テニス 気付き

メンタル

思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

試合の中で、「これは思い通りいったな・・・」という経験、みなさんどの程度あるでしょうか?

きっと、少なからずあると思います。

ですが、それ以上に「思い通りにならないこと」の方が多いですからね。

そういう中で、どういうプレーをやり切れるのか。

自分自身、問いかけてみて損は無いと思います。

 

思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

 

1.テニスが趣味の人、には厳しい

趣味、という言葉をあえて使わせて頂きます。

もちろん、色々な楽しみ方を否定はしませんが、試合で頑張り切れない人は、テニスが趣味の域を出ない人。

私たち、試合で勝ちたいと考えているなら、テニスは「趣味」では無いと思うんです。

自分を成長させてくれる、生活の一部のようなもの。

正直、試合に出ることが毎月のルーティーンくらいになっている方、が多いと思います。

テニスが趣味、という人とって、大事なのは「思い通りにいって楽しい」こと。

もちろん、そういうポイントもあるでしょうが、実際は苦しいことの方が多い。

それを受け止める覚悟、があるかどうかですね。

 

2.「我慢」は工夫しないとしんどいだけ

よく、「粘ればチャンスあるから!」と言って、試合中に我慢し続けることがあります。

でも、みなさんどうでしょう。

ただ走り回って我慢する、粘る、シコる、なんて無理ですから。

特に強い相手なら、間違いなく途中で決められます。

だからこそ、工夫しないと自分がもたない。

工夫とは技術もそうですが、考え方の工夫の方が大事。

相手からミスをもらう粘り方、ネットに出ることで粘ることだって出来るでしょう。

積極的に自分から工夫していける「我慢」こそ、試合で勝利につながるんです。

 

3.「思い通りにいかない」ことへの準備は?

実際に、みなさんどうでしょうか?

思い通りにいかないこと、に対する準備は出来てますか?

ファーストサーブが入らない、リターンが当たらない、そんなこと日常茶飯事なはず。

パターン別に整理して、しっかり対策を練っておく。

思い通りにいかない、ことも自分の思い通りなくらいにしておかないとダメでしょう。

何かを決めて、やり切ること。

これが出来れば、その試合も貴重な経験になっていくはずです。

 

4.試合では、「やり切る癖」を付けよう

思い通りにいかない、調子が悪い。

そんな中で、自分は何を決めてやりきったのか、頑張り切ったのか。

この問いかけは、試合後に必ず癖付けて欲しいんです。

ほとんどの人、それこそテニスが趣味の人は、思い通りにいかない時点で「やり切る」という発想が浮かばない。

早く試合が終わる、ことを待つことしか出来ない。

最後まで、何かを決めてやり切ること、流れに抗うこと。

これは、相当な覚悟が無いと無理ですよ。

 

試合に出ていると、感じることがあります。

試合の序盤に思い通りにいかない段階で、かなりの選手がどこかで諦めてしまう、ということに。

みなさん自身、勝負はここから。

思い通りにならない、ところからが勝負ですからね!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  2. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

    テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。…

  3. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  5. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

  6. テニス 部活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じでいきましょう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  3. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピード…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
  5. ストローク

    「ドロップショットのちょっとしたコツ」テニスの試合では身体が勝手に反応できるとベ…
PAGE TOP