テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

サーブ&ボレー。

って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事、だと思っていませんか?

しかも、シングルスの試合で・・・!?

誰もがそう思うでしょう。

だからこそ、そこにチャンスがある。

今日はその逆転の発想から、迫ってみたいと思います。

 

シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

 


 

■シングルスの試合で、なぜサーブ&ボレーが必要なのか?

答えは、シンプルです。

「やっている人が、少ないから」です。

やっている人が少ないということは、相手が面食らうケースが多い。

シングルスの試合でサーブ&ボレー、なんて、学生や一般の試合ではほとんど見ない。

だからこそ、アナタがやれば相手は「おっ!!」となる。

強い選手に勝つには、こういったまともじゃない作戦が絶対に必要。

必要なんです。

 

■難しい技術はいらない、同じ方向にボレーすれば良い

サーブはともかく、ボレーが難しい。

サーブ&ボレーって、最初のファーストボレーが難しいから、なかなか使えないんですよね。

ですが、こういう発想なら少しは楽になる。

サーブを打った方向と、同じ方向にボレーを打っていく。

この作戦は、特にワイドに打ったときに有効です。

イメージしてみて下さい。

ワイドのコースにサーブを入れる、そうするとリターンした相手はオープンスペースをカバーしようと走り出す。

つまり、オープンスペースにボレー、ではなくて同じコースに打つことで自然に逆を突ける。

だからこそ、簡単なのに実は効果的なサーブ&ボレーの作戦、になるのです。

 

■騙されたと思って、やってみて欲しい作戦

私も、この作戦は大事な場面で出すようにしています。

試合の序盤、2-2くらいで拮抗した試合では、絶対に使う。

なぜなら、相手は面喰らってその後ずっと、「サーブ&ボレーが怖い・・・」と警戒してくれるから。

こちらとしては、同じコースに打つので難しさはさほどない。

オープンスペースに打つ、のってテニスでは意外と難しいじゃないですか。

同じ方向、来た方向にボールをそのまま戻すように打つ、だけで良いんだから、楽。

何度も言いますね。

サーブをワイドに打ったら、そのままファーストボレーも同じコース、サーブをワイドに打ったようなコース、に打てば良いんです。

 

この作戦、実はアプローチショットにも応用が効く。

同じコースに打つ、ことが実はテニスって良いフェイントになる。

逆を突くのって、難しく考える必要は無いですよ。

あえて、同じコースを2回突く、だけでOK。

一度シングルスの試合で、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    長い試合と覚悟を決めて、テニスのシングルスの試合で準備しておきたいグッズ10選

    テニスの実力って、技術力+準備力。もちろんスタミナや、現場での…

  2. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  4. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ジョコビッチ選手のような「伸びのある大きなフォアハンドストローク」は、フォロース…
  3. テニス 吹き出し

    その他

    テニスの練習仲間は、「皆が同じ意見にならなくても」それで良い
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる
  5. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう
PAGE TOP