練習メニュー

サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法

サーブ側の前衛が、いかに動けるか。

これがダブルスの試合では、大きなポイントになって来る。

でも、どうやって動くのか、予測の癖が無いと難しいですよね。

であれば、練習でどう磨くのか。

試合形式で、簡単に出来る練習法を紹介します。

 

サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法

 


 

1.やり方は簡単!リターンに制限を加える

やり方はすごく簡単です。

リターンする選手に、リターンを3パターン決めてもらう。

クロス、ストレート、ストレートロブ。

この3種類しか、打たない。

そして、同じリターンは続けて打たない、とルールを決めます。

ダブルスですから両サイド交互に進行しますが、それでも同じ。

例えばクロスに打ったら、次はストレートかストレートロブ。

リターンをクロスに打ってはいけない、という形で進めます。

 

2.2/3 に渋って、山を張る

リターンのコースが限定されるので、前衛は動きやすい。

前のポイントと同じリターンは来ない、と考えて良いので触れるはずです。

もちろん、クロスとストレートロブが残った場合には、山を張って動かないといけない。

でも、実際の試合よりも来るコースが限られているし、成功体験を積みやすいはずです。

前のポイントをしっかり覚えて、意識するということも出来ます。

サーブ側の前衛が有利な設定ですが、これで確実にポイントが取れないと実際の試合では厳しいですから。

 

3.サーブはセカンドサーブ、のみ

この練習試合では、ファーストサーブは必要ない。

リターンミス、していたら練習にならないですからね。

リターン側の選手も、練習の台としての意識を持つ。

主役は、サーブ側の前衛ですからね。

しっかり優位な状況を活かして、動いてポイントを取る。

リターン側は、制限がある中でリターンをコントロールする。

これが出来れば、実際の試合でも強いですよ。

 

4.有効なのは、「後ろポーチ」

ストレート、クロスは読んで動ける。

でも、ロブはどうでしょう?

ストレートロブも読んで、しっかり動くこと。

相手がリターンする前に下がって良いんです。

これが、後ろポーチですから。

今回の設定だと、1/2の確率でストレートロブ、が来るケースですからね。

後ろポーチ、女子ダブルスやミックスダブルスで勝ち上がるには必須のテクニックです。

 

前衛で動けない人には、良い練習になるはず。

リターン側にとっても、3か所をしかり狙う、打ち分ける良い練習になるはずです。

普通に試合をするんじゃなくて、ちょっと工夫しておく。

ぜひ、部活やサークルでも試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

  2. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事

    テニスの練習。毎日、何気なくいつものメンバーで、いつもの練習を…

  3. テニス 練習
  4. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

    普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?大き…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニュー

    レベルの高いダブルスの試合では、必ずストレートリターンの展開が増えてき…

  6. テニス 準備

    練習メニュー

    「練習の為の練習」しか出来ないテニス選手が、日本には多すぎ

    偉そうに書いても、私もそうでした。結局自己満足なんですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?
  2. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰…
  3. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ
  4. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ケアー!」と叫ぶ後衛って・・・どうでしょう?
PAGE TOP