ダブルス

前に入ってストレートアタック が有効な理由

目次

ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがある

それは、相手前衛が飛び出して来た時、にすごく感じることが出来ます。

早く相手コートに返球出来ることでのメリット、は試合で大きいですよ。

時間を与えないというだけでも、すごく相手のプレッシャーになるのがテニスです。

 

前に入ってストレートアタック が有効な理由

 


 

1.前に入ってリターン、が基本!

ダブルスの試合では、前衛がいます。

ですから、どんなに良いリターンをクロスに打ってもそこに捕まることはある。

そうなると、リターンする後衛の選手の前のスペースは狙われがち、ですよね。

ここをしっかり守る意味でも、前に入るリターンは大事なんです。

当然、攻撃力アップの狙いもありますが、陣形のバランスを考えると自然と前に入ってリターンになる。

これが基本だと考えておいて下さい。

 

2.例えば、相手前衛がポーチに出て触れない時には・・・?

みなさん、リターンの立場として、どうでしょう。

相手の前衛が出て来た、だけど触れなかった。

「これはチャンス!」と思いますよね。

ガラ空きのストレート、を狙いたくなる。

でも、アナタ自身がベースラインよりも下がったポジションにいたら、どうでしょう。

相手は戻る時間があります。

アナタ自身も、ネットから遠い位置からのショットなのでミスする可能性も出て来る。

だからこそ、リターンの後のポジションって大事なんです。

 

3.流れを確認してみましょう

相手がサーブ&ボレー、で来るイメージで考えてみましょう。

ファーストボレーをさせて、次のボールを仕留める。

相手前衛が動いたけど触れなかった、という隙を素早く突いていくイメージが大事です。

前に入ってリターン、これが大事です。

サービスラインとベースラインの間、くらいがちょうど良いでしょう。

あの青いエリアを狙う、だけど焦らないことが大事です。

素早く相手コートにボールを戻す、イメージで!

シングルスコートに入れるくらいのコースで充分です。

相手が動いても慌てないで、カウンターを用意しておく。

ネット近くでプレーすることで、相手の余裕を無くすことが出来ます。

 



 

4.お勧めの練習法

自分から前に入ってストレートへ展開する。

この癖、をパターン化しましょう。

雁行陣対雁行陣で、アプローチショットを打って前に出る、その後にストレートへすぐに展開する。

相手の前衛が隙を作らないでも、どんどん展開していくイメージを練習から養いましょう。

そうすれば、いざ相手の前衛が触れないような場面でも、いつも通りストレートに流すことが出来ます。

ダブルスの後衛として、こういうパターンは必須。

ぜひ、意識して普段の練習からストレート方向へ打つ機会を増やしてみて下さい。

 

ダブルスが上手い人は、いつもストレートを狙っている。

相手が崩れた瞬間に、慌てずに流して来ますよね。

みなさんも、まずはリターンの次、相手前衛が触れなかった時からイメージしてみましょう。

力は要りません、タイミングです!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    絶対に勝ちたいダブルスの試合で、私が実際に使用している「4つの基本的作戦」について

    私がダブルスの試合に出る、そして絶対に勝ちたい試合で準備する作戦はシン…

  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない

    ダブルスのペアは、活躍するペアでも色々な関係性がある。仲が良い…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう
  5. サーブ

    安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に…
PAGE TOP