略法が浮かばない。

何となく、周りから言われたこと、しか対応策が無い。

相手が本当に嫌なところ、弱点の感覚が分からないはずなんですよね。

自分でやってみないと、気付かない。

それも本気で、です。

 

3.自分の可能性、自分で狭めないように

ベテランの方、シニアの方だってそうです。

自分のプレイスタイルはあって当然、でも、先入観は捨てましょう。

まだまだ、アナタが出来るテニスは無限に選択肢がある。

特に、「この相手やり辛かったな・・・」という相手の戦法は、まず真似してみる。

そうすることで、新しい発見が必ずあります。

これは、私が経験してきたから言えること、なんです。

 

4.アナタが嫌だった相手は、アナタの成長の原石

言われてみれば、当たり前かもしれないですが・・・。

アナタがやり辛い相手は、アナタに必要なことを教えてくれる相手、ですから。

私も以前は、本当にシコラーが苦手でした。

だからこそ、自分も「シコラーになってみるか」と思って、ひたすら粘るスタイル、に変えてみたところ・・・いっぱい発見、ありましたよ。

それからは、すごくシコラーが好きになりましたね。

彼らが考えていること、分かります。

それは、以前の自分に足りなかったこと、ですから。

戦法をたくさんこなしていくと、きっと自分の幅が広がってテニスがもっと楽しくなる。

私はそう思いますよ。

 

意外と、大胆に変えることって難しいですよね。

怖いし、何より試合に勝てなくなる可能性の方が高い。

でも、もっともっと、先を見据えていきましょうよ。

アナタ自身のテニスは、まだまだ無限に選択肢がある。

まずは、色々な対戦相手の戦法を真似てみる、ことからやってみましょう。

そう、本気で、です。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

    相手にやられて、一番嫌なこと。みなさんは、何でしょうか?…

  2. 戦術

    決める力が無い、という勘違い

    アナタ自身が、もしテニスを上手くなりたいと思っているなら。ど…

  3. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  4. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?

    「え?そんなとこまで、見るの?」と思う方も、多いでしょう。私は…

  5. テニス 主将

    戦術

    男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

    男子ダブルスと女子ダブルス。この両方の種目での試合、みなさんど…

  6. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

    試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。4-4の30-3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  4. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボー…
  5. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ
PAGE TOP