テニス 練習

ストローク

「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?

テニスでパーフェクト試合をしたことある?

俺は無いんだけど、かつて1セット目、1ポイントも落とさず

6-0で取って、2セット目の2-0までパーフェクトだったことがある。

でもそうなると、そのまま1ポイントも落とさないまま、試合を終えることを意識し過ぎて、結局単純ミスで失点してしまった。

 

「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?

 


 

でも、そのまま6-0・6-0で勝ったから特に問題無いんだけど、とにかくテニスはどんなにレベル差あっても、ミスでポイント落とすことは当然考えられるスポーツなんだよ。

でも、結構このミスをキッカケに調子が崩れてしまうことは多い。

それまでは調子いいプレーだったのに、たった1本のミスでウソみたいに人が変わってしまい、ラケット振れなくなったり、足が止まってしまう。

そんな人、見たことあるでしょ?

もしくは自分がそうなった経験あるんじゃない?

そうなってしまう人はどうすれば良いんだろうか・・・。

 

一番良い方法は「気にしない」ということ

それまで良いプレーをしていたんだから、特にそのミスを気にせず、何事も無かったようにまた黙々と打ち続ければ問題ない。

が、そう簡単にはいかないのがテニスだ。

だってミスをした分は、きっちりと相手のポイントに加算される。

ダブルフォルトを2本するとそれだけでもう0-30なんだから、気にしない訳にはいかないのだ。

誰だって「もうミスしちゃいけない」と考えて、ちょっとプレーが変わってしまう。

だからある程度はミスした後の修正方法を具体的に用意しておく必要がある。

 

まずミスって2種類ある

一つはネットを越えないネットミス。

もう一つは相手コートの枠に入らないアウトのミス。

ネットしないようにするためには、当然弾道を上げれば良い。

でもそうするとアウトが怖い。

だからアウトミスしないように今度は回転を多く掛ければ良い。

よって、この二つを考慮した一番シンプルなミスした後の対処方法は、弾道を上げて回転を多めにすること・・・となる。

でもその他にも気を付けないといけないことも多い。
 



 

ミスをキッカケに、足が止まってしまい、ボールが来るのを待ってしまったり、打点を低く落とし過ぎてしまったり・・・・

ミスをキッカケに慎重になるんだけど、それによっていつもの自分のテニスと何が違ってくるかをそれぞれ覚えておこう。

「いつも通りにやれば大丈夫!」なんて自分に言い聞かせるのも効果は無いとは言わないけど、当然試合中はいつもの練習とは気持ちが全然違うんだから、それを考慮した実戦的ミス解決方法を覚えておかないといけない。

俺の場合・・・「無かったことにする」これが一番効果があったんだけどね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です

    身長が高いテニス選手、それだけでプレッシャーに感じますよね。特…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう

    試合の中で、ストロークが強い人ってどんなイメージでしょうか?左…

  4. ストローク

    ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

    テニスの試合って、必ずネットを挟んで行います。このネットの高さ…

  5. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い

    自分のショットに対して、どこまで厳しくなれるのか。これは、誰も…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない

    テニスを初めて間もない方、ストロークが最初はこんな感じだったと思います…

特集記事

  1. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと
  2. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ
  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  4. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為の…
PAGE TOP