テニス メンタル

ストローク

攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

ストロークで相手を攻撃していくとき。

みなさん、どんな場面を想定しますか?

相手のボールが浅い時?

もちろん、それも有効なタイミングですが、実はもっとチャンスは別な場面でもあるはず。

それは、「相手が攻撃してくる時」です。

 

攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

 

1.ピンチはチャンス、相手は隙だらけ!

実際に、試合ではこうだと思います。

攻撃している相手の方が、隙が多い。

カウンターショットを上手く打てれば、それだけでかなり試合を優位に進めることが出来る。

ピンチは、チャンス。

自分のチャンスでも、相手がしっかり下がって構えているような時には、不用意に攻撃するのは危険。

それくらい、テニスの試合ってカウンターショットが効果的なんです。

そこに、今回は一つ、キーワードをプラスしたいと思います。

 

2.前に入って、タイミング早く返球することが大事

相手が攻撃してくると、つい下がってしまう。

どんどん下がって、何とか返球・・・出来るのは、3回戦まででしょう。

ベースライン深い位置からの返球は、山なりなロブのような打球、しか難しい。

だったら、もう下がらないで前に入る。

相手が攻撃してくるボールこそ、ライジングショットで返球する、前に踏み込んでいく。

私は、この覚悟が大事だと思いますよ。

左右に振られても、後ろには走らない。

出来るだけ、斜め前に入っていくことで、ナイスなカウンターショットは打てるはずです。

 

3.的確な予測、が必要になって来る

でも、前に入るということは、簡単ではありません。

相手の攻撃的なショットの後ろに、先回りするような意識が必要ですからね。

カウンターの名手は、予測の名手。

だからこそ、アナタ自身も相手の攻撃的なショットのコースを予測して、前に入る。

斜め前に入って、タイミング早く相手コートに返球していくような癖、をぜひ付けて欲しいんです。

 

4.攻撃的な相手は、構え直せていないケースがほとんど

私たちのレベルの試合では、なかなか構え直せていない。

攻撃に必死で、早いタイミングで返球されることに、慣れていないんですよね。

だからこそ、キーワードは斜め前。

相手が打って来たコースに、スッと前に入って早いタイミングで返球する。

何も、スーパーなショットじゃなくて良い。

相手が前に来るような時には、ロブでも良いと思いますよ。

下がって打つロブ、ではなく前に入りながら打つロブ、は10倍効果的。

ぜひ、意識して練習してみて下さいね。

 

前に入りながら、相手の意表を突く。

こういうテニス、がカウンターテニスのベースになるはずです。

ちょっと怖くても、まずは相手の打つコースを予測して、下がらない癖を付ける。

相手の攻撃の場面こそ、自分はチャンスなんだと。

そう思えたら、きっと試合でも強いはずです。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない

    高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっ…

  2. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ

    練習ではしっかり打てるのに、試合になると安定しない。フォアハン…

  3. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無…

    練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います…

  4. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう

    スライスのストロークが、弱い人はテイクバックを見直して欲しい。…

  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  6. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

    フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「自分たちのテニスをする」の自分たちのテニスって、何種類持ってますか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!
  3. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません…
  4. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合で、セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
PAGE TOP