テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

サーブ&ボレー。

って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事、だと思っていませんか?

しかも、シングルスの試合で・・・!?

誰もがそう思うでしょう。

だからこそ、そこにチャンスがある。

今日はその逆転の発想から、迫ってみたいと思います。

 

シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

 


 

■シングルスの試合で、なぜサーブ&ボレーが必要なのか?

答えは、シンプルです。

「やっている人が、少ないから」です。

やっている人が少ないということは、相手が面食らうケースが多い。

シングルスの試合でサーブ&ボレー、なんて、学生や一般の試合ではほとんど見ない。

だからこそ、アナタがやれば相手は「おっ!!」となる。

強い選手に勝つには、こういったまともじゃない作戦が絶対に必要。

必要なんです。

 

■難しい技術はいらない、同じ方向にボレーすれば良い

サーブはともかく、ボレーが難しい。

サーブ&ボレーって、最初のファーストボレーが難しいから、なかなか使えないんですよね。

ですが、こういう発想なら少しは楽になる。

サーブを打った方向と、同じ方向にボレーを打っていく。

この作戦は、特にワイドに打ったときに有効です。

イメージしてみて下さい。

ワイドのコースにサーブを入れる、そうするとリターンした相手はオープンスペースをカバーしようと走り出す。

つまり、オープンスペースにボレー、ではなくて同じコースに打つことで自然に逆を突ける。

だからこそ、簡単なのに実は効果的なサーブ&ボレーの作戦、になるのです。

 

■騙されたと思って、やってみて欲しい作戦

私も、この作戦は大事な場面で出すようにしています。

試合の序盤、2-2くらいで拮抗した試合では、絶対に使う。

なぜなら、相手は面喰らってその後ずっと、「サーブ&ボレーが怖い・・・」と警戒してくれるから。

こちらとしては、同じコースに打つので難しさはさほどない。

オープンスペースに打つ、のってテニスでは意外と難しいじゃないですか。

同じ方向、来た方向にボールをそのまま戻すように打つ、だけで良いんだから、楽。

何度も言いますね。

サーブをワイドに打ったら、そのままファーストボレーも同じコース、サーブをワイドに打ったようなコース、に打てば良いんです。

 

この作戦、実はアプローチショットにも応用が効く。

同じコースに打つ、ことが実はテニスって良いフェイントになる。

逆を突くのって、難しく考える必要は無いですよ。

あえて、同じコースを2回突く、だけでOK。

一度シングルスの試合で、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。でも、サイド…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  4. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

  5. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える…
  2. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイン…
  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について
  4. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
  5. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる
PAGE TOP