テニス 雨

テニス知識

なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる

全仏オープンの錦織選手の試合、残念でしたね・・・。

ですが今回の試合から、私たちも学ぶべきことが多かったはず。

そう、雨の日の試合では、テニスというスポーツはボールの飛び方が変化する。

これに対応出来るかどうかが、試合で勝てる大きなカギになるケースが多いのです。

特に日本ではオムニコートと呼ばれる、雨でもテニスができる環境があるだけに、しっかり準備が必要です。

改めて、この視点で考えて準備しておきましょう。

 

なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる

 


 

■気温が下がり、湿度が上がるとボールは飛ばなくなる

雨で気温が下がると、ボールは弾みにくくなる。

ゴム素材が固くなり、ボールをラケットで打ったりコートにバウンドする際に、形状が変化し辛くなるからです。

また湿度が高いと、ボールの周りに水分が多い状態ですから速度が出辛い。

普段はネットを超えるようなボールも、失速してネットにかかる・・・というケースが増えることを覚悟しましょう。

 

■浅いボールが脅威になる、のが雨の中でのテニス

ボールが飛ばない、ということは必然的に浅いボールが増えます。

またその浅いボールも重たさを増していますので、持ち上げるのにも力がいる。

女性ですと、低い打点では水を含んだボールの重たさを感じるはずです。

このときに、フラット系のショットでボールに当てようとすると、肘を痛めてしまう可能性もあります。

必要なのは、スライス系のショット。

スライスを使えると、ボールに回転をかけて脱力しながら飛ばすことができる。

しかも相手コートで低く滑ってくれる、武器にもなるのです。

 

■ポジションを前にして、ネットの高い位置を通すストロークに切り替える

雨の中の試合では、より軌道の高いストロークをイメージしましょう。

そして浅いボールをケアするために、いつもよりストロークを打つ位置も少し前に。

ガットも滑りやすくなっているので、厚いグリップで打点を前にしている方は、少し薄く握り直すことも大事。

良い当たりで打っているときは問題無いですが、グリップも滑りますので、ある程度「変えていける」幅は持っておくと良いと思います。

1つのグリップでしか打てない、同じ場所でしかプレーできない・・・となると、その調子が崩れたときには、そのまま試合にも負けてしまう可能性が高くなるのです。

 

雨でボールの飛び方が変わる、環境が変わる。

このことを、脅威と感じていると受け身になる。

「浅くなる、滑りやすくなるからスライスが活きる」という発想は、スライスを使える選手なら持てる。

武器が少ないと、それだけ環境の変化に弱いということ。

プロ選手ですら、中断もありメンタル的にも揺らぐのが、雨。

出来る限りの準備を、私たちもしておきたいですね。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

    みなさんは、テニスを続けている中で怪我に苦しんだとはありませんか?…

  2. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

    テニスに必要な体力、筋力をしっかり蓄えておく。その為には、良い…

  3. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

    秋、試合が多い時期は季節の変わり目。みなさんは、試合のときにど…

  4. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  5. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ

    テニスの大会では、会場での待ち時間も長くなってしまいがちですよね。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  5. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
PAGE TOP