テニス メンタル

ストローク

攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

ストロークで相手を攻撃していくとき。

みなさん、どんな場面を想定しますか?

相手のボールが浅い時?

もちろん、それも有効なタイミングですが、実はもっとチャンスは別な場面でもあるはず。

それは、「相手が攻撃してくる時」です。

 

攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

 


 

1.ピンチはチャンス、相手は隙だらけ!

実際に、試合ではこうだと思います。

攻撃している相手の方が、隙が多い。

カウンターショットを上手く打てれば、それだけでかなり試合を優位に進めることが出来る。

ピンチは、チャンス。

自分のチャンスでも、相手がしっかり下がって構えているような時には、不用意に攻撃するのは危険。

それくらい、テニスの試合ってカウンターショットが効果的なんです。

そこに、今回は一つ、キーワードをプラスしたいと思います。

 

2.前に入って、タイミング早く返球することが大事

相手が攻撃してくると、つい下がってしまう。

どんどん下がって、何とか返球・・・出来るのは、3回戦まででしょう。

ベースライン深い位置からの返球は、山なりなロブのような打球、しか難しい。

だったら、もう下がらないで前に入る。

相手が攻撃してくるボールこそ、ライジングショットで返球する、前に踏み込んでいく。

私は、この覚悟が大事だと思いますよ。

左右に振られても、後ろには走らない。

出来るだけ、斜め前に入っていくことで、ナイスなカウンターショットは打てるはずです。

 

3.的確な予測、が必要になって来る

でも、前に入るということは、簡単ではありません。

相手の攻撃的なショットの後ろに、先回りするような意識が必要ですからね。

カウンターの名手は、予測の名手。

だからこそ、アナタ自身も相手の攻撃的なショットのコースを予測して、前に入る。

斜め前に入って、タイミング早く相手コートに返球していくような癖、をぜひ付けて欲しいんです。

 

4.攻撃的な相手は、構え直せていないケースがほとんど

私たちのレベルの試合では、なかなか構え直せていない。

攻撃に必死で、早いタイミングで返球されることに、慣れていないんですよね。

だからこそ、キーワードは斜め前。

相手が打って来たコースに、スッと前に入って早いタイミングで返球する。

何も、スーパーなショットじゃなくて良い。

相手が前に来るような時には、ロブでも良いと思いますよ。

下がって打つロブ、ではなく前に入りながら打つロブ、は10倍効果的。

ぜひ、意識して練習してみて下さいね。

 

前に入りながら、相手の意表を突く。

こういうテニス、がカウンターテニスのベースになるはずです。

ちょっと怖くても、まずは相手の打つコースを予測して、下がらない癖を付ける。

相手の攻撃の場面こそ、自分はチャンスなんだと。

そう思えたら、きっと試合でも強いはずです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる

    ストロークでもサーブでも、スウィングの切れ味をアップしていくこと。…

  2. テニス ソフトテニス
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

    試合で一番落ち込むのって、何でしょう。ダブルフォルト?…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事です

    相手のストロークが速く、深いときに、どんな対応ができるのか。し…

  5. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  2. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差
  3. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント
  4. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?
PAGE TOP