ボレー

ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?

テニスにおいて、「視野が広い人、狭い人」の差が出る場面が試合では多くあります。

その典型的な例が、これだと私は思います。

何も考えていない、視野が狭いと、とっさに飛んできたボールに反応は出来てもコントロールが出来ない。

そんな相手は・・・守備するのにも、非常に楽ですよね。

アナタ自身、ぜひ見直してみて下さい。

焦っていると、人が要る場所にボールを打っているのが自然かも知れません。

注意が必要ですね・・・。

 

ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?

 

■ダブルス初心者が陥りがちな罠

ボレーは前衛にぶつける、足元に打てばポイントが獲れる。

そんなダブルスは、初中級レベルまで。

ベテランペアは足元のケアも上手いし、反撃のイメージもしっかり付いている。

攻撃がワンパターンだと、どうしても試合では勝ち切れない。

脱・ダブルス初心者の為に、視野を拡げていきましょう。

 

■相手のいない場所、ダブルスであれば2つあります

コートを4つに分割したとして、ダブルスなら2人がいない場所、最低でも2つは空いています。

ポーチボレーであれば、意外と自分の前のスペースは宝の山。

ドロップボレー、アングルボレーが打てれば、安全にかつ相手がいない場所に打ってポイントを獲れる。

これは、相手がボールを打つ前に、常に相手コートを観察しながら「どこが空いているか・・・」を確認しておくこと。

そうすれば、落ち着いて対応できるはずです。

 

■この機会に、ポーチのボレーのバリエーションを増やそう!

良い機会なので、自分が前衛のときのプレーの幅を拡げましょう。

ドロップボレーで前に落とす、アングルボレーはもちろん、そのコースで決めた後にはあえて相手が動くのを想定して、足元を狙っていく。

低い態勢さえ作れば、どんなボールでもコースを狙った返球は出来るはず。

上体が高いと、ボールを弾かれてしまうような感じになるので、コースを狙ってもアウトする可能性が高くなります。

 

視野を広く持つ、鍛えるということは、具体的にどういうことか。

それは常に、相手の弱点が見えて攻撃できる状態を作っておけるということ。

いくら視野が広くて、「あそこ空いているな・・・」と分かっていても、そこを突けなければ意味が無い。

評論家のままでは、試合に勝てないのです。

でもまずは、気付くことも大事!

ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーをしっかり攻撃的に打ちたいなら、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

  2. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK

    私は学生時代、「つなぐボレー」が苦手でした。相手ストローカーの…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

    相手から足元を狙われる、ネットプレーではよくありますよね。そん…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は、意外と多いので自分をチェックしてみましょう

    リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多…

  6. テニス ガット

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショ…
  2. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  3. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!
  4. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入ら…
PAGE TOP