練習メニュー

サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法

サーブ側の前衛が、いかに動けるか。

これがダブルスの試合では、大きなポイントになって来る。

でも、どうやって動くのか、予測の癖が無いと難しいですよね。

であれば、練習でどう磨くのか。

試合形式で、簡単に出来る練習法を紹介します。

 

サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法

 


 

1.やり方は簡単!リターンに制限を加える

やり方はすごく簡単です。

リターンする選手に、リターンを3パターン決めてもらう。

クロス、ストレート、ストレートロブ。

この3種類しか、打たない。

そして、同じリターンは続けて打たない、とルールを決めます。

ダブルスですから両サイド交互に進行しますが、それでも同じ。

例えばクロスに打ったら、次はストレートかストレートロブ。

リターンをクロスに打ってはいけない、という形で進めます。

 

2.2/3 に渋って、山を張る

リターンのコースが限定されるので、前衛は動きやすい。

前のポイントと同じリターンは来ない、と考えて良いので触れるはずです。

もちろん、クロスとストレートロブが残った場合には、山を張って動かないといけない。

でも、実際の試合よりも来るコースが限られているし、成功体験を積みやすいはずです。

前のポイントをしっかり覚えて、意識するということも出来ます。

サーブ側の前衛が有利な設定ですが、これで確実にポイントが取れないと実際の試合では厳しいですから。

 

3.サーブはセカンドサーブ、のみ

この練習試合では、ファーストサーブは必要ない。

リターンミス、していたら練習にならないですからね。

リターン側の選手も、練習の台としての意識を持つ。

主役は、サーブ側の前衛ですからね。

しっかり優位な状況を活かして、動いてポイントを取る。

リターン側は、制限がある中でリターンをコントロールする。

これが出来れば、実際の試合でも強いですよ。

 

4.有効なのは、「後ろポーチ」

ストレート、クロスは読んで動ける。

でも、ロブはどうでしょう?

ストレートロブも読んで、しっかり動くこと。

相手がリターンする前に下がって良いんです。

これが、後ろポーチですから。

今回の設定だと、1/2の確率でストレートロブ、が来るケースですからね。

後ろポーチ、女子ダブルスやミックスダブルスで勝ち上がるには必須のテクニックです。

 

前衛で動けない人には、良い練習になるはず。

リターン側にとっても、3か所をしかり狙う、打ち分ける良い練習になるはずです。

普通に試合をするんじゃなくて、ちょっと工夫しておく。

ぜひ、部活やサークルでも試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  3. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない

    テニスの基本練習、素振り。みなさんも、家や試合前で取り組んでい…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

    ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。シン…

  5. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

    練習の後半、試合形式でのポイント練習。私は学生時代、すごくこれ…

  6. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!

    集中力が無いやつは勝てない。だから試合中はプレーに集中出来るよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない
  2. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ
  3. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」
  4. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!
PAGE TOP