テニス 打点

フットワーク

テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。

相手が打つ際にステップを踏むことで、反応速度を速めて守備力を上げる・・・というのが目的のこの技術ですが、大事なのはその飛ぶぶタイミング。

何となく・・・でやっているだけだと、むしろ逆効果に。

ステップしない方が反応が良い?なんてことにならないように、改めてこのスプリットステップを飛ぶタイミングについて考えてみましょう。

 

テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

 


 

■一番適したタイミングとは?

結論から言いますと、テニスのスプリットステップは「相手が打つ瞬間の、少し前」に着地するくらいがちょうど良い。

スプリットステップは相手が打つ瞬間にジャンプ、というイメージがあるかも知れませんが、それだと若干遅い気がします。

特に相手が攻撃してくる、自分が守備的なプレーが求められるときには、少し早めにステップを踏んで「予測」までしてしっかり待ちたいところ。

しっかりスプリットステップが早いタイミングで踏めれば、スマッシュだって打たれるコース次第では怖くありません。

このステップが遅れてしまうと、相手が打っている瞬間に飛んでいる・・・みたいなことにもなりかねませんので、少し早め、早めを意識しましょう。

きっと反応の精度が変わるはずです!

 

■スタンスを広めに着地することで、守備力アップ!

スプリットステップを踏んでいるのに、反応が遅い・・・と感じる人は、スタンスを見直しましょう。

肩幅より少し広いくらいのスタンス、広めを意識して着地出きれば守備力も上がります。

両足が離れていることで自然に目線も落ちますし、相手が打ちこんできた際にも、足元でもラケットで反応しやすい。

相手も、スタンスが広くて守備力が高そうな相手には、「もっと厳しいコースに打ちたい!」と思って無理をしてくれる可能性も高く、ミスも誘えます。

守備力高いオーラ、アナタのスプリットステップから出ていますか・・・?

 

■実際の試合では、相手のストロークのリズムに合わせてみよう

相手のストロークに「合わせていく」ことは、足元から実践していくことが大事。

ステップをしっかり相手の打つタイミングに合わせることが出来れば、アナタのストロークが主導権を握れるゲームも近い。

特に攻撃的な選手、シード選手を相手にしたときには、まずしっかりしたディフェンスのプレーが必要ですよね。

ストロークの技術を活かす為にも、もっと最初の反応の部分、スプリットステップから制度を上げていきましょう。

コツは簡単、少し早めに着地することで改善できるはずです。

 

たかがステップ、されどステップです。

特に守備力を求められるような、格上相手の試合では、こういった細かい技術でしっかり対抗していかなければいけません。

フットワークも、まずは最初のステップから。

スプリットステップは練習中から何気なくやるのではなく、本当にこのタイミングがベストなのか・・・という問いかけをしてみて、周りとの差をつけていきましょう。

試合で勝つには、精度の高いスプリットステップが絶対に必要です。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

  2. テニス ボレー
  3. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう

    自分が打った後に、足が止まる。そんなときって、こういう時じゃな…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

  5. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう

    「試合中に足が動かない・・・」と感じると、気持ちが落ちていってしまう。…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

特集記事

  1. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い
  2. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!
  3. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と実践出来…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対…
  5. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる
PAGE TOP