ダブルス

雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!

でも、どこを狙うと一番効果的・・・でしょうか?

今回は、その基本について考えてみたいと思います。

ただ相手の前衛にぶちけるだけ、だと拾われてしまうとお悩みの方、必見です。

 

雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

 


 

1.相手が雁行陣、でのサービスゲーム

アナタ自身は赤側のペア、の前衛だと思って下さい。

今、パートナーがサーブを打とうとしている。

青側のペアは、シンプルな雁行陣ですね。

ここからリターン、前衛でポーチに出たい!

パートナーのサーブがセンターに入ると、結構出やすいですよね。

↓のような感じで、リターン側の選手がセンターに寄ると、リターンのコースも絞られます。

空いているコース、も出来るので、狙いやすい。

センターにしっかりサーブが打てるペアなら、これが基本でしょう。

または、前衛の外側のアングル、のコースも狙えますね。

ですが、そんなに毎回、センターにナイスサーブとはいかないはずです。

 

2.相手が通常の位置、からのリターンなら・・・?

パートナーのサーブも普通のコース、それほどリターンの選手が動かないようなケース。

こういう場面では、意外とポーチのコースって難しいと思います。

相手も、一見すると隙が無さそうに見えますしね。

ここでポーチを強打、してはミスの元。

相手の前衛にぶつけようとしても、結構拾われると思います。

女子ダブルスのみなさんは、守備力も高いしそこまでボレーにパンチがある訳ではないですから。

後衛に返球されて、↓のように逃げられるのがオチでしょう。

なかなか、これだと決まらない。

こういうケースでは、まず一回、しっかりとセンターを攻めたいんです。

 

3.相手に一度、触らせてOKのスタンスで

私なら、狙いはセンター。

相手のセンターの深い位置↓、がやはり狙い目です。

丁寧に、スピードは要らないのでしっかりあそこを狙う。

このコースは、後衛を走らせることにもなりますし、もし相手の前衛がカバーしてきても・・・。

しっかりと、↓空いたコースが生まれます。

ですから、まずは相手に触らせるようなスタンス、でのポーチで良いんです。

狙いさえ、しっかりしておく。

あと、大事なのはサーブを打った選手、赤側の後衛の選手ですね。

もし、前衛がポーチで触る↓と感じたら・・・。

思い切って、自分も前に出る。

このリズム、が大事なんですよね。

ボレー戦になったら、自分も加勢していくイメージ、です。

なぜなら、自分の前にポトッと落ちてしまうようなボール、が増えますから。

自分の側にも、逃げれないよという意志表示になりますしね。

ですから、後衛は何より先に気付くこと。

敏感に、前衛の動きを感じること、が大事なんです。

鈍感な後衛は、ずっと後ろにいるだけ。

それでは、相手の逃げ道、になってしまいます。

 

雁行陣の相手に、なかなか一発のポーチで決めるのは無理でしょう。

特に、ワイドにサーブが入った時ですね。

そのコースが甘いなら、ポーチも無理しない。

一度センターを突く、というのはダブルスの鉄則、です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  2. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  3. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

  4. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  6. ダブルス

    どちらかが一方的に指示を出しているペアは、脆いダブルスペア

    ダブルスの試合で、相手ペアをよく見ていると面白い。そして、片方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス センス

    その他

    「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無…
  2. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う…
  4. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される
PAGE TOP