テニス 気付き

メンタル

思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

試合の中で、「これは思い通りいったな・・・」という経験、みなさんどの程度あるでしょうか?

きっと、少なからずあると思います。

ですが、それ以上に「思い通りにならないこと」の方が多いですからね。

そういう中で、どういうプレーをやり切れるのか。

自分自身、問いかけてみて損は無いと思います。

 

思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

 

1.テニスが趣味の人、には厳しい

趣味、という言葉をあえて使わせて頂きます。

もちろん、色々な楽しみ方を否定はしませんが、試合で頑張り切れない人は、テニスが趣味の域を出ない人。

私たち、試合で勝ちたいと考えているなら、テニスは「趣味」では無いと思うんです。

自分を成長させてくれる、生活の一部のようなもの。

正直、試合に出ることが毎月のルーティーンくらいになっている方、が多いと思います。

テニスが趣味、という人とって、大事なのは「思い通りにいって楽しい」こと。

もちろん、そういうポイントもあるでしょうが、実際は苦しいことの方が多い。

それを受け止める覚悟、があるかどうかですね。

 

2.「我慢」は工夫しないとしんどいだけ

よく、「粘ればチャンスあるから!」と言って、試合中に我慢し続けることがあります。

でも、みなさんどうでしょう。

ただ走り回って我慢する、粘る、シコる、なんて無理ですから。

特に強い相手なら、間違いなく途中で決められます。

だからこそ、工夫しないと自分がもたない。

工夫とは技術もそうですが、考え方の工夫の方が大事。

相手からミスをもらう粘り方、ネットに出ることで粘ることだって出来るでしょう。

積極的に自分から工夫していける「我慢」こそ、試合で勝利につながるんです。

 

3.「思い通りにいかない」ことへの準備は?

実際に、みなさんどうでしょうか?

思い通りにいかないこと、に対する準備は出来てますか?

ファーストサーブが入らない、リターンが当たらない、そんなこと日常茶飯事なはず。

パターン別に整理して、しっかり対策を練っておく。

思い通りにいかない、ことも自分の思い通りなくらいにしておかないとダメでしょう。

何かを決めて、やり切ること。

これが出来れば、その試合も貴重な経験になっていくはずです。

 

4.試合では、「やり切る癖」を付けよう

思い通りにいかない、調子が悪い。

そんな中で、自分は何を決めてやりきったのか、頑張り切ったのか。

この問いかけは、試合後に必ず癖付けて欲しいんです。

ほとんどの人、それこそテニスが趣味の人は、思い通りにいかない時点で「やり切る」という発想が浮かばない。

早く試合が終わる、ことを待つことしか出来ない。

最後まで、何かを決めてやり切ること、流れに抗うこと。

これは、相当な覚悟が無いと無理ですよ。

 

試合に出ていると、感じることがあります。

試合の序盤に思い通りにいかない段階で、かなりの選手がどこかで諦めてしまう、ということに。

みなさん自身、勝負はここから。

思い通りにならない、ところからが勝負ですからね!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

    テニスの試合、みなさんはどんなポイントの獲得意識で入ってますか?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ

    大事な試合前に、眠れない。このままだとやばい・・・と思うと、余…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    そのテニスが正しいかどうかは、胸を張れるかどうかが一つの基準になる

    「色々とご意見、ヒント、参考になるのですが、結局自分の正しいテニスが、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニス界にも多い、「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

  5. テニス 練習

    メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!

    テニスはミスが多い方が負け。いつもそう言っているけど、かと言っ…

  6. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイン…
  2. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てな…
  3. フットワーク

    テニスの試合では、「攻めのスプリットステップ」を使って、自分が打ったコースへ詰め…
  4. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  5. テニス リターン

    メンタル

    思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる
PAGE TOP