テニス 打点

フットワーク

テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。

相手が打つ際にステップを踏むことで、反応速度を速めて守備力を上げる・・・というのが目的のこの技術ですが、大事なのはその飛ぶぶタイミング。

何となく・・・でやっているだけだと、むしろ逆効果に。

ステップしない方が反応が良い?なんてことにならないように、改めてこのスプリットステップを飛ぶタイミングについて考えてみましょう。

 

テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

 

■一番適したタイミングとは?

結論から言いますと、テニスのスプリットステップは「相手が打つ瞬間の、少し前」に着地するくらいがちょうど良い。

スプリットステップは相手が打つ瞬間にジャンプ、というイメージがあるかも知れませんが、それだと若干遅い気がします。

特に相手が攻撃してくる、自分が守備的なプレーが求められるときには、少し早めにステップを踏んで「予測」までしてしっかり待ちたいところ。

しっかりスプリットステップが早いタイミングで踏めれば、スマッシュだって打たれるコース次第では怖くありません。

このステップが遅れてしまうと、相手が打っている瞬間に飛んでいる・・・みたいなことにもなりかねませんので、少し早め、早めを意識しましょう。

きっと反応の精度が変わるはずです!

 

■スタンスを広めに着地することで、守備力アップ!

スプリットステップを踏んでいるのに、反応が遅い・・・と感じる人は、スタンスを見直しましょう。

肩幅より少し広いくらいのスタンス、広めを意識して着地出きれば守備力も上がります。

両足が離れていることで自然に目線も落ちますし、相手が打ちこんできた際にも、足元でもラケットで反応しやすい。

相手も、スタンスが広くて守備力が高そうな相手には、「もっと厳しいコースに打ちたい!」と思って無理をしてくれる可能性も高く、ミスも誘えます。

守備力高いオーラ、アナタのスプリットステップから出ていますか・・・?

 

■実際の試合では、相手のストロークのリズムに合わせてみよう

相手のストロークに「合わせていく」ことは、足元から実践していくことが大事。

ステップをしっかり相手の打つタイミングに合わせることが出来れば、アナタのストロークが主導権を握れるゲームも近い。

特に攻撃的な選手、シード選手を相手にしたときには、まずしっかりしたディフェンスのプレーが必要ですよね。

ストロークの技術を活かす為にも、もっと最初の反応の部分、スプリットステップから制度を上げていきましょう。

コツは簡単、少し早めに着地することで改善できるはずです。

 

たかがステップ、されどステップです。

特に守備力を求められるような、格上相手の試合では、こういった細かい技術でしっかり対抗していかなければいけません。

フットワークも、まずは最初のステップから。

スプリットステップは練習中から何気なくやるのではなく、本当にこのタイミングがベストなのか・・・という問いかけをしてみて、周りとの差をつけていきましょう。

試合で勝つには、精度の高いスプリットステップが絶対に必要です。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

    どうして、自分はチャンスを決められないんだろう。打っているボー…

  2. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

    テニスコートって広いのかなぁ。シングルスで一人の時は広く感じる…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

    練習中、試合中、「足を動かして!」という声をよく聞きます。これ…

  4. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  5. テニス リターン
  6. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、どこかでアナタ自身卒業していきましょう
  2. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
  3. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です
  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    「スライスって使ってる?」改めてテニスの試合で活きるメリットに着目してみました
  5. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます
PAGE TOP