テニス ボレー

ボレー

片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。

安定している背景には、実は「打ち終わった時の形」がすごく整っている、というのがあると思います。

右利きの方であれば、左手ですね。

「そんなの、意識したこと無いな」という方ほど、改善のチャンスです。

 

片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

 


 

1.打ち終わった形は、何も変わらない

結論から言えば、打つ前と形を変えないこと、が大事。

打つ前の右利きの方の左手って、どうなってますか?

きっと、ラケットのスロートに沿えるようにして、親指と人差し指の間でラケットを支えるような形、になっているはず。

この形が、バックボレーを打った後も残る、のが大事。

ラケットが左手から離れていっても、手の形を変えない。

「たったそれだけで?」と思うかも知れませんが、これがすごく大事、なんですよ。

 

2.余計な動きは、極力入れないに限る

テニスは、スピード感がある競技。

打ったらすぐに次、という感じで、構え直しの準備も早くしないといけない。

だからこそ、必要なのってシンプルさ。

バックボレーも、打ち終わったらまたすぐに構える、じゃないですか。

だから、構えた状態の手の形を残しておくと、そのままスッとラケットをセット出来る。

無駄な動きを入れると、またそれを直す時間が要りますからね。

小さいことですが、結構ここが出来ていない人、多いのが気になります。

 

3.ラケットを出していく軌道も、安定していく

無駄な動きを削ぎ落していくと、ラケットの軌道も安定します。

バックボレー、スーッとまっすぐにラケットを出す、簡単なようでこれが難しいんですよね。

添えた左手、からラケットが離れた途端に、グラグラする人いますよね。

こういう人は、話した左手をすぐにダランと下げてしまう。

そうじゃなくて、左手は高い位置に残して、ラケットだけが前に出ていく、のがテニスの基本ですね。

 

4.セットしたら、前に左手は出て行かない

よく、弓を引くように残す、とも言われますね。

片手バックボレーの基本、ラケットを持たない手は残す。

残して、胸を張るようにしてラケットだけを前に出していくのが基本。

この意識に、ぜひ「手の形を残す」というのを入れて欲しいんです。

ラケットのスロート部分を支えていた形、で残すことで、絶対に安定感がアップします。

次への構え直しも早くなるし、アナタのネットプレーのレベルが2段階アップすること、間違い無しです。

 

打ち終わりの形が綺麗になると、テニスも安定する。

それに、自信も出て来るんですよね。

終わりの型、を決めるのってすごくテニスでは大事なこと。

ぜひ、意識して練習してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「肘の曲げ伸ばし」を使えると、パンチ力とスピードが伝わる

    ボレーでパンチが欲しい人は、手首に頼りがち。「だって、ボレーは…

  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功

    ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。ポーチに出る…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

    テニスに、柔らかさを求めてみる。これは、確実にアナタ自身のこれ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    テニスの試合で、少し余裕があるときのスマッシュは、「しっかり相手方向に背中を見せ…
  2. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
  3. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない
  4. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
PAGE TOP