ダブルス

前に入ってストレートアタック が有効な理由

ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがある

それは、相手前衛が飛び出して来た時、にすごく感じることが出来ます。

早く相手コートに返球出来ることでのメリット、は試合で大きいですよ。

時間を与えないというだけでも、すごく相手のプレッシャーになるのがテニスです。

 

前に入ってストレートアタック が有効な理由

 


 

1.前に入ってリターン、が基本!

ダブルスの試合では、前衛がいます。

ですから、どんなに良いリターンをクロスに打ってもそこに捕まることはある。

そうなると、リターンする後衛の選手の前のスペースは狙われがち、ですよね。

ここをしっかり守る意味でも、前に入るリターンは大事なんです。

当然、攻撃力アップの狙いもありますが、陣形のバランスを考えると自然と前に入ってリターンになる。

これが基本だと考えておいて下さい。

 

2.例えば、相手前衛がポーチに出て触れない時には・・・?

みなさん、リターンの立場として、どうでしょう。

相手の前衛が出て来た、だけど触れなかった。

「これはチャンス!」と思いますよね。

ガラ空きのストレート、を狙いたくなる。

でも、アナタ自身がベースラインよりも下がったポジションにいたら、どうでしょう。

相手は戻る時間があります。

アナタ自身も、ネットから遠い位置からのショットなのでミスする可能性も出て来る。

だからこそ、リターンの後のポジションって大事なんです。

 

3.流れを確認してみましょう

相手がサーブ&ボレー、で来るイメージで考えてみましょう。

ファーストボレーをさせて、次のボールを仕留める。

相手前衛が動いたけど触れなかった、という隙を素早く突いていくイメージが大事です。

前に入ってリターン、これが大事です。

サービスラインとベースラインの間、くらいがちょうど良いでしょう。

あの青いエリアを狙う、だけど焦らないことが大事です。

素早く相手コートにボールを戻す、イメージで!

シングルスコートに入れるくらいのコースで充分です。

相手が動いても慌てないで、カウンターを用意しておく。

ネット近くでプレーすることで、相手の余裕を無くすことが出来ます。

 



 

4.お勧めの練習法

自分から前に入ってストレートへ展開する。

この癖、をパターン化しましょう。

雁行陣対雁行陣で、アプローチショットを打って前に出る、その後にストレートへすぐに展開する。

相手の前衛が隙を作らないでも、どんどん展開していくイメージを練習から養いましょう。

そうすれば、いざ相手の前衛が触れないような場面でも、いつも通りストレートに流すことが出来ます。

ダブルスの後衛として、こういうパターンは必須。

ぜひ、意識して普段の練習からストレート方向へ打つ機会を増やしてみて下さい。

 

ダブルスが上手い人は、いつもストレートを狙っている。

相手が崩れた瞬間に、慌てずに流して来ますよね。

みなさんも、まずはリターンの次、相手前衛が触れなかった時からイメージしてみましょう。

力は要りません、タイミングです!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効

    ダブルスの試合、雁行陣で粘り強い相手は、嫌ですよね。後衛同士の…

  2. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、主役…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

  5. テニス 練習
  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養え…
  2. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  4. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
  5. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない
PAGE TOP