テニス メンタル

戦術

自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよね。

周りから教えられても、そのままだと頭に入り辛い。

この辺り、勉強と同じです。

自分の言葉で整理して、納得するから覚えられるんだと思います。

 

自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

 


 

数学の公式は、「仕組みを理解する」から覚えられる

学生の皆さんも、数学や物理の公式・・・覚えられないで苦労している人も多いと思います。

文字やアルファベットの並びだけ見ても、頭に入っていかないのは当たり前。

その仕組み、を理解してこそ覚えられるのが公式、でありセオリー。

だからこそ、テニスでも自分から「仕組みを理解する」ことを意識しないとずっと成長しない。

逆に仕組みさえ理解出来れば、どんな戦術でも一度聞けばきっと覚えられる。

だって、理解出来れば必要性を感じられるじゃないですか。

特に、試合に出ている人だったら「こういうケースか!」と、ピンと来るはずです。

 

テニスの戦術を、自分の言葉に置き換えてみよう!

例えば私なら、テニスの守備と攻撃を分けて考えるように、自分なりに工夫してました。

相手コートにボールがあるときにはコチラが守備、自分のコートにあるときには攻撃、という感じですね。

私はバレーボールをやっていたので、ポーチはブロック、ロブはフェイント、でこれをカバーするのが後衛の役目・・・みたいな感じ。

書いてみても、なかなか自分以外には理解不能な部分が多い。

でも、「自分の言葉」に出来た時点で、良いんです。

テニスの戦術、ポジショニングは、色々な言葉に変換して覚えて良い。

結局は試合で有効な策として使えるか、相手の攻撃を的確に防げるかどうか、が大事ですからね。

 

「自分でまとめる」という作業を、テニスノートで

特に、大事なのは自分で書き出すこと。

レッスンや練習の後に、自分なりのまとめを作ってみると、やった内容をかみ砕いて理解しようと必死になる。

文字にする、文章にする、時点で「アナタらしさ」が絶対に出て来ますからね。

そうやって書く、という作業だけでも頭に入ってくる。

ただレッスンで効いているだけ、部活でこなしているだけ、だといつまで経ってもテニスの戦術って「他人事」でしかない。

アナタ自身のもの、にはなっていかないという危機感を持ちましょう。

 

自分の言葉にする、のが一番です。

仕組みを理解すれば・・・きっともっと、テニスが楽になりますよ。

でも知れば知るほど、仕組みの逆もあり、テニスは面白い。

そこに気付いていけば、試合もきっと勝てるようになる。

アナタの言葉で、テニスを一度まとめてみる。

きっと良い気付きが、そこにはあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

    ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。本当、だまされた…

  2. 戦術

    「ゆったりしたテニス」を受け入れて、得意になれば勝てる

    練習ではすごく上手いのに、試合で弱い人。それって、こういう方が…

  3. テニス 試合

    戦術

    「負けたはずの試合」を勝ちに結び付ける、為の武器を君はテニスで持っているか?

    テニスの試合は、短期決戦。1セットマッチの試合なんて、ぼーっと…

  4. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

    対戦していて、嫌な相手。それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょ…

  5. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  6. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「フラット気味になっているリターン」は安定しないので回転量を加え…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に
PAGE TOP